えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

えんみゅ~

Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow 〈レビュー・感想〉 シリアスな死の連続か~ら~の~ほのぼの雪祭り

f:id:chitose0723:20190920123618j:plain

PV

 
評価:75/100
 
作品情報
劇場公開日
ソフト発売日
2018年10月6日
2019年6月7日
話数 全1話
アニメ制作会社 WHITE FOX

短評

 
 ストーリーらしいものは存在せず、ひたすらエミリア陣営のキャラクターたちが1時間バカ騒ぎし続けるだけで特に内容はない。
 
 その代わり、本編の殺伐とした雰囲気から離れることでシリアスさの裏に隠れていたほのぼのとした温かみを堪能できるのと、キャラクターたちが無防備な姿を晒すことで新たな魅力も発見できと、貴重な小休止エピソードになっている。
 

最凶のボケクイーンとして君臨するラム

 
 リゼロ本編は主人公スバルが大切な誰かを救うため、ひたすら惨たらしい死に耐え続けながら死に戻りというループ状態を繰り返すという壮絶さだったものの、本作にはそのような暴力シーンは一切登場しません
 
 描かれる時期はウルガルム討伐直後の話で、丁度一期の前半が終わりこれからより過酷さを増す後半へ突入するその束の間の時間を切り取った小休止的なエピソードです。そのため、終始ほのぼのムードが漂い、肩肘張らず気楽に見ることが出来る温かみのある内容になっています。
 
 序盤は久しぶりのリゼロだったこともあり、スバルのキャラクターやセリフ回しがやたら古くさく感じたり(そもそも所持している携帯電話がガラケーなのが今見ると時代的に不自然過ぎたり)、笑わせ方が相変わらずノリツッコミだらけで若干くどかったりと、あまり良い印象は持ちませんでした。
 
 しかし、見続けていくとシリアス展開が一切ないほのぼの展開が続くことで「あぁ、今回はスバルが悲惨な目に遭わないんだな」と見ているコチラ側の緊張もほぐれ、キャラクター同士のコミカルなやり取りを自然と楽しめるようになりました。
 
 このリゼロなのにリゼロの象徴のようなシリアス展開が皆無という点が非常に新鮮で、シリアスを抜くとリゼロという作品はこんなに無邪気な表情を浮かべるんだなと、シリーズの新しい側面に気付けました。
 
 そして何よりも本作で輝いているのがボケキャラとして神がかっているラムです。本編では双子の妹であるレムの魅力に隠れていたのが嘘のようにボケ担当としてのキレ味が増し、ラムのボケが自分の笑いのツボを直撃し続け、終始笑わされっぱなしでした。
 
 笑いと言えば、ダウンタウンの松本人志さんが、人を笑わせるためには相手を警戒させないよう面白いことなんて言いませんよという風な自然体を装い、リラックスした状態から不意打ち的に面白いことを喋るほうが効果的というようなこと言っていて、それに当てはめると、最初からいかにもボケをかましそうで見る側をボケ待ち状態にさせるレムよりも、いつも無表情なのに唐突にボケを繰り出すラムのほうが言動が予測できない分効果が高いのかなと考えさせられました。
 
 途中からラムが画面内にいるだけで別段何もしていなくても突発的な笑いが起こりそうな気配すら漂いだし、こと笑いに関しては他のキャラを完全凌駕しています。本編ではそれほどでもなかったものの、本作を見たらラムが好きで好きでたまらなくなりました
 
 スバル始めリゼロのメインキャラたちの笑わせ方は自分の好み(映画的な構図や間の取り方、場面に漂う空気で笑わせる手法)に比べるとTVのバラエティ番組的なしつこさで苦手なのに、ラムと絡むと途端に面白くなるため、今回はラムの好印象に引っ張られて全キャラ魅力的に見えます。
 

最後に

 
 雪祭りで変な雪像に対してひたすらツッコミを入れていくとか、エミリアやレムが酒を飲んでエッチに酔っぱらうなど、どう考えてもわざわざOVAで1時間かけてやるほどの話ではなく、後味も非常にさっぱりで、見ても見なくても本編の理解には一切支障はありません。
 
 しかし、リゼロの本編では気付けなかった魅力を発見できたり、ラムのボケキャラとしての圧倒的なポテンシャルの高さに魅了されたりと、本作を見たことでリゼロという作品に対しての好感度が大幅に向上し、自分的には大満足でした。
 

Re:ゼロから始める異世界生活シリーズ