えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

フィアー ザ ウォーキング・デッド シーズン1 〈感想・レビュー〉 恐怖のフィアーではなく心配・不安のフィアー

f:id:chitose0723:20190609095644j:plain

トレーラー

 
評価:65/100
 
作品情報
放送期間(アメリカ) 2015年8月~10月
話数 全6話
アメリカ
ネットワーク AMC

短評

 
 ウォーキング・デッドシリーズのスピンオフ前日譚というポジションでなければただの凡庸な平均未満のゾンビものでしかなく、好き好んで見たいと思うほどの完成度に達していない。
 
 アメコミ原作ゆえの濃いキャラクターや、そのキャラたちの織り成すドラマ、そして息をもつかせない怒濤のサスペンス展開など、本編の優れたところをことごとく薄めただけで、本作独自の魅力というものが希薄。
 

方向性が定まらず本編の縮小再生産にしかなっていないスピンオフ

 
 前日譚でもある本作の役目は、ウォーキング・デッドシリーズに過去の視点を持ち込み、より世界観に深みや厚みを加えることのはずなのに、それがまるで出来ていません。やっていることは結局どこかで見たことがあるアウトブレイクものにゾンビ要素を足し、無難になぞるだけの凡庸さで、これを見たからといってウォーキング・デッド本編への印象に変化は皆無。
 
 打ち出す作風も、アメコミ原作の濃さを残しつつ映像作品としてうまくアレンジ出来ている本編のほうに寄せるのか、まったく違うアプローチで攻めるのか曖昧で見ていてパッとしません。
 
 コンセプトが具体的に固まっていない、やや見切り発車気味に作られた作品を見ても楽しいはずもなく、常に迷走感が漂い、話にうまくのめり込めませんでした。
 

ノロノロとゾンビのような足並みで進むストーリー

 
 この作品を見る人の大半はウォーキング・デッド本編を視聴済みなはずで、必要最低限のゾンビ周りのルールなどをちゃっちゃと説明し、後はサクサク進んで欲しいのに、話は終始スローペースを維持し単調そのもの。
 
 唯一、冒頭のゾンビから逃走していくと周囲の環境の変化だけで、ここがどこでいつの時代なのかが劇的に判明するというアイデアだけは良く、掴みはそこそこうまくいっているのにその後がまったく続かず。
 
 ハッキリ言って、本作のやっていることはただ単に謎のウィルスが蔓延し、感染者が増え、秩序が崩壊していくというありがちなゾンビ映画の冒頭部分をひたすら引き延ばしているだけで、面白味がほとんどありません。
 
 ウォーキング・デッドシリーズは、アメコミ原作ゆえの濃いキャラクターのやり取りと詩情豊かな映像の品の良さが軸であり、ゾンビの設定や感染が広がっていく経緯には別段ひねりもなくオーソドックスなため、そこを持ってきて丁寧に描かれても退屈なだけです。
 
 ドラマ部分も、主要人物であるトラヴィスが離婚した元妻とその間に出来た実の息子、そして現在交際している恋人とその子供たち、異なる二つの家族の板挟みになり葛藤するという基本の設定自体はいくらでも味付けできそうなのにさほど盛り上がらず。
 
 結局トラヴィスがいないところで勝手にいざこざが起き、解決するので、二つの家族の軋轢に苦悩するという部分に焦点が絞れておらず、散漫な印象しか受けませんでした。
 
 作風はどうしたいのかハッキリせず、ストーリーは別段盛り上がりもしない、大して出来も良くないホームドラマの延長のようなものをダラダラ見せられ、この作品に何か独自の売りってあるのかと疑問しか残りません。
 

やっつけにも程がある一部のサスペンスシーン

 
 本作を見ているとところどころサスペンス展開が雑すぎて引っかかる箇所があり、やたら気になりました。
 
 まず、理髪店に匿われている時に隣の建物が火事なのか、店の壁が熱くなっているとクリスが気付く場面。普通ならまず額に異様に汗をかいている様を見せるなど、室温が上昇しているのを絵的に見せてから異変に気付くという流れにならないとおかしいのに、予兆を飛ばしていきなりクリスが壁を触って壁が熱いと言い出すので、何がしたいのか意味が分かりません。
 
 それに、ある人が情報を聞き出すためアメリカ軍兵士を捕まえ拷問をするという場面も、見ているこちら側が具体的に何の情報を聞き出したいのか分からない状態でいきなり拷問を始めるため、流れとして謎です。これをやるなら、聞き出したい情報が何なのかを事前に説明し、相手がそれを喋ろうとせず、はぐらかすなどのやり取りの後で拷問に移らないと、前後の流れが不自然過ぎます。
 
 その他にも、大量のゾンビによってロックされた扉に追い詰められる危機的状況も、そもそもこの扉はカードキーがないと開かない作りであるという説明描写が抜けているためその場の勢いでなんとなく誤魔化しているだけにしか見えないなど、全体的にサスペンスの作り方が投げやりで、緊迫するようなシーンがほぼ台無しになっており不満でした。
 

最後に

 
 サスペンスシーンはヘタクソで、予算が無いのか金のかかりそうな部分はほとんど編集で誤魔化し、ストーリーはチンタラしていて退屈で、キャラクターも魅力が乏しいと、ウォーキングデッド・シリーズのスピンオフということ意外に何の価値もない凡作。
 

 

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド コンパクト  DVD-BOX シーズン1

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン1