発光本棚

書評ブログ

発光本棚

産業革命×アサシン 『アサシンクリード シンジケート』 〈レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20191001200058j:plain

トレーラー

評価:80/100
作品情報
ジャンル オープンワールド ステルス
発売日(日本国内) 2015年11月12日
開発(デベロッパー) Ubisoft Quebec
開発国 カナダ(UBIの本社はフランス)
ゲームエンジン AnvilNext 2.0

短評

 
 作品のトーンから重苦しさが取り除かれ陽気なものとなり、これまでのシリーズの中でもかなり異色な感触でした。
 
 ヴィクトリア朝時代のロンドンの街並みはユニティに比べるとやや物足りないものの、十分魅力的です。
 
 ただ、システム・シナリオ共にありとあらゆる部分に雑さが目立ち、不満が多く残る内容でもあります。
 

科学がもたらす光と影、その両方を味わえるヴィクトリア朝ロンドン

f:id:chitose0723:20180128185843j:plain
 
 今作は産業革命真っ只中である19世紀ヴィクトリア朝時代のイギリス ロンドンが舞台です。そして、アサシンでありギャングのリーダーでもある双子の姉弟が同時に主人公という変わった作りをしています。
 
 前作『ユニティ』で描かれたフランス革命に沸くパリの無理をし過ぎなNPCの過剰密度に比べかなり落ち着いた量となり全体的にゲーム動作が安定しました。
 
 さらにオンライン要素をバッサリ切って処理の負荷を減らすなど、操作周りのストレスがほぼ無くなりました。
 
 さすがにユニティの狂気を帯びたかのようなパリの街並みや群衆量を体験した後だと、景色に見惚れてしまうということはなくなりました。
 
 それでもヴィクトリア朝時代のロンドンの街並みの再現度だけは文句の付け所のない褒めポイントで充分綺麗すぎてお釣りがくるほどです。
 
 
f:id:chitose0723:20180128185815j:plain
 
 ただ、ロンドンの街並みの再現度以外の部分はわりと不満が多めです。
 

アサシンなの? ギャングなの? なんで主人公が二人必要なの? パルクールさせたいの? させたくないの?

f:id:chitose0723:20180128194351j:plain
 
 本作のシステム周りは過去シリーズから少なくない変更が加えられています。
 
 主人公が双子の姉弟の二人制でメニュー画面からいつでもキャラ交換可能になったこと。
 
 ロープランチャーという、『バットマン』シリーズのグラップリングそっくりな機能が追加され、高い場所へフックを打ち込むと『進撃の巨人』の立体機動のごとく移動できるようになったこと。そして、離れた建物にジップラインを作り、建物から建物へ簡単に移動が可能となったこと。
 
 車の代わりとなる馬車が街に配置され、徒歩や馬移動が主体だったこれまでと違い街中を馬車で高速移動できるようになるなど、これまでのシリーズとはかなり毛色が違います。
 

f:id:chitose0723:20180128190540j:plain

 

f:id:chitose0723:20180128184855j:plain

 
 アクションも、主人公二人がアサシン兼ギャングのリーダーという設定のためか、これまでのチャンバラで敵をバッサバッサ斬り伏せるような爽快感重視のアクションから一変。
 
 さながらマーティン・スコセッシ監督のマフィア映画や韓国のバイオレンス映画のように、相手が動けなくなるまでボコボコに殴ったり、刃物で執拗に切りつけたり、グサグサと体を何度も刺したりと、より敵ギャングへの見せしめのための処刑的なアクションへと変更されました(ただ、スタイリッシュ路線はそのままなので凄惨さやグロさは皆無)。
 
 このアサシン兼ギャングという設定が加わったことにより、また4やローグで感じたアサシンとしてのステルス部分と海賊行為部分が噛み合わないのと同様の違和感が再発してしまいました。
 
 この中途半端なアサシンとギャングの二足のワラジ状態は自分的には好ましくありません。4やローグのようなその部分の不満を掻き消してしまうほど海戦要素がアクションゲームとして超一級に魅力的ということもなく、ただ方向性を見誤ったとしか思えません。
 
 主人公の二人は一応姉はステルスが得意、弟は戦闘が得意という多少の差異がある程度で使用できる武器もアイテムも共有なため大して印象は変わりません。
 
 これなら姉のミッションは全て古典的なアサシンらしいステルスや暗殺、パズル寄りで、弟は派手なパルクール主体のド派手アクションものやギャング同士の集団抗争をメインにしたものなど、明確に差別化して欲しかったところ。
 
 移動システム周りは、馬車は舞台には即しているものの、ただの使い勝手の悪い車代わりなだけでいまいちパッとせず。ロープランチャーは非常に便利すぎてパルクールが陰ってしまうというマイナスもあるため、善し悪しの判断が悩ましいです。
 
 特にロープランチャーは最初『バットマン』シリーズのグラップリングのパクリくらいの印象だったのが、行き交う船が足場代わりという斬新なアイデアのテムズ川エリアと相性が抜群で楽しかったり、そもそも過去シリーズと比べ建造物が全体的に高くなって壁を昇るのに時間が掛かるようになったことへの対処だったりと、一応は舞台の構造上やむを得ない部分もあり、最後は仕方がないかと納得しました。
 
 

f:id:chitose0723:20180128184719j:plain

 
 今作は移動手段の選択肢の多さはシリーズでもトップなのに、どこかオープンワールドゲームにありがちな移動手段をテンコ盛りにしただけで勘所を押さえていない雑然とした印象も増しこの変化をどうしても好意的には受け取れませんでした。
 
 つくづく船のみが移動の足で、ひたすら船を改造していくだけだった4やローグはシンプルで良かったなと懐かしくなります。
 

ゴーストリコン ワイルドランズ前夜

f:id:chitose0723:20180128185925j:plain
 
 発売順は逆なものの、同じくUBI作品である『ゴーストリコン ワイルドランズ』を先にプレイしていたので、あの『ワイルドランズ』のひたすら麻薬カルテルの幹部を排除していくという作りは今作の作りを踏襲しているのだと気付きました。
 

 
 しかし、メインの敵となるブライターズというテンプル騎士団の下部組織のようなギャング集団は存在感が薄く何の印象にも残りません。
 
 そのため、敵ギャングの支配するエリアを解放するため、拠点を潰したり、ギャングと手を組むテンプル騎士を暗殺したりというサブクエスト的な意味合いもある部分は驚くほど退屈でした。
 
 最初は『ブラザーフッド』のボルジアの塔のような街の発展などと絡むものなのかと思いきやそんなことはなく、ただ一定数クリアすると装備が貰える程度で拍子抜けさせられます。
 
 ローグのように、ギャングのアジトを潰したら自分たちの拠点となり、ファストトラベル地点になる、などの報酬もありません。本当にただテンプレで作られたような、雑に配置されたエリア内の敵を排除するだけの面白味もない作業でしかありません。
 
 ステルスという非常にデリケートな調整が必須となるジャンルをこんな雑に作ってもうまく機能などするはずもなく、だったらいっそギャング関連のイベントは派手な集団抗争オンリーにして、全部アクションに振り切ってくれたほうがマシでした。
 

最後に

 
 クリアまで約30時間ほど。
 
 ヴィクトリア朝時代のロンドンの街並みは息を呑むほど美しく、この部分に関しては特に不満はありません。
 
 『ウォッチドッグス』(一作目)のバンカーや、前作『ユニティ』のカフェのように、今作もロンドン市内を走る蒸気機関車がアジトという、UBIらしい秘密基地っぽいアジト演出も粋でそこも好みでした。
 
 しかし、全体的にゲーム性の焦点を絞り切れていないグラグラした座りの悪さと、設定とシステムの調和がとれていないプレイ感が結局クリアするまで一度たりとも晴れることはありませんでした。
 
 それどころか、非常に優れたパルクール部分すら面倒なものとしてショートカットし出したので、もはや作り手はパルクールの魅力すら信じられなくなったのかと、プレイしていて切なくなる始末です。
 

アサシンクリードシリーズ

タイトル
ハード
アサシンクリード3 リマスター
PS4
アサシン クリード4 -ブラックフラッグ-
PS4
アサシンクリード ローグ
PC
アサシンクリード ユニティ
PS4
アサシンクリード オリジンズ
PS4
 
 
 
TOP