えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

書評を中心にしたエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

4つの短編から成る岡山の田舎残酷物語 「ぼっけえ、きょうてえ」 著者:岩井志麻子 〈書評・レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20201020125035j:plain

評価:85/100
作品情報
著者 岩井志麻子
出版日 1999年10月1日

短評

 
 表題である「ぼっけえ、きょうてえ」はじめ、岡山の貧しい田舎を舞台に、女が凄惨な目に合い続ける4つの短編から成る短編ホラー小説。
 
 救いも何もないただひたすらに醜く描かれる人間の業があまりに生々しすぎるせいで、怪談としてはほとんど成立しておらず、怖さはさほど感じない。
 
 その分、実際の出来事としか思えないほど現実味がある田舎で繰り広げられる近親相姦に性暴力、極貧生活のひもじさ、よそ者へのイジメや差別といった村八分のおぞましさ、ひたすらに貧しくて卑しくて薄汚い田舎の閉塞感といった、純文学的な負の魅力を備えた怪作。
 

不快度MAX!! 人間の残酷さをこれでもかと暴く4つの短編

f:id:chitose0723:20201020145037j:plain

 
 この小説は明治・大正時代の岡山の田舎を舞台に、不幸な境遇に置かれた女にまつわる4つの怪異譚から成るホラー短編集です。と言っても、ホラー小説だと思って読むと事前のイメージとかけ離れており、ほとんどが人間の業の話であり、心霊現象的なものは本当にただのオマケです。
 

映画で例えると是枝監督の『歩いても 歩いても』タイプの怖さですね

 
 この小説は読者を不快な気分にさせるというコンセプトが徹底しており、近親相姦に男の暴力、よそ者や嫌われ者への理不尽な村八分、コレラが蔓延する田舎で日頃から憎たらしく思っている人間を密告し合う人間のおぞましさといった、家族や田舎の村といった閉じたコミュニティゆえの濃密な人間関係から生じる残忍さが全開で、そのねっとりした粘り気すら感じ取れそうな作風に圧倒されました。
 
 いくつかの短編は口語体で書かれていることもあり、物語というより作者が実際に見聞きし体験した出来事を語っているようなドキュメンタリックな生々しさも感じられ、火の明るさに引き寄せられ結果身を焼かれ無残な死を迎えるのように、人間が放つ愛憎の暗い炎にどこまでも惹き込まれていく純文学的なおもむきもあります。
 
 それに、岡山の田舎に生き地獄を現出させるべく、丹念に呪詛を刻み込み、猛毒でコーティングした、傷口から見る見るうちに肉が腐り落ちていくような毒々しい疫病の如き文体にも激しく魅了されました。
 

生々しい話と相性が悪い怪談的なオチ

f:id:chitose0723:20201020145103j:plain

 
 この小説を読んでいて惜しいと感じるのが、人間臭さと怪談っぽい虚実の皮膜が曖昧になるオチとの相性の悪さです。
 
 あまりにも生々しい話の印象が強烈すぎて、怪異が物語に入り込む隙間など無く、所在なくぽつんと佇んでいるような気まずさを感じます。
 
 ここまで語られる話に現実味があると、変にこれは現実なのか妄想なのかというぼかし方をするラストが邪魔ですらありました。
 
 元々日本ホラー小説大賞を受賞している作品なため、入賞のため無理矢理ホラー小説にしたような強引さも感じてしまいます。自分的に読んでいてホラー小説として面白いというより、西村賢太の『苦役列車』のような包み隠さない人間臭さが売りの私小説的な魅力が勝るので、これをホラー小説と言われると若干違和感を覚えます。
 
 ただ、4つある短編のうち、最後の「依って件の如し」という作品は地獄の住人である牛頭馬頭ごづめづの姿が日常風景の中にちらつくという、現実と地獄の位相が重なっているようなバランスが優れており、ホラー小説としても読み応えがありました。
 

最後に

 
 ホラー小説大賞を受賞しているから怖さを求めて読むと、怖いではなく良い意味で不快な小説でそこは事前の予想と違いました。
 
 本棚にあった本人がゲストとして出演した際のやり取りを文字に起こした『爆笑問題の文学のススメ』という本を読み直したらこの小説に書かれていることはほぼ実体験を元にしていることが分かり、やはりホラー小説というより純文学や私小説を読むような感覚で挑むほうが適切だと思います。
 
 作者の岩井志麻子さんはテレビのバラエティに出演する際の奇特な印象しかなかったのが、本作を読むことで作家として一流の実力があることが分かりイメージが良い方向に一変しました。