えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、書評、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

1巻まるごとマスドライバー財閥! 「ヘヴィーオブジェクト 採用戦争 #2」 著者:鎌池和馬 電撃文庫 〈書評・レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20200418183523j:plain

評価:75/100
作品情報
著者 鎌池和馬
発売日 2010年6月10日

短評

 
 一つのエピソードごとにそれぞれ別の勢力のオブジェクトと戦うぶつ切りの短編形式だった1巻とは異なり、丸々資本企業を離脱し他国への亡命を図るマスドライバー財閥ざいばつを追撃する展開が続くため、2巻のほうが話の勢いが途切れず、断然読みやすい。
 
 アニメ版を見た後だと物足りなかった前巻に比べ、一巻全てマスドライバー財閥に絞って描かれるため、内容にまとまりがあり読後の満足度はこちらが遙かに上。
 

最大射程3000kmの化け物オブジェクトとの死闘

 
 この巻に収録されたエピソードは、
 
・「障害物競走なら普通は泥まみれ 南極大陸制圧戦」
・「二人三脚の登山は命懸けで イグアス山岳砲撃戦」
・「騎馬戦は足下を崩すべし アマゾンシティ総力戦」です。
 
 TVアニメ版だと9~14話までの内容となります。
 
 サブタイトルの採用戦争とは宇宙開発においてレーザー式軌道エレベーターとマスドライバー方式どちらを採用するかというインフラ争いのこと。この戦いに敗れたマスドライバー財閥が、所属する世界四大勢力の一つである資本企業を離脱し、自分たちのマスドライバー技術を手土産に他国への亡命を図り、その行動が各勢力に混乱を招くという内容です。
 
 マスドライバー財閥の話は先に見たアニメ版の中でも一番好みなエピソードだったので、原作小説でも面白さは変わりませんでした。
 
 宇宙開発競争の副産物である規格外の超射程・高威力のレールガンに、障害物・遮蔽物も無効化する天候兵器によるロックオンシステムと曲射弾道のコンビネーションなど、マスドライバー財閥の技術の粋を結集し、しかも天才として有名なオブジェクト設計士が手掛けたという作中設定を見事体現する奇っ怪としか言いようのないスペックと戦術は相変わらず読んでいるだけでワクワクします。
 
 普通のオブジェクトは本体がメインでレールガンは武装の一つなのに、マスドライバー財閥の使うブレイクキャリアーはレールガンが本体でオブジェクトはほとんど砲台のような扱いというのも企業のキャラクター性を打ち出せており好ましいです。
 
 1巻に登場する背景がきちんと説明されないオブジェクトより、このような宇宙開発に全力を注いできた組織がその技術を利用し、かつ狂った設計士が設計・開発を手掛けているなど、機体に込められた思想が透けて見えるほうが敵オブジェクトの全容が分かった時の納得度が高く、印象に強く残ります。
 
 それに、2巻はオブジェクト以外の情報量も1巻より多く、アニメ化の際に省かれている細かい設定を読めるという楽しみもあります。
 
 アニメ版ではイマイチよく分からなかった、月の地表に降り注ぐ太陽光や放射線の量を調節する人工的な大気圏の役割をするブラインドネットという装置のより細かい説明があるなど、アニメを見た後でも新たな発見がありました。
 

いくらなんでもひねりが足りないアイデア群

 
 アニメ版で省略されている説明を補完できるなど有意義な部分もありましたが、同時に二回目だとプロットの欠陥などの短所もやたら目に付きます。
 
 前の巻でオセアニアの軍事国に試作実験炉を使ったトリックで一度騙されているのに短期間の内に再び同じ手口であざむかれ正統王国は学習能力がないのかと呆れたり、ダムを決壊させようと破壊工作に走る自軍の暴走を阻止するという話が本筋と関係なさすぎてこのエピソードって必要かと改めて疑問に思ったりと、多数ある看過できないツッコミ所が全体の足を大きく引っ張っており、初回時より厳しいものがあります。
 
 後、ラノベ特有の、作中登場する設定の科学的な根拠や敵勢力の情報や政治情勢などをわざとぼかす場面も多く、ここはさすがにSFというジャンルと相性が悪すぎ興が醒める瞬間も多くありました。小難しい説明が読みたくてSFを手に取っているのに、肝心な部分がごっそり抜け落ちており作品に厚みを感じません。
 

最後に

 
 原作に忠実ゆえに小説版もアニメ版もほぼ長所・短所は共通しており、アニメ版からこれといって評価が変動することはありません。
 
 本として読む分には、同じ短編でもそれぞれのオブジェクト戦にまとまりが無かった1巻よりは、マスドライバー財閥関連の出来事で統一されている分読みやすさはこの巻のほうが格段に上で、確実に前の巻よりは楽しめました。
 

ヘヴィーオブジェクトシリーズ

ヘヴィーオブジェクト シリーズ
ヘヴィーオブジェクト #1
ヘヴィーオブジェクト 巨人達の影 #3

アニメ版