えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

えんみゅ~

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 最終章 〈レビュー・感想〉 長い長いマラソンのゴール直前で転倒した悲劇の最終シーズン

f:id:chitose0723:20191123100422j:plain

トレーラー

 
評価:90/100
 
作品情報
放送期間 2019年4月~5月
話数 全6話
アメリカ
ネットワーク HBO

短評

 
 前半部分はゲームオブスローンズの名に恥じない、壮絶な戦闘シーンを大胆な映像表現で描いて見せる挑戦的な姿勢でその度胸に圧倒される。
 
 しかし、終盤はあまりにも展開を急ぎすぎたせいでこれまでシリーズが積み上げてきた大切なものを崩壊させるような終わり方をする残念な幕引きで後味はイマイチ。
 
 この一作でシリーズが達成してきた偉業に泥を塗るような出来ではないものの、到底期待していた壮大なラストにはほど遠い興ざめなオチで、これを見るとシリーズへの熱がやや冷めてしまう。
 

あらすじ

 
 ジョン・スノウは、夜の王が率いる死者の軍団との決戦に備え、援軍としてデナーリス・ターガリエンとその配下の軍勢を引き連れ北部に帰還する。
 
 ジョンは三つ目の鴉となったブラン・スタークと再会し、ついに己の出生の秘密を知るも、そのせいで愛し合うデナーリスとの関係に亀裂が生じてしまう。
 
 北部では勝ち目の薄い死者との戦いが迫る中、ウェスタロスの危機など意に介さないサーセイ・ラニスターは、鉄の玉座を巡るデナーリス軍との戦いに備え軍備の増強に邁進する。
 

決戦シーンをホラーとして見せる鳥肌ものの三話

 
 今シーズンは前半は大満足で後半は失望という前半・後半で評価がぱっくり別れる内容で、おおよそ望んでいたラストとはほど遠いものでした。
 
 まず前半部分。こちらは文句なしの完成度で、自分的にはこれまでのシリーズの中で、大軍同士がぶつかりあう合戦シーンの中では最も手に汗握り興奮しました。
 
 普通、大軍同士がぶつかる合戦シーンは『ロード・オブ・ザ・リング』や『アベンジャーズ』のように、ロングショットを多用して両軍が向かい合うようなスペクタクルを売りにしそうなものなのに、三話の場合は完全なホラーとして極限まで視野を絞って見せるため、敵の軍勢の規模が図れず恐ろしさで身がすくむほどです。
 
 一話、二話と決戦が差し迫っているのにも関わらず敵の姿を一切映さないまま話が進むという気味の悪い雰囲気の中で三話に突入し、その演出の意図が明らかになった瞬間「そうか、これがやりたかったのか!?」と、予想の遙か上を行く大胆さとセンスの良さに鳥肌が立ちました。
 
 広い空間に敵を大量に並べて見せるというありきたりな表現を避けつつ、その場面で生じさせなければならないこの世の終わりのような絶望をこの上なく完璧に表現して見せる三話は感動的ですらあります。
 
 普通、思いついてもこのぶっ飛んだアイデアよりも無難なスペクタクルを選びそうなものなのに、この手法を選択した作り手の英断には拍手を送りたいほどです。
 
 間違いなく三話はここ数年見たあらゆるホラーシーンの中でも最高の恐怖を味わえました。フィクションであることなど完全に忘れ、絶対に何が何でもこの場所にいたくないと思うほど没入させられた恐怖シーンは本当に久しぶりです。ただ、初見時のインパクトを重視するホラー表現なため繰り返しの視聴にはやや向かないのが難点といったところ。
 
 この三話を見るとやはり優れた映像表現とはお金よりセンスで成立させるものだなとつくづく思います。
 
 終盤まで見るとそちらは王道スペクタクル&ドキュメンタリー風の見せ場なためそれと差別化するためにこれほど極端なまでにホラーに突っ走ったのか(もしくは単に画面を暗くして予算を抑えるためか)という見方もできるものの、それでもこの三話のホラー表現は今シーズンでも最も印象に残りました。
 

突如主要人物がアナキン化して作品がぶっ壊れ出す終盤

 
 今シーズンは、前半で興奮が最高潮に達したかと思うと、後半のあまりの性急な展開に冷や水を浴びせられます。
 
 複数原因があるものの、まずシーズン1からずっと存在する、死者たちが南下してくるという問題と、鉄の玉座を争う話が実はあまり関係ないということ。
 
 この平行して語られる、北部にある壁の向こうの問題と鉄の玉座を巡る王位争奪戦の問題は一つ前のシーズン7で一度合流したのに、今シーズンでまた分離してしまいそれぞれ別件として処理されるため、山場が二回連続して続くような歪な展開となり、それぞれの良さを殺し合っています。
 
 これは完全な構成ミスだと思います。このせいで「えっと、こっちの件が片付いたので次はこっちの件に移ります」と、やっつけのような段取り臭さが生じており、どちらもイマイチ盛り上がりきらないという最悪な結果を招く羽目に。多分、このシーズンを死者の軍勢との戦いに全て使い、次のシーズンで鉄の玉座の話をしたらまだ尺的に余裕があったはず。
 
 次に、登場人物を大事に大事に描いてきたことの弊害で、ある人物の豹変がまるで納得できないこと。
 
 多分丁寧に時間を掛けて心境の変化を描き切れば幾分か納得はいったかもしれないものの、ある人物が突然『スターウォーズ エピソード3 シスの復讐』のアナキン・スカイウォーカーのようにダークサイドに墜ちて、これまでのその人物の言動からはあまりにもかけ離れた非人道的な行いに走るため衝撃的というより単に意味が分かりませんでした。
 
 これは、ショーランナーの二人のデイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスがスターウォーズの新作に関わる(その後白紙になる)という一件があったので、変に勘ぐってしまうほど不自然で疑問しか残りません。
 
 視聴前に海外で最終シーズンの作り直しを求める署名運動が起こったという話も、この酷いラストを見たら納得しました。
 
 なぜゲームオブスローンズを見ていたと思ったら突然スターウォーズになって話がぶっ壊れて終わるのかという、脚本的には虚しい余韻が残るだけでした。
 
 それでも役者の存在感が素晴らしいことに変わりはなく、物語としてはやや壊れたものの、登場人物が全員愛おしいという本作最大の魅力は別段陰ることはありません。
 

最後に

 
 『指輪物語』の世界最高に品の良い余韻とか、そこまでのものを求めていたわけではありませんが、さすがにこれは酷い、酷すぎます。
 
 それでもなお、ゲームオブスローンズが世界最高のドラマであることは揺るぎません。ここまで酷い最終シーズンでもこれまでの想い出が汚れるなんてことはありませんでした。
 
 こんなに素晴らしいドラマが、有終の美を飾れず、ダークサイドに墜ちて暴れるとかバカみたいなオチで悔しい限りです。
 

ゲーム・オブ・スローンズ 各シーズン

GOTシリーズ
話数
シーズン1 10
シーズン2 10
シーズン3 10
シーズン4 10
シーズン5 10
シーズン6 10
シーズン7 7
 
ウィンターフェル

ウィンターフェル