えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

書評を中心にしたエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

マルドゥック・スクランブル09の成立直後に立ち会う前日譚 「マルドゥック・ヴェロシティ #1」 著者:冲方丁 〈書評・レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20201006153541j:plain

評価:80/100
作品情報
著者 冲方丁
発売日 2006年11月8日
新装版:2012年8月23日

短評

 
 『マルドゥック・スクランブル』本編では敵対関係だったウフコックとボイルドがパートナーを組んでいた過去を描く前日譚。それと同時に、マルドゥックスクランブル09オー・ナイン法という証人保護プログラムがどのような経緯いきさつで作られたのかが語られる。
 
 本編のバロットとは異なり、人間としての感情が失われたボイルドの一人称というていのため文体が極めて無機質であまり読みやすい文章ではない。ただ、サイバーパンク小説としてはアリで、人間的な感情が取り除かれた文体は慣れると病み付きになる
 
 この巻はマルドゥックスクランブル09オー・ナイン法に関わる登場人物やマルドゥックシティを牛耳る組織の紹介にページが費やされるだけで山場らしい山場はなく、『マルドゥック・スクランブル』本編の1巻に比べるとやや盛り上がに欠ける。
 

マルドゥック・スクランブル本編との差異

 
 この小説は、サイバーパンク調SFである『マルドゥック・スクランブル』の前日譚です。本編ではすでに敵対関係にあったウフコックとボイルドがまだパートナーを組んでいた時代が描かれます。それと同時にマルドゥック・スクランブル09オー・ナイン法という、証人保護のために軍事目的で開発された禁じられた技術を用いることが許可される法律がどのような経緯いきさつで作られたのかが語られていくという内容です。
 
 話としては過去のエピソードですが、冒頭がいきなり『マルドゥック・スクランブル』のラストシーンから始まるので、こちらから読むのは避けたほうが無難です。
 
 しかも、覚醒剤の過剰摂取の後遺症で人間的な感情が乏しいボイルドの一人称というていなため、細かく文章を区切り、かつ必要最低限の情報だけを羅列させるだけのような本編とはかけ離れた文体に初めて読む際は面喰らいます。本編ですら海外のSFを日本語に翻訳したかのような翻訳文体調で書かれているのにも関わらず、さらにもう一手間文体が弄られているので初見は読み辛く感じました。
 
 ただ、この文体自体は読んでいると慣れるどころか、その無機質で人間味が欠けたような感じがサイバーパンクっぽくて逆にカッコいいとすら思えてくるので、読み始めの頃の違和感は自然と消えてしまいます。
 

ボイルドとウフコックの蜜月時代が逆に哀愁を誘う前日譚

 
 本編に対してこのヴェロシティの最大の魅力は全編に渡る痛ましさともの悲しさです。
 
 仲違いがすでに確定しているウフコックとボイルドはこの上ないほど互いを信用し心を通わせている様を見せつけられ、後の決別を思うと胸が締め付けられます。
 
 ウフコックやボイルドと同様に戦争が生んだ呪われしテクノロジーを体に移植されマルドゥックスクランブル09オー・ナイン法によって自身の有用性を証明することで辛うじて命を繋げている兵士たちも仲間想いで気さくな良い奴ばかりで、この先の悲劇を想像すると読むのが徐々に辛くなるほどです。
 
 本編が、バロットとウフコックが信頼関係を築き、自分自身の悲惨な過去と向き合うことで白紙の未来が提示される可能性に満ちた話なら、こちらは信頼関係の崩壊が確定した黒く塗りつぶされた未来に向け、一歩一歩破滅の階段を降りていく話なので、同じマルドゥックシティを舞台にしたストーリーでも受ける印象は真逆です。
 
 ボイルドという、本編では徹底して冷酷な悪役として描かれていた人物のナイーブな一面が垣間見え、それは物語に温かみが生まれるどころか後の悲劇を強調するだけで、徹頭徹尾破滅の匂いだけが充満し読んでいると居たたまれなくなってきます。
 
 あんな機械のように冷酷だった殺し屋がこれほど人間的な悩みを抱えて生きていたのかと思うと、男によって人生を蹂躙されたバロットに対し、戦争によって人格を壊されたボイルドも実はまったく同質の存在なのだと気付けました。
 
 このヴェロシティを読むと、ウフコックとボイルドが敵対することが、ウフコックとバロットが殺し合っている未来に等しいことが分かり、より『マルドゥック・スクランブル』本編の悲劇性が増し、物語に深みが生まれます。
 

最後に

 
 この巻はまだまだ序章で、登場人物の顔合わせや組織の紹介だけで終わるため、正直『マルドゥック・スクランブル』の一巻に比べると遙かに物足りません。
 
 それでもウフコックとボイルドの関係性がこの後どう変化していくのか目が離せなくなり、先が気になる中毒性は本編と同様でした。
 

マルドゥックシリーズ

 

シリーズ一覧