えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

えんみゅ~

ブラック・ミラー シーズン1 〈レビュー・感想〉 イギリス発の毒っ気炸裂SF社会風刺ドラマ!

f:id:chitose0723:20190623000744j:plain

トレーラー

 
評価:80/100
 
作品情報
放送期間(イギリス) 2011年12月4日~18日
話数 全3話
イギリス
ネットワーク チャンネル4(現在はネットフリックスで配信)

短評

 
 トワイライトゾーンフォロワー作品の中でも、イギリスのドラマだけにモンティ・パイソンの社会風刺要素が加わり、イギリス的な品のある佇まいと毒っ気がいい塩梅に混ざり合った魅力的な作風となっている。
 
 一話完結型のエピソードそれぞれのアイデアに出来不出来の差はあるものの、全体的には志の高さと確かなセンスを感じさせる仕上がりで見応えがある。
 

現代版トワイライトゾーンチックな奇譚&近未来SF風モンティ・パイソン的社会風刺ドラマ

 
 アメリカの古典ドラマシリーズで、一話完結で毎回凝りに凝ったアイデアを披露するトワイライトゾーン(日本で言うと世にも奇妙な物語)。
 
 同作の影響が見受けられる作品は世界中数あれど、本作はそれらの中でもイギリスを代表するコメディグループであるモンティ・パイソンの笑いに含まれる毒っ気のある風刺要素を取り入れた結果、イギリスでないととても作れないような一風変わった作風になっており、そのセンスに魅了されました。
 
 本作を見ていると、未だに階級社会が根強く、抑圧が強力なイギリスはモンティ・パイソンやサシャ・バロン・コーエンといった風刺を得意とする天才コメディアンや、優れた風刺コメディドラマなどが生まれやすい土壌なのかなぁと漠然と考えさせられました。
 
 正直、個々のエピソードのアイデア自体はややパンチが弱く、それほどストーリーが面白いとは思いません。ただ、サスペンスコメディとしては見せ方がうまく、これを作っている人たちはサスペンスとコメディというものをきちんと論理で理解しているという安心感があり、気持ちよく視聴できます。
 
 どのエピソードも冒頭は画面の隅々や言動の端々にちょっとした違和感をパズルのピースのように散りばめ、見る者が自然と違和感を察知しそれらを拾っていくことで奇抜な設定に対して徐々に馴染んでいくような配慮がされており、その手並みに感心させられました。
 
 この、見る者に画面内の違和感を能動的に拾わせる工夫を施すことは優れたサスペンスのイロハで、これだけでサスペンスを分かっていると確信でき、作り手の力量を信頼できます。
 
 サスペンス同様コメディの作り方も洗練されており、自分たちが考えたシチュエーションに対し、作り手がゲラゲラと笑いを漏らしているような下品な自画自賛を想像させる隙がありません。どこまでも自作に対し厳しい客観視点を貫き通すように、たとえコミカルな場面でも画面の背筋はピンと伸びており、演出の姿勢の正しさのようなものを感じます
 
 役者もいかにもコメディアン風な人とは正反対のマジメそうなタイプをキャスティングし、風貌や所作ではなく、あくまで設定から生じる違和感やギャップで笑わせようとするヒッチコック映画のユーモアセンスとも共通するものがあり、どれもこれも好感が持てます(そう言えばヒッチコック監督もイギリス出身)。
 
 総じて、イギリスのドラマはサスペンスもコメディのセンスも本当に一流だなと羨ましくなるような一作でした。
 

不満あれこれ

 
 本作で最も不満なのはとにもかくにもインパクトの足りないオチの弱さ
 
 この手の寓意性を売りにするような作風なら、スッキリとしない余韻に浸りながら自分なりに物語から得た教訓を何度も反復して整理する過程が何よりも貴重なのに、やけにあっさりし過ぎな終わり方のせいで、見終わってすぐに内容を忘れそうになります。
 
 初期の頃のX-ファイルが未解決のまま事件が終わるせいで、良い意味で物語体験がしこりとして記憶の片隅に残り、その整理のつかないもどかしさこそが何よりも魅力と感じられるように、本作ももう少し見る者に重い課題を残し、もやもやする余韻が長期間続く工夫があればなお良かったです。
 

最後に

 
 同じイギリスドラマでも、シャーロックのようなキャラクター造形のセンスから役者のはまりっぷり、そしてスタイリッシュな編集とあらゆる部分がずば抜けた傑作というわけではなく、いちドラマとしてはやや地味です。
 
 ただ、SF風刺ドラマをどのようなトーンで語るのかという戦略の確かさは見ていて頼もしく、大好きな作品になりました。
 

余談

 
 かなり前に、NHKでSF作家の星新一短編作品を実写ドラマやアニメーションなど複数の手法を用いて映像化するという試みをしていましたが、本作を見ていて一番連想した国内の作品は、ホラー寄りな世にも奇妙な物語よりも、SF寄りのそちらでした。
 
 ということは、日本で似たような雰囲気の映像作品を作ろうと思ったら星新一作品をベースにするのが妥当なのかなぁと妄想しました。
 
 
星新一 ショートショート DVD-BOX

星新一 ショートショート DVD-BOX