えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

えんみゅ~

ベルベット・バズソー 血塗られたギャラリー 〈レビュー・感想〉 スリラーの名手が撮った二流ホラー映画

f:id:chitose0723:20190923111558j:plain

トレーラー

 
評価:70/100
 
作品情報
配信日(ネットフリックス) 2019年2月1日
上映時間 113分

短評

 
 いつも誠実なテーマの映画を撮るダン・ギルロイ監督らしく、芸術品を金儲けの道具としてしか見ないアート業界を風刺的に描くという内容は興味を惹かれる。
 
 しかし、脚本のまとまりがなく話が散漫なのと、ホラー映画としてもセンスが二流以下で、ダン・ギルロイ監督作品の中では最も完成度が低い。
 

あらすじ

 
 舞台はロサンゼルス。美術商の元で働く新人のジョセフィーナは、ある日アパートの上階で急死した老人の第一発見者となる。老人はヴェトリル・ディーズという名で、身内がおらず自分が死んだら持ち物を全て廃棄して欲しいと遺言を残していた。
 
 ジョセフィーナが亡くなったディーズの部屋を訪れると、そこにはアート業界を揺るがすほどのとてつもない絵画が山のように眠っていた。
 
 この業界で成功したいジョセフィーナ始めロサンゼルスの美術商や芸術評論家たちはその絵画を高値で売ることばかり考え、ディーズの遺言を無視し絵を金儲けの道具にしてしまう。
 
 しかし、ディーズという無名の画家がなぜこれほどまで見る者の心を鷲掴みにする絵画を描けたのか、その謎が明らかになるにつれ、徐々にディーズの絵に群がるアート業界の人間たちに奇妙な怪現象が起こり始め・・・・・・。
 

誠実なクリエーター、ダン・ギルロイ

 
 本作はダン・ギルロイ監督と撮影監督ロバート・エルスウィットコンビの『ナイトクローラー』『ローマンという名の男』に次ぐ三作目の映画で、前二作同様ロサンゼルスが舞台です。
 
 そこに、監督デビュー作であるナイト・クローラーでも倫理観のぶっ壊れたパパラッチ役を見事に演じきったジェイク・ギレンホールも合流し、ダン・ギルロイ監督らしい、変人が画面上で活き活きと輝く映画に仕上がっています。
 
 ナイトクローラーでは報道に刺激ばかり求め暴走するメディアの問題、二作目のローマンという名の男では弱者救済と公民権運動に人生を捧げてきた男のファイティングスピリットが次の世代へ受け継がれる話と、見た目はスリラーなのに中身は誠実なテーマの映画ばかり撮るダン・ギルロイ監督らしく、今作もホラーというジャンルを借りたアート業界への痛烈な風刺というメッセージ性が強い内容です。
 
 ただ、前作のローマンという名の男同様に脚本が練り込み不足で、全体的にアート業界への風刺というテーマと、ホラー映画というジャンル要素がうまく噛み合わず、何もかもがとっ散らかってまとまりがありません
 

カラッと明るいロサンゼルスとすこぶる相性が悪いホラーというジャンルチョイス

 
 本作はホラー映画にしては主要登場人物の数が無駄に多く、しかも主人公格の人物が一人に絞られず複数存在します。そのため序盤から視点があっちこっちの人物に忙しなく飛び続けるため、いつまで経っても誰の視点もしっくりきません。なので、誰が死のうと特に何とも思わず、そもそも一体何をどう怖がればいいのか皆目分かりません。
 
 映画内で悲惨な目に遭うアート業界の人間も、数人美術商の人間がいるなど、職業が被っている者だらけで、犠牲者側に差異が無く退屈でした。
 
 この視点がグラグラで、ホラーなのに誰目線で怖がればいいのか不明という脚本上の問題も深刻なものの、それよりも酷いのがホラー映画にも関わらずホラーのセンスがゼロなことです。
 
 明らかにこの映画の作り手たちはホラー映画というものを感覚的に理解しておらず、何となくホラー映画っぽい記号を模倣しているだけで、真に迫った恐怖表現がありません。
 
 多分ホラー映画としての恐怖よりも、アート業界の人間が自分たちが金儲けの道具にしてきたアートに殺されるという皮肉なメッセージのほうを際立たせようとしたためだと思うものの、この部分にセンスが無さ過ぎてメッセージが大して生きません。
 
 それどころか、ホラーというそれ自体優れた技やセンスが要求されるジャンルをアート業界の人間たちを懲らしめるためのただの道具として使うので、アート業界がアートを金儲けの道具にしたように、今度はこの映画がホラーをただの気に喰わない人間を殺すための凶器として利用するため、若干不快に感じました。
 
 優れたホラー映画はどれだけ暴力的でも、その暴力の裏に哀愁やもの悲しさが漂うのにこの映画にはそれがありません。
 
 脚本家出身であるダン・ギルロイ監督はスリラーの名手であり、ホラーという映像作家としての高い映像センスを要求されるジャンルは極端に苦手なのだと本作を見て分かりました。
 
 撮影監督が天才のロバート・エルスウィットのため、あまり高くない予算で作られている割に映像は全体的に品があり、しかもところどころハッとさせられるような鮮烈な絵もあり、むしろヘタクソなホラーシーンよりも通常のシーンのほうが見応えがあります。
 
 これを言い出すと台無しなものの、本作はお粗末なホラー要素を全部抜いてアート業界の裏側を描くクライムサスペンスにしたほうが数倍面白かったと思います。
 

最後に

 
 アートやアート業界の欺瞞を描くという内容では『アートスクール・コンフィデンシャル』やドキュメンタリー映画の『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』などの傑作には遠く及びません。
 
 ただ、役者陣の演技は概ね良く、特に評論家役のジェイク・ギレンホールや、芸術家役のジョン・マルコヴィッチなどは役者として貫禄があり、アート業界という特殊な設定を成立させるのに大きく貢献していると思います。
 
 それに、ジョン・マルコヴィッチがいて穴がどうたらこうたらという話が出てくるのはさすがに『マルコヴィッチの穴』を思い出し笑いました。
 
 本作は全体的にホラー映画のわりに笑える要素が多めで、終盤の『ターミネーター』のパロディみたいなシーンも怖いというよりは笑ってしまい、なんだかんだでホラー映画なのによく笑ったなという変な感触が残る作品でした。
 
 ダン・ギルロイ監督は映画を作るごとに段々脚本の雑さが増してきているのでそろそろ引き締めないとナイトクローラーの貯金が尽きてしまいそうです。
 

ダン・ギルロイ監督作品

映画タイトル
ナイトクローラー
ローマンという名の男 信念の行方

 

アートスクール・コンフィデンシャル<特別編> [DVD]

アートスクール・コンフィデンシャル<特別編> [DVD]