えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、書評、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

ピーター・ウィアー監督の最高傑作! 「刑事ジョン・ブック 目撃者」 〈レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20180724112708j:plain

トレーラー

評価:85/100
作品情報
公開日(日本) 1985年6月22日
上映時間 113分

短評

 
 映画監督として優れた演出力を持つピーター・ウィアー監督の本領が発揮された、アーミッシュたちと一人の刑事の交流を描いた大傑作サスペンス映画。
 
 途中から視点となる人物が代わりサスペンスが迷子になってしまうという問題はあるものの、アーミッシュのコミュニティや生活を切り取る撮影は見事で、ストーリー・映像・音楽と、どこを取っても一級の完成度。
 

あらすじ

 
 親戚の家を訪ねるため慣れない都会へ出てきたアーミッシュ(ドイツ系の厳格な非暴力主義のキリスト教集団)の母子。
 
 しかし、子供のサミュエルが偶然駅のトイレで警官が命を奪われる殺人事件を目撃してしまったため、捜査に協力させられることに。
 
 刑事であるジョン・ブックはサミュエルの証言で犯人を特定するも、犯人に襲撃され重傷を負う。
 
 ジョンは目撃者を消そうとする犯人からサミュエルを守るため、母子と共にアーミッシュの暮らすコミュニティに潜伏することとなり、ジョンとアーミッシュ達との奇妙な共同生活が幕を開ける。
 

抑制が効いた品の良さ

 
 ピーター・ウィアー監督は『マスター・アンド・コマンダー』を見ても映画というものを頭ではなく体で理解しており、職人気質な監督だなという印象は本作も同様。
 
 会話シーンでやたら顔のアップが続き窮屈に感じ出した頃、シーンの変わり目などで非常に映画的で強度の高い引きの絵を挟むことで映画全体を引き締めるような効果を生じさせるなど技量が光ります。
 
 寄せと引きの画面をスイッチする編集の緩急が非常に巧みで、それはそのままサスペンスのカットバックのセンスにも通じているようで、緊張と緩和のスイッチもお手の物。冒頭から終わりまで映画的な間を外さないため「なんて品の良い映画だろう!」という幸福感に包まれっぱなしでした。
 
 ただ冒頭に、見事なサスペンス的な見せ場があるせいで、その後もサスペンスを見るつもりで構えていると、中盤はあまり緊迫感のあるような場面がなく少々肩透かしでした。
 
 それに、映画の冒頭が少年サミュエルの視点なのに、途中でサミュエルの役割が終わってしまい、母親のレイチェルを巡る恋のさや当てになるため、「サミュエルはどこに行った?」という疑問が終始頭から離れません。
 
 恋愛にウェイトを置くのならもう少し冒頭から母親のレイチェルのほうを印象づけるような撮り方をしないと、視点がころころ移って混乱します。
 

異文化交流サスペンス

 
 ジョン・ブックが生活を共にすることとなるアーミッシュのコミュニティは、絵的な風景も生活描写もしっかりと異文化に見えるため、非常に没入しやすい見事な作り込みでした。
 
 映画冒頭ではアーミッシュを好奇な目で見る通行人と同じような目線で異様な集団程度にしか見えていなかったものが、終盤では血の通った人達と認識できるようになり、捉え方が大幅に変化しました。
 
 抑制の効いた演出と禁欲的なアーミッシュの生活の相性が良く、相乗効果が生まれているのもより作品にプラスに働いていると思います。
 
 それと、驚かされたのは牧歌的な風景とシンセサイザーのBGMが抜群に合っていること。厳格なルールで生きるアーミッシュの規則的な生活習慣と、一定の規則正しいリズムを刻み続ける電子音楽は相性が良いのか非常に意外でした。
 
 ラストのアクションも、ラップ家との生活の中で学んだ知識で都会の人間を撃退するという展開が取り入れられており、これだけでもジョンがアーミッシュに馴染んでいるということが伝わる脚本が見事でした。
 

最後に

 
 全編隙のない映画的なムードに包まれ、非常に幸福な映画体験を味わえる良作サスペンス映画でした。
 
 ……ただ、これはどうでもいいことですが、序盤に都会の景色をやたらローアングルで撮るカットが多く、これはアーミッシュの子供から見た都会の文明の異質さを極端なローアングルで表現しているのかと思っていたら、アーミッシュのコミュニティに戻ってもローアングルなため、単に癖なのかと多少ガッカリしました。