発光本棚

書評ブログ

発光本棚

【PS4】トイレはどこですか? 『デッドライジング』 〈レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20200131191714j:plain

プレイ動画

評価:80/100
作品情報
ジャンル ゾンビ アクション
サバイバル
発売日(日本国内) Xbox360版:2006年9月28日
PS4版:2016年9月29日
開発(デベロッパー) カプコン
開発国 日本
ゲームエンジン MT Framework

メモ

 
・Xbox360版クリア済み
 

短評

 
 ショッピングモール内の商品を武器やアイテムとして使用できるという実現が困難なアイデアを形にして見せた力作中の力作でした。
 
 時間制限が設けられたメインストーリーの進行やサブとなる生存者の救出活動など、リアルタイムに発生するイベントを管理する要素は非常に中毒性が強く一度ハマると病み付きになります。
 
 素晴らしいコンセプトがそのまま面白さへと繋がった非常に幸福なゲームです。
 

Xbox360版と比べて

f:id:chitose0723:20181019174918j:plain
 
 このゲームはXbox360版を先にクリアしており、それに比べるとPS4版は解像度が向上し映像がくっきりし、画面が明るくなり夜間も視界が良好になったこと、フレームレートが向上し多少操作が快適になったこと、エリア移動時のロード時間が短縮したことなど、様々な点が改善されています。
 
 

f:id:chitose0723:20181019180437j:plain

Xbox360版は夜になるとほぼ何も見えないので、これでも明るい
 中でもゲーム性に関わる最も大きな変更点はXbox360版がセーブスロットが一つだけだったのがPS4版は複数スロットになった点です。ゲームがリアルタイム進行なのに直前からのやり直しが出来ないという厳しい仕様だったXbox360版に比べ、失敗したら他のセーブデータからやり直せるようになるという救済措置が追加されたPS4版はほとんど別のゲームになりました。
 
 Xbox360版はセーブスロットが一つしかないため進行に詰まるともう一度最初からやり直さなくてはならず『風来のシレン』はじめローグライクゲームのような高難易度さが特徴でした。しかし、PS4版は失敗しても複数のセーブデータがあるため、直前のデータから再プレイが容易となりこの点はかなり易しい仕様になっています。
 
 それ以外はカメラ撮影をする際にカメラのバッテリー交換が求められたよりサバイバル要素が濃かったXbox360版に対してこちらは写真をひたすら取り放題なこと。これは写真自体それほど撮らないため大して影響もありません。
 
 正直、こんなところをいじるなら銃を扱う際の極悪なボタン配置を改善して欲しかったところ。
 
 そもそも元となるXbox360版もゲームとして完成度が高いというワケではなく、アイデアの面白さで一点突破を狙うようなアプローチなため、多少快適になった程度ではあまり体感で変わりはありません。総じてXbox360版をやり込んでいるのであれば新鮮味はほとんど感じられない程度です。
 

ふざけているのにちゃっかりとロメロしているゾンビ設定

f:id:chitose0723:20181019180304j:plain
 
 社会派の映画監督であるジョージ・A・ロメロ監督は、ゾンビそのものや大量にゾンビのいる世界にその時代の空気を風刺的に反映させるゾンビ映画のフォーマットを確立しました。
 
 本作は、ショッピングモールが舞台という点で、ロメロ監督の映画『ゾンビ』(原題:ドーン・オブ・ザ・デッド)の影響が色濃く反映されています。
 
 しかも表面上の舞台設定だけでなく、普段の欲望が極限状態で爆発するロメロゾンビ的なメッセージまでちゃっかり入っており、抜かりがありません(スーパーの店長が憎い万引き犯を処刑するなど、普段抑圧されている人間の感情が爆発する様がコミカルに描かれています)。
 
 

f:id:chitose0723:20181019180318j:plain

 
 これは同じカプコン作品でも、ゾンビをクリーチャーとしてしか扱っておらず、ゾンビのいる空間に意味を設定しないゾンビ愛の足りない『バイオハザード』シリーズよりもしっかりロメロゾンビしていると思います。
 

面白さの肝は『風来のシレン』(『ブレスオブファイアⅤ』でも可)+『アトリエ』シリーズ

f:id:chitose0723:20181019180816j:plain
 
 このゲームは、一週目はゲームオーバーになることが前提のような作りでクリアまでは到底辿り着けません。二週目三週目とレベルを持ち越し、繰り返しのプレイでゲームのコツを掴ませプレイヤーが成長することにより前は断念させられた困難な箇所を突破し先に進めるようになっていくという周回プレイベースな作りです。
 
 このローグライク的なプレイヤーのゲームへの慣れを前提としたバランス設定と、(昔の)『アトリエ』シリーズのような期限付きの作業に追われ、作業内容に優先順位を設けて効率的に処理しなければならないというシミュレーションゲームに似た魅力をうまくハイブリッド出来ています。
 
 ストーリーを進展させるための主要な目的の他に、細かくタイムリミットが設定されたこなしてもいいし無視してもいいサブイベント(期限付き目標)が大量に発生しそれらの消化をある程度プレイヤーの裁量に委ねてくれる心地良いバランスで非常に中毒性が強いのが特徴です。
 
 最初はショッピングモールの広さに途方に暮れます。しかし、周回プレイするうちに自然とマップが頭に入り、どこにどんな店があり強力な武器はどこで調達できるのかが自然と把握でき、俄然サクサク進められるようになります。
 
 プレイヤーのゲームへの適応そのものをゲーム進行のキーとして組み込んでいるため自然とゲームが体に馴染んでいく感覚を味わえ先に進める事そのものが快感です。
 
 自分はこのようなマップを頭に叩き込む系のゲームが好きなので、非常に肌に合いました。一本道で二度と訪れない場所が多々あるよりも、同じ場所を何回も往復することでエリア同士の繋がりが見えるようになり、自然と近道を使いこなせるようになるとその場所に愛着が湧きます。
 
 しかし、結局は限られた時間の中で正しい答え(タイムアタック的最短ルート)を見つけることが目標となってくるため、突き詰めると自由度がありそうで無い見せかけの自由さが露呈してくるのがややこの手のスタイルのゲームの問題点だと思います。
 

初期の頃の『バイオハザード』と同じですね

不満あれこれ

f:id:chitose0723:20181019180746j:plain
 
 まず周回プレイがベースなのにも関わらずレベルのカンストがあっという間ですぐにダレだすこと。
 
 これはカメラでスクープを撮影すると得られるPP(プレステージポイント、経験値)を溜めレベルを上げるという点に絡んでくるため、早い段階でカメラ撮影の意味が希薄なものになってしまいます。
 
 大量のゾンビを倒すのは楽しいので特に問題はありませんが、カメラの撮影それ自体は快楽を得られるものではなくレベルが上がるという報酬が無くなるとすぐに作業化してしまいます(クリア後のスコアに絡む程度)。
 
 あとは『シェンムー』の一作目のように時間がリアルタイムに流れるということのデメリットとして、次のイベントの開始時刻までの待ち時間が長いこと。プレイヤーが好きに時間を早送りできないため、次のイベントまで長時間待たされる羽目になり、周回プレイをすればするほどこの時間が辛く感じます。
 
 その他にも、全体的に操作性がイマイチなこと。それに、同行中の生存者がまったく思い通りに行動してくれず非常にストレスなこと。いちいちゾンビに掴まれて鬱陶しい、エリア移動のたびにロードが入って面倒、ラスボスが強すぎる、文字のフォントがしょぼい、etc……と、不満点は山のようにあります。
 
 元のXbox360版でストレスに感じた点は多少改善された程度で根本的には何も変わりません。
 

最後に

 
 ゲームとしては非常に多くの欠点を抱えており、手放しで傑作と言えない癖の強い作品です。ただ、それら欠点を凌ぐほど中毒性が強いのも確かで最終的には長所が勝ります。
 
 楽しそうなアイデアを思い付きそれをゲームにしたら本当に面白い作品になってしまうという当たり前のようで達成困難な挑戦を成功させた秀作です。
 

余談

 
 セーブポイントが公衆トイレというアイデアは、広いデパートやモールで尿意を我慢してトイレを探し右往左往する感覚をトレースしているようで非常に感心させられました。
 
 

f:id:chitose0723:20181019181052j:plain

 
 
TOP