えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

書評を中心にしたエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

シチュエーションは最高、映画としては二流 「Spectral(スペクトル)」 〈レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20200106155038j:plain

トレーラー

評価:70/100
作品情報
配信日(ネットフリックス) 2016年12月9日
上映時間 108分

短評

 
 モルドバの戦場でDARPA製の新型ゴールでしか姿を捉えられない未知の敵と遭遇するというアイデアは秀逸。
 
 しかし、脚本もアクションも大雑把な上に、各キャラクターも描き分けが出来ておらず誰が誰だか見分けもつかないまま終わる無味乾燥な出来。
 
 ホラー映画として繊細なタッチで撮らなければならなかった題材を何を勘違いしたのかド派手なアクション映画にしてしまい、ただ単にあわただしいだけの緊張感の足りない映画となってしまう。
 

あらすじ

 
 舞台は東ヨーロッパのモルドバ共和国。独裁政権時代の残党勢力である反乱軍に対し、新政府側を支援していたアメリカ軍は、現地で奇妙な事態に見舞われる。
 
 アメリカ国防総省の機関である国防高等研究計画局DARPAが開発した新型のゴーグルを装着中の特殊部隊の隊員が、肉眼では見ることが出来ない幽霊のような未知の存在を目撃し殺害される事件が発生。
 
 DARPAダーパの職員であり、新型ゴーグルの開発者でもあるクライン博士は現地のアメリカ軍と協力しモルドバの戦場に突如出現した幽霊のような奇妙な何かの調査を行うこととなり……。
 

戦略ミスでアイデアやシチュエーションの面白さを生かしきれなかった惜しい映画

 
 本作は、アメリカ軍が紛争地域で人ではない何か未知の存在と偶然接触してしまい、その正体に迫っていくというアクションスリラーです。
 
 この映画の『プレデター』一作目を彷彿とさせる設定は、自分にとってどストライクの超好みのシチュエーションで「こういう映画が見たいんだよ!」と、序盤はテンション上がりまくりでした。
 
 しかし、設定はどちらかというとホラー寄りなのに、脚本には緊張感を演出する溜めはなく、撮り方もせかせかとしたアクション映画なので、ストーリーと映像がちぐはぐでとても褒められた出来ではありません。
 
 まるで最初はホラー映画として企画されたものを製作過程のどこかで間違ってアクション映画に作り変えてしまったようなデタラメさで、キャラクターもストーリーもアクションもメッセージ性もてんでバラバラの方向を向いており作品としての統一感がゼロ
 
 ホラー映画にとって生命線であるその世界に没入させるための大事な導入部分は手抜きそのもの。DARPA製の新型ゴーグルを装着していないと見えない幽霊のような存在の目撃情報が相次ぎ米軍内に重苦しい空気が漂うとか、人間の仕業ではない常識では説明できない殺され方をした死体が発見されその噂がじわじわと戦場に広まるなどの過程を丁寧に描いてくれないため、全体が淡々とし過ぎてうまく物語に入っていけません。
 
 幽霊のような謎の存在はデザインがパッとせず、動き一つ取っても未知の存在に見せようというこだわりが感じられず、兵士が敵と接触して殺される際の見せ方も適当。姿も堂々とカメラに映りすぎで何もかも安っぽくて高級感が皆無と、作り手のセンスの見せ所である肝心の部分がほぼやっつけなので一体この映画は何がしたかったのか疑問に思うほどです。
 
 全体的に脚本・デザイン・ホラー演出とディテールの作り込みが甘すぎて、美意識があるのかないのか判断が付きません。
 
 ラストの敵の拠点に攻め込む決戦シーンも、なんとなくの雰囲気と勢いだけで進み、別々の場所で戦っているシーンが関連し合っているように見えず、ろくに伏線もないため幽霊の正体が分かる展開が唐突でピンとこず、ポカンとさせられるだけでした。
 

最後に

 
 シチュエーションだけなら自分の好みそのものの映画で開始直後はテンションがMAXでした。
 
 しかし、徐々に脚本のやる気の無さが気になり出し、おまけにホラーのセンスがない人が作ってしまったせいで映像は凡庸でただの退屈なB級アクション映画というあり様で非常に惜しいなと思う映画でした。