えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、書評、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

爆速テンポな一人プレイ用バトロワ練習モード 「コール オブ デューティ ウォーゾーン」※バトルロイヤルの演習モードのみの感想

f:id:chitose0723:20200316173732j:plain

トレーラー

ただのシンプルな練習モードゆえの意外な中毒性

f:id:chitose0723:20200316161225j:plain

 
 この記事は『コールオブデューティ モダンウォーフェア』の基本無料版として配信されたバトルロイヤルをプレイ出来るウォーゾーンの感想です。ただし、肝心のバトルロイヤルモードには一切触れない、一人プレイ用のチュートリアルのみの感想です。
 
 本編のモダンウォーフェア自体は未プレイで、体験版感覚で基本無料のウォーゾーンをプレイしてみると、なんとバトロワのチュートリアルである演習モードが意外に楽しく、これだけですでに10時間近くプレイしてしまいました。
 
 元々オンライン対戦で他のプレイヤーと勝ち負けを競い合うのが大嫌いなオフ専なので少し触ったらやめるつもりでした。しかし、この自分以外は全てボット(CPU)のバトロワのチュートリアルをプレイしたら、バトロワのゲームデザインの魅力はPvPでなく、PvEのオフライン仕様でも充分引き出せるなと確信が持てました。
 
 このモードの素晴らしさは何よりもテンポが抜群に速いことです。チュートリアル用にフィールドを狭くしてあるため、地上に降下した直後にいきなり敵のボットと激しい銃撃戦が始まり出すので、退屈な瞬間が一秒たりともありません。
 
 

f:id:chitose0723:20200316161702j:plain

 

f:id:chitose0723:20200316161857j:plain

 

f:id:chitose0723:20200316161735j:plain

 
 しかも敵は人間ではなくボットなので、隠れるとか慎重に行動するというゲームが停滞するような動きはせず、ただただ無策に突っ込んでくるため終始撃ち合いが途切れず、どこにいても程よい緊張が続きます。
 
 チュートリアルなので1回のゲームが約10分ほどであっさり終了するというお手軽さも相まって、気付くと5回も6回も連続してプレイし続け、止め時を失ってしまうということが何度もありました。
 
 敵の配置が固定で単純なリニアのシューターに対し、バトロワの長所である、敵がどこから襲撃してくるのか予想が出来ず、ただのボット相手でも不意を突かれるとあっさり負け、毎回異なるゲーム展開となるという点がチュートリアルにも関わらずリプレイ性を生んでおり中々飽きません。
 
 

f:id:chitose0723:20200316161251j:plain

 
 様々な制約があるPvPに比べ、一人プレイ用のPvEのほうがどこまでもテンポアップできるという利点があり、この中毒性は捨てがたいものがあります。
 
 ただのチュートリアルモードで、別段最後まで生き残っても何の報酬もメリットもないのに、一切他人に気を使わなくてもいい手軽さも相まって、そこらのフルプライスゲームよりもハマってしまい、このようなバトロワをオフラインに特化させたゲームもやりたくなりました。
 
 この面白さにスキルや武器のアンロック要素などが加われば、別段一人で黙々とボット相手に戦い続けても大丈夫なほどの中毒性で、どこかの会社が一人専用バトロワゲームでも作ってくれないかなと思います。
 
 

f:id:chitose0723:20200316161935j:plain

 

f:id:chitose0723:20200316162628j:plain

最後に

 
 ただのバトルロイヤルモードのチュートリアルなので、もちろんゲームとしての駆け引きはなく、ひたすら出会い頭に撃ち合うだけでゲームとしては単調といっても差し支えないのに、それでも圧巻の中毒性に完全にやられました。
 
 オンライン対戦に抵抗があり、一人プレイ用のモードで手軽にかつ無料でバトロワ気分が味わいたいという人にオススメです。