えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、書評、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

勝っても地獄、負けても地獄な将棋シュールレアリスムデスゲーム 「ダークゾーン 上・下」 著者:貴志祐介 〈書評・レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20200307130454j:plain f:id:chitose0723:20200307132215j:plain

評価:80/100
作品情報
著者 貴志祐介
発売日 2011年2月11日

短評

 
 赤軍・青軍に別れ、負けた側は全員死亡という人間将棋風の過酷な戦いを強いられるゲームパートと、なぜこのような命を賭けた殺し合いをさせられるのか、その謎が徐々に語られる回想パートが交互するホラーミステリー。
 
 人間が駒となり互いに殺し合う謎の将棋風ゲームと、回想パートで語られる将棋のプロ棋士を目指し命を磨り減らすプロ予備軍たちの過酷な将棋漬けの日々との関係が徐々に浮かび上がってくるというアイデアが斬新。
 
 ただ、肝心の将棋風のゲームパートはルール設定が若干飲み込みづらい点が多く空回り気味で盛り上がりに欠ける。
 
 将棋のプロ棋士を目指す者が精神を病んでいくホラーというアイデアは秀逸なのに、まだまだ準備不足で詰め足りないまま小説を書き始めてしまったような脇の甘さが惜しい作品。
 

クリムゾンの迷宮をひっくり返したような、楽しさ控え目、テーマ性濃厚な命を賭けたゲーム

 
 この小説は、端島(軍艦島)を模したダークゾーンという異次元のような空間で、将棋風の架空のゲームを行うゲームパートと、この謎のゲームに関する主人公の記憶を辿る回想パートが交互に語られ、ダークゾーンの秘密が明らかになっていくというホラーミステリーです。
 
 記憶が曖昧な主人公が命を賭けた謎のゲームをさせられるという設定は同じ貴志祐介作品の中だと『クリムゾンの迷宮』とそっくりですが、最終的な着地は似て非なるものです。
 

 
 『クリムゾンの迷宮』が人生を真剣に生きてこなかった者が生死を賭けたゲームで性根を叩き直されるという真っ当なデスゲームものだったのに対し、こちらはダークゾーンで行われるゲームの正体が分かっていくと同時に忘却しようとしていた過去の記憶が蘇り、精神を深くえぐられていくという、ホラー小説らしい着地の仕方をするため、似た設定でも読後感は真逆です。
 
 それに、『クリムゾンの迷宮』は読んでいる最中は過酷なサバイバルに熱中してしまうのにメッセージ性は乏しく、読後はあまり印象が残らないのに対し、こちらは将棋風のゲーム自体にさほど魅力がないのに、最後まで読み終え真相が判明すると着眼点の斬新さに唸らされるという点もキレイに真逆でした。
 
 単純なゲームの面白さで言ったら『クリムゾンの迷宮』に軍配が上がりますが、ホラー小説らしい救いがまるで用意されていない、良い意味で不快な読後感が味わえるのはこちらです。
 

将棋風ゲームの致命的なインパクトの無さ

 
 本作の最大の問題は、売りであるはずのダークゾーンで繰り広げられる人間が駒となり赤軍・青軍に別れ行われる将棋風の死のゲームがさほど盛り上がらないことです。
 
 まず、そもそもこの小説は冒頭の掴みの部分で大失敗しており、この失点が後々まで尾を引きます。
 
 似た設定の『クリムゾンの迷宮』は主人公が眠りから目を覚ますとそこには日本ではありえない深紅の世界が広がっており、一旦読者にここは地球ではなく火星なのではないかと大胆にミスリードさせます。その普通ならありえない疑惑を一旦経由するおかげで、むしろ深紅の世界に対し冷静となり頭の中で様々な現実的な仮説が駆け巡り一気に興味が持てました。
 
 それが、こちらはいきなり冒頭からここはダークゾーンという異次元で端島(軍艦島)の地形データを再現しているのだとセリフで説明してしまいます。そのため、読者がここは一体どこだろうとあれこれ想像を巡らす楽しみが奪われてしまい、説明臭さだけが際立ち話に乗れません。
 
 それに、肝心の将棋風のゲームもルール設定が弱いため、パッと見心惹かれるような要素がなく、読んでいてさほど手に汗握りませんでした。
 
 ルールは将棋と酷似しており両者ともほぼ似たような能力の駒を使って、相手の駒を倒したら自分の持ち駒となり、フィールド上の好きな場所に出現させられるというものです。敵の駒を撃破したり、時間経過によってポイントが溜まり、それが一定まで達するとその駒がより強力な駒に昇格するという、将棋でいう成駒なりごまの要素も入っています(「歩」が「と金」に、「飛車」が「竜」に成るなどと同様)。
 
 ただ、将棋で駒が成るというよりも、敵を倒すと昇格するので、どうしてもレベルアップっぽく、シミュレーションRPGのユニットの能力が飛躍的に向上するクラスチェンジにしか見えません。
 
 これらの将棋とデジタルのシミュレーションゲームをミックスしたような設定が、やや小さくまとまり過ぎており、あまりゲームそのものに対して興味が湧きませんでした。なまじ将棋ベース過ぎて、ゲーム展開がこちらの予想を大きく超えて逸脱するというスリルがありません。
 
 ルール設定が単調な上に、さらに駒の性能に遊びがありすぎることも引っかかりました。同じ強さの駒同士が戦っても状況に応じて赤軍側が勝ったり、青軍側が勝ったりと、結局作者の都合で勝者が決まるため、見ていて読者側が戦闘によって生じる結果をあれこれ計算する楽しみが皆無です。
 
 せめて同じ強さの駒同士が戦闘になったら相殺されるというルールは徹底してくれないと、どの駒とどの駒がぶつかったらどちらが優勢になるのかさっぱり予想出来ません。ここまで気分次第で勝敗が決まると、読者の予想を挟む余地が無く、結果何を考えても無駄という結論に達し、次第にあれこれ考えようとも思わなくなりました。
 
 唐突に登場するシミュレーションゲームではお馴染みのヘックスという六角形のマスの存在も、終盤かなり重要な役割を担うのに、これで何が出来るのかを事前に説明しないままで、あまり効果があるとも思えず。
 
 

f:id:chitose0723:20200307145703j:plain

ヘックスイメージ by Sid Meier's Civilization V
  それ意外に、戦闘の舞台となる端島(軍艦島)が本当にただの廃墟だらけの島くらいの印象しか残らず、ここも『クリムゾンの迷宮』の深紅の渓谷や過酷な荒野ほどワクワクしません。
 
 ゲーム上明確に意味がある場所がボーナスポイントを入手出来る端島神社くらいしか設定されておらず、もう少し主人公の過去の記憶と関連づけて、色々な場所に戦略上重要となる拠点を配置しても良かったと思います。
 

人生を狂わす魔の三段リーグを利用した語り口

 
 本作は将棋シュールレアリスムホラーと言っても過言ではないほどテーマもストーリーも全てが将棋一色に染まっており、他のシュールレアリスム系作品とは一線を画する独自の味があります。
 
 将棋の世界に関して無知なので詳しいことはさっぱり分からないですが、プロ棋士である四段に昇段するための過酷極まりない三段リーグによって精神がすり減り人生すら崩壊していき、次第に現実逃避に陥っていくというアイデアは大変惹かれるものがありました。
 
 三段リーグってどこかで見た記憶があるなと思ったら、防犯探偵・榎本シリーズの短編集である『狐火の家』に収録されている「盤端の迷宮」というエピソードに三段リーグで戦う棋士が出てくるのを思いだしました。
 

 
 『ダークゾーン』は三段リーグの過酷さでプロを目指す若手棋士の人生が崩壊していく話。「盤端の迷宮」は三段リーグの過度なプレッシャーから密室殺人が起こる話と、年齢制限のある厳しいプロ試験が事件を誘発するキッカケになるという着眼点が共通しており、この小説を読んだら「盤端の迷宮」で起こる事件の動機がようやく飲み込めました。
 
 この、若い時代は周りから天才とちやほやされて育った者が、プロ試験の年齢制限がギリギリになるにつれプレッシャーによって人格が歪んでいき最後は凶行に走るというアイデアはどんなジャンルでも応用できそうで、この題材で色々な物語が見てみたいなと思いました。
 

将棋シュールレアリスムホラー

 
 本作はパッと見ダークゾーンで行われる命を賭けたゲームが主役に見えるものの、最後まで読むとむしろ無意識下の抑圧や願望が現実にあふれ出てくるシュールレアリスム系の作品だということが分かります。
 
 将棋に人生を捧げてきた主人公が、自分はプロにあっさりなれるものだと思っていたら、予想に反しまるで昇段できず、自分より遙かに年下で天才肌の棋士にも負け、しかもその天才棋士ですらプロになってから順風満帆に勝ち続けられる保証もなく、自分の才能の乏しさに絶望し、徐々に将棋からもたらされるプレッシャーで精神がボロボロになり壊れていくというくだりは紛う事なきホラー小説でした。
 
 なぜゲームに負けると視力を奪われていくのかとか、どうして恋人の思い出の地の端島(軍艦島)が戦場なのかとか、端島神社がゲーム内で特別な場所な理由や、リーサルタッチの右腕がなぜ黒いのかとか、なぜかゲームの駒が自分のトラウマを刺激する人だらけなことなど、ダークゾーンで繰り広げられるゲームと主人公の人生の接点が明らかになるにつれホラー色が否応なく増していき、後ろに行けば行くほど目が離せなくなります。
 
 ただ、将棋の三段リーグをモチーフにしたホラーミステリーというアイデアは悪くないのに、個々の要素が相乗効果を発揮しておらず、命を賭けたゲームやその真相も、将棋で人生が崩壊していく回想パートもどれも単純な盛り上がりに欠けます。
 
 シュールレアリスム系の作品である以上オチがガッカリなのは確定な上に、序盤で情報を出し過ぎているため分かる人はもうさっさとオチが読めてしまいミステリーとしてさほど驚きも無く、ページ数が多い割にあっさりな幕引きには物足りなさが残ります。
 

最後に

 
 単純な面白さでは似たような作品である『クリムゾンの迷宮』に完敗していますが、ホラー作品特有の答えのない問いだけがぽつんと残される、良い意味で後味の悪い読後感は魅力的でした。
 

余談

 
 主人公と同じ赤軍の歩兵ポーンの一人が稲田耀子いなだようこという名前で、最初は誰なのか分かりませんでしたが、なんと『悪の教典』に登場した大爆笑アイドルソング「恋のホザンナ」を歌っていたアイドルだと分かり心底驚きました。
 
 『悪の教典』の映画版はコメディ要素と一緒に「恋のホザンナ」も丸ごと削られており落胆したのに、まさか別作品に歌っていた本人ごと再登場するなんて嬉しいサプライズでした。