えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ

龍が如く 維新!(PS4版) 〈レビュー・感想〉 遊びやすさを徹底重視した見参ライト版

f:id:chitose0723:20190826134214j:plain

トレーラー

 
評価:75/100
 
作品情報
ジャンル アクションRPG
アドベンチャー
発売日(日本国内) 2014年2月22日
開発(デベロッパー) セガゲームス
開発国 日本

短評

 
 『龍が如く 見参』の素材を多く使い回しているため街並みやプレイスポットにさほど目新しさはないものの、細部まで配慮が行き届いた遊びやすさはシリーズでもダントツの出来映え。
 
 新選組という組織をヤクザ集団として描くというこのシリーズならではの斬新なアプローチもあり、序盤から中盤にかけてはシリーズでも上位の面白さ。
 
 しかし、相変わらずストーリーは終盤で破綻して余韻が最悪なため、クリアしてしまうと作品への興味があらかた失せてしまうのは毎度お馴染み。
 

 新選組という名のヤクザ集団

f:id:chitose0723:20190826141453j:plain

 
 本作は、謎の刺客に恩人を殺害され、その犯人に仕立て上げられた坂本龍馬が、新選組内部にいるとされる殺害犯を捜すため、斉藤一(はじめ)という偽名で新選組に潜り込み、犯人を追うという内容です。
 
 このゲームが他の新選組を題材とする作品と一線を画するのが、新選組という組織を柄の悪いヤクザ集団として描いている点です。
 
 組内の権力争いや、隊長同士の手柄の奪い合い、局長である近藤勇を親分のように慕う隊士たち。さらに見参と同様に、龍が如く本編の極道たちをそのままの姿で役名だけ変えて出演させるという手法も相まって、ほとんどヤクザにしか見えません。
 
 終盤で真相が語られるものの、当初は新選組の前身である壬生浪士みぶろうし組時代の近藤勇派による芹沢鴨派の粛清は、新選組局長の座を巡る血みどろの派閥争いのように描かれ、ここはさすがにヤクザ設定にハマり過ぎで笑ってしまいました(龍が如く本編で言うと、新選組が堂島組で、徳川幕府が東城会のような描かれ方)。
 
 この新選組をヤクザとして描くというアイデアは、見知った新選組という組織が目新しいものに映り愉快なものの、それ以外の部分はあまり褒める部分のない散々な内容です。
 

連続シナリオ破綻記録を更新

 
 主人公は一応坂本龍馬という体なものの、本作においてはほぼ斉藤一(はじめ)としての面のほうが強調され、あまり坂本龍馬感はありません。
 
 物語の展開上、坂本龍馬が歴史上やったとされる出来事(海援隊を組織するなど)は、ほぼ別人の仕業として描かれるため、途中から主人公が坂本龍馬という設定自体忘れてしまうほど、この部分は薄めです。
 
 そもそも、坂本龍馬と新選組三番隊隊長斉藤一(はじめ)が同一人物という設定に土台無理があり過ぎて、途中からこの設定からもたらされるサスペンス性よりも歴史との辻褄の合わなさのほうが遙かに目立ちます。
 
 冒頭の坂本龍馬が新選組隊士として近江屋に踏み込み自分ではないもう一人の坂本龍馬を殺害するという、龍馬が龍馬を殺す衝撃展開を思い付いたという以上の意味がありません。
 
 しかも、坂本龍馬以外の部分も史実を完全無視しており、あまつさえ歴史上の人物をことごとく悪人として描くので、歴史にも新選組にも愛が感じられず、ストーリーは途中から興味が失せました(勝海舟や一部新選組隊士が本当にただの悪人として描かれるなど、改変の度が過ぎる)。
 
 幕末という激動の時代を駆け抜けた一癖も二癖もある人物たちの魅力を伸ばすどころか、ヘタなサスペンス性を盛り込むため、善人と悪人とに単純化して描くという、この時代の深みや面白さを根こそぎ殺してしまうような改悪がされており、本末転倒です。
 
 坂本龍馬に無理のある状況を設定するなら、せめて他の部分は徹底してディテールを固めないと、どこもかしこも歴史を軽視しているだけで、時代劇としての最低限の説得力を欠いています
 
 そして、案の上奇抜なアイデア先行で作った代償か、終盤はシリーズ超恒例のストーリーが破綻するという展開を迎え、余韻が最悪な状態で終わります。
 
 見参、3、4、オブ・ジ・エンド、5、維新となんと6作品連続で話が破綻するという同一シリーズではギネス級なんじゃないかと思うような大記録を打ち立てる様はもはや笑えすらしません。
 
 話を無難に着地させればいいだけなのに、一体なぜこうまで毎回墜落して大惨事を繰り返すのか、いよいよ謎です。もはや、ここまで来ると1、2だけ話がまともだったことのほうが異常に見えてきます。
 
 見参と同様、龍が如くシリーズ特有のやや芝居がかった古めかしい作風が時代劇と相性が良く、やりようによってはいくらでも面白く出来るのに、結局見参同様、大失敗に終わっただけでした。
 

シリーズぶっちぎりの遊びやすさを実現

f:id:chitose0723:20190826142902j:plain

 
 本作は、ストーリーは中盤以降退屈なだけで、存在感が薄いものの、もろもろの細かい操作周りやアイテム画面の取り回しの良さなど、細部のプレイユーザビリティは大幅に向上するなど、目に見えない部分で快適さが増しており、トータルで見ると悪い作品には見えません。
 
 ゲームを開始した直後は、別段いつもの龍が如くシリーズの延長くらいの感触でしたが、過去作と比較して見るとその遊びやすさの劇的な進化ぶりに驚かされました
 
 まずダッシュ機能が追加されたことで、移動が快適になったこと。これを一度体験すると逆にダッシュできない過去作がストレスに感じてしまうほどです。
 
 さらに、徳ポイントという、ほぼゲーム内の全行動に対して報酬として支払われ、それを便利なゲーム内の機能(ダッシュ時間が伸びたり、アイテム所持量を増やしたり、など)と交換可能という要素が追加されたことで、ぐっとやり込み要素のボリュームが増えました。
 
 それに、一見地味なものの本作最大の発明と言ってもいいほど絶大な効果を上げているのが、食べ物系のアイテムを使用した際や、お店で食事をする際に、いつも龍が如くシリーズで主人公桐生一馬(本作では坂本龍馬)の声を演じる黒田崇矢さんが一言ユーモラスなつぶやきを漏らすようになったことです。
 
 このちょっとした要素があると無いとでは作品全体の雰囲気が大幅に変わるので、本作をプレイした後に過去作をやると、店で一言つぶやかない食事シーンが全て味気なく見えてしまいます。
 
 それ意外にも、ヘタをすると普通にプレイしているだけだと気付けないような細かい部分のブラッシュアップが素晴らしく、不満も多々あるものの、それらを帳消しにしてしまうほどゲームとしての遊びやすさは5から劇的に向上しています。
 
 

f:id:chitose0723:20190826144454j:plain

見参にはなかった企業タイアップが新たに追加されている

 

f:id:chitose0723:20190826144750j:plain

 

牧場物語が如く

f:id:chitose0723:20190826141534j:plain

 
 様々なやり込み群の中でも一際存在感を放つのが、ゲームを進めると行くことが可能となる別宅にある、畑に種を蒔き農作物を収穫し、収穫した作物を納品して換金するという『牧場物語』そっくりな要素です。
 
 これは、途中から暇さえあれば別宅を訪れ野菜を収穫し納品するを繰り返してしまうほど中毒性が強く、冗談抜きで別宅に通いすぎて今何をやっているのか見失うことが多々ありました。
 

f:id:chitose0723:20190826142311j:plain

種を蒔くのは自動で、バイオハザード4のアタッシュケースのように野菜を自由にマスの中に配置していく。R1ボタンで野菜の縦・横の向きを変更し、微調整することも可能
 
 この牧場物語(もしくは『スターデューバレー』)部分は、畑を耕すことや、種蒔き、水やり、収穫といった面倒な要素は全て自動化されているため、野菜を自らの手で育てているという実感が乏しく、牧場物語の簡易版といった程度の出来で、単体でそれほど完成度が高いわけではありません。
 
 しかし、これがただのオマケのやり込み要素の一つとして入っているという点が凶暴で、牧場物語の面倒なルーチン作業部分だけ抜いているというお手軽仕様なことと相まって、ゲームクリアまで強力な中毒性を発揮し続けます。
 
 本作をやると、牧場物語の農作物の収穫や納品、家畜の飼育要素などは、メインにするよりもむしろ片手間でやるサブ要素として取り入れたほうが中毒性という点においては遙かに強力なのではないかと思ってしまうほどです。
 
 これ以外にも多数のやり込み要素があるものの、どうしてもこの別宅の牧場物語の中毒性に比べると弱いものばかりです。
 
 

f:id:chitose0723:20190826141923j:plain

見参にあった本編のキャバクラに相当する遊郭は今回はなし。ただのお色気ミニゲームが遊べるのみ

f:id:chitose0723:20190826145032j:plain

新選組三番隊に与えられる任務は野盗が住まうバトルダンジョン攻略。新選組としての仕事が丸々オマケのやり込み要素というぶっ飛んだ作り。中身は単調で面白くはない

f:id:chitose0723:20190826142121j:plain

別宅で可能な料理のミニゲーム。無駄に気合いが入っている

 

ほぼ代わり映えしないお馴染みのバトル

 
 バトルは、もはや龍が如くシリーズでは不動な、ヒートアクションというど派手な技の爽快感を頼りにする大味なもので、基本はこれまでのシリーズとほぼ変わりません。
 
 強いて本作の特徴を挙げるなら、見参と同じでバトル中に十字キーで戦闘スタイルを瞬時に変えられること(刀、銃、刀と銃の両手持ちスタイル、素手の4種)や、成長システムが『ファイナルファンタジー10』のスフィア盤のような、盤に空いた穴に、球をはめていくことで能力が上昇していくものに変わった程度で、大した変化はありません。
 
 

f:id:chitose0723:20190826151829j:plain

 
 坂本龍馬が主人公なので銃を使うという点は理解できるものの、銃は撃ち放題な上に威力も低く、攻撃してもほぼ爽快感もなく、これならまだ宮本武蔵ということで二刀流が使えた見参のほうがマシです。
 
 バトル中の敵のやられモーションも見参に出現する敵の一部は体をひねるように回転して倒れ込むという、剣で斬り倒しているという手応えがある凝った作りだったのに対して、こちらは単に普通に倒れるだけで、イマイチでした。
 
 ただ、バトルでフィニッシュを決めるとリザルト画面が浮世絵?のように変化する粋な演出はど派手で、この部分だけはシリーズでも随一の快感があります。
 
 

f:id:chitose0723:20190826145402j:plain

 
 この目を惹く派手さは幕末の京の雰囲気を出す効果と、戦闘が終わって通常状態に戻る際の切れ目を隠蔽する目くらましのよううな働きもしており好印象でした。
 
 FF10のスフィア盤のような成長システムは、好んで使用するスタイルを重点的に伸ばすか、全体的にバランス良く伸ばすのかを選べ、序盤はやりがいを感じるものの、どうしてもバトルの単調さに引っ張られ、中盤以降はただの惰性になりあまり機能しなくなります。
 
 バトル部分はPS4版だと60フレームで快適に操作可能なためストレスはほとんどないものの、どうしてもこれまでのシリーズの中で突出した魅力はなく、可もなく不可もなくな無難な仕上がりでしかありません。
 

不満あれこれ

 
 ストーリーの壊れ具合以外でこのゲーム最大の不満と言っても過言ではないのが、クリア後に追加される幕末漫遊というフリープレイモードと、その他細かいモード以外はシェア機能に対応しておらず、スクリーンショットの撮影が出来ないことです。なので、京の街のあちこちを撮影して回るには一度クリアする必要があります(この記事内の画像も全てクリア後の幕末漫遊で撮ったもの)。
 
 街をあちこち散策しては色々な街の表情と出会う龍が如くシリーズとスクリーンショット撮影の相性は抜群なのに、本編中何度もクセでPS4のコントローラに付いているシェアボタンを押しては撮影できないという反応にストレスを覚えました。
 
 後、酷いのは街中で頻繁に遭遇するサブストーリーの中身が露骨に使い回しで安易なことです。
 
 イベントの外見だけ変えて中身は野菜が欲しいとか魚が欲しいという同一の内容のものが多く、これらのイベントに何度も出会うと途端にコピペ感が際立ってしまうので、これなら無いほうがまだマシでした。
 

最後に

 
 クリアまで約33時間ほど。
 
 ストーリーは終盤ぶっ壊れ、バトルも至って平凡、プレイスポットも控え目、キャラクターも特に印象にも残らないと、シリーズの中では取り立てて褒めるような部分がない、非常に存在感が薄い軽めの作品です。
 
 ただ、全体的に遊びやすさが劇的に向上したおかげで、一定水準を超える面白さは確実にあり、トータルとしては楽しかった記憶のほうが勝ります。
 

龍が如くシリーズ

タイトル
ハード
龍が如く HDリマスター PS3
龍が如く2 HDリマスター

PS3

龍が如く3

PS3

龍が如く4

PS3

龍が如く5

PS3

龍が如く0

PS4

龍が如く 見参!

PS3

龍が如く オブ ジ エンド

PS3

 
龍が如く 維新! 新価格版 - PS4

龍が如く 維新! 新価格版 - PS4

 

 

龍が如く 維新! 新価格版 - PS3

龍が如く 維新! 新価格版 - PS3