えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、書評、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

読者がシリーズ慣れすることで真価を発揮するシリーズ二作目 「凶鳥(まがとり)の如き忌むもの 刀城言耶シリーズ #2」 著者:三津田信三 〈書評・レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20200114105843j:plain

評価:80/100
作品情報
著者 三津田信三
発売日 2006年9月4日

短評

 
 ホラーとミステリーの配合バランスが半々だった前作に比べ大きくミステリーに傾いた結果、ホラー小説としての尾を引くような不気味さは薄まったが集中して謎解きに取り組めるため読みやすさは段違いに向上した。
 
 それに、前作を読んでいるとホラーとミステリーが融合した刀城言耶シリーズの楽しみ方に体が慣れているためすんなりと物語に入れ、最初から事件に対してホラー的な解釈とミステリー的な解釈の両方を疑ってかかることが可能で、面白さも増している。
 

前作のホラー5 : ミステリー5の配分から、ホラー 2:ミステリー 8となり密室ミステリーへと変貌を遂げる

 
 この小説は、兜離とりの浦という漁村の沖合にある鳥坏島とりつきじまという孤島で、鳥人の儀と呼ばれる謎の儀式に立ち会うこととなった作家である主人公が、次から次に密室内で人間が消失する怪事件を推理していくホラーミステリーです。
 
 シリーズ一作目である前作は作者が気合いを入れすぎたのか、惨劇の舞台となる村に対する歴史や地理、風習といった大量の説明群で埋め尽くされており、とても読みやすい作品ではありませんでした
 
 今作も、序盤から中盤にかけてはほとんど似たような作りで、兜離とりの浦の歴史や、その他民俗学的な雑学やらなんやらでうんざりするほど説明を読まされ、前作から何も変わっていないのではないかと不安を抱きました。
 
 しかし、説明が一通り終わった後に舞台が孤島に移り、鳥人の儀が始まると空気が一変。外界から遮断された孤島で、完全な密室状態から人間が消失するという怪事件が起こり、鳥人の儀へ意識が釘付けにされるため、続きが気になり読むのが楽しくて仕方がありませんでした。
 
 前作がいつまでもダラダラと村の歴史を説明し続けるため、奇っ怪な殺人事件が起こっても事件そのものにあまり集中できなかったのとは対照的に、こちらは邪魔の入らない孤島でしかも登場人物の数も限られているため、一度事件が始まってしまうとその件だけに描写が絞られ、読みやすさが段違いです。
 
 視点も複数の人物の間でいったりきたりしていた前作に比べ、シンプルに主人公のみに絞られています。これのおかげで、初めて訪れる土地で危険な香りのする謎めいた儀式によそ者として立ち会うという、読者と同じく右も左も分からない主人公に感情移入しやすく非常に好ましく感じました。
 
 序盤の兜離とりの浦に対する大量の説明も読んでいる時は苦痛なのに、鳥人の儀が始まってしまうと迷信深い土地柄に対してや珍妙な儀式そのものへの説得力に変換されます。そのため中盤まで読むとこの序盤のやや苦痛を伴う説明量も必要だったなと納得できます。
 

豪快な密室トリックに押され、やや控えめとなったホラー小説としての怖さ

 
 小説としては今作のほうが遙かに読みやすくはなったものの、ホラー風味は削られてしまいあまり恐怖を感じる瞬間はありません。
 
 前作がヘビにまつわる話だったため、ヘビに似た何か得体の知れない怪異のようなものを目撃するとか、地面を這うヘビを意識させるためか語りの視点を下へ下へと誘導するような工夫が凝らされていたのに対し、今作は鳥にまつわる土地なのに、あまり鳥に関連させた恐怖体験がなく、しかも空へと意識を向けさせる工夫もないため味気なく感じました。
 
 事件そのものも密室から人間が消失してしまうという大がかりなイリュージョンのトリックを暴くような話なため、どうしてもホラーと言うよりも根本のシチュエーションがミステリー過ぎてホラーミステリーというには恐怖が足りません。
 
 ホラーとしての緊張感がないため、主人公が単独で行動する際や事件現場を調査する際に自分の身にも何か危険が及ぶのではないかという恐怖が生じません。ここは前作のほうが村が暗くなるだけで薄気味悪さを覚えたのであの濃密な緊張が懐かしくなりました。
 
 それと、ラストがあっさりとした終わり方で、エピローグを長めに取って事件の軽いおさらいをするとか、感傷に浸るといった心地よい間がなくややせかせかし過ぎなのも不満でした。
 
 これだと前作にはあった事件後に実はあの時に遭遇した何気ない出来事が怪異の仕業だったのではないかと気付きゾッとするという、良い意味で後味が悪いホラー小説の醍醐味が堪能できません。
 
 読んでいる際の楽しさで言うと今作が上なのに、読み終わった後強烈に記憶に刻まれるのはどうしても前作のほうでした。
 

最後に

 
 ホラー色が薄まったのは残念でしたが、前作では完全に上滑っていた大量の説明は鳥人の儀という奇妙な儀式に説得力を与えるという役割を果たしており、しかも儀式が始まってからの先が気になる中毒性は前作を軽く凌駕するほどで面白さは大幅に向上しています。
 
 今作で雰囲気だけに頼らず大量の説明により奇妙な舞台や怪事件に厚みを加え荒唐無稽なだけの話に陥るのを避けつつ、ホラーとミステリーを同時に疑いながら読むという刀城言耶シリーズを読む際の作法が分かり、このシリーズがぐっと好きになりました。
 

刀城言耶シリーズ

 

シリーズ一覧