えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ

[アニメ]ポプテピピック 〈感想・レビュー〉 見た目は緩いが、中身はハードコア

f:id:chitose0723:20190602153729j:plain

PV?

 
評価:90/100
 
作品情報
放送期間 2018年1月~3月
話数 全12話
アニメ制作会社 神風動画

短評

 
 多種多様な表現手法を拒まず暖かく受け入れてくれる、お笑いの懐の深さに感銘を受ける。
 
 単純にナンセンスなギャグアニメとして完成度が高い上に、この作品を見る前と後ではお笑い観、延いては世界の見え方までも変質させてしまうほどのパワーがある大傑作。
 

革新的なコント番組風フリースタイル

 
 この作品は序盤の数話の時点で出せるものを惜しみなく出し尽くしているのと、ギャグの面白さではなく、自由奔放で何でもありなスタイルの革新性が売りなため、数話だけ見ても全話見終えても印象がそれほど変わりません(序盤はイマイチだと思ったボブネミミッミが終盤は逆に癖になってしまっているくらい)。
 
 一つ一つのナンセンスギャグやコントじみたやり取り、パロディネタの完成度が重要なのではなく、こんな手を変え品を変え支離滅裂なことをやり続けても許されるんだという開放感こそが心地良く、その我が道を行くスタイルの虜になりました。
 
 映画の歴史で言ったら既存の型から脱却し何をやっても許されるということを証明してみせたヌーヴェルヴァーグの雰囲気に近く、ナンセンスでデタラメなのに、その何者にも縛られない佇まいは爽快で、見ていて元気が湧いてきます
 
 CGアニメだろうが、手描きアニメだろうが、パペットや砂を用いたストップモーションアニメだろうが、多様なアニメーション手法を許容してしまう柔軟さと、キャラクター設定ではなく、表現の熱量こそを原動力として暴れまわるポプ子やピピ美というどんな笑いも成立させる濃いキャラクターの魅力のおかげで、見ている最中はずっと新しくて凄いギャグアニメを体験できているという喜びで一杯でした。
 

同年代という小っ恥ずかしさ

 
 本作のパロディネタを見ていると「絶対にこれ同年代の人が作っているんだろうなぁ……」というのが丸分かりな元ネタチョイスで、正直かなり恥ずかしかったです。
 
 『ベルセルク』や『マクロス』、『ガンダム』、『エヴァンゲリオン』は定番として分かるし、『ヒカルの碁』や『クロノトリガー』、『スカイリム』や『FF15』もまぁ作品自体が有名なので理解できるにしても、ゲームの『テイルズ・オブ・デスティニー』のソーディアンネタなんて、ハッキリ言ってネタとして大して面白くもない上に何の脈絡もなく、単に昔このゲームをやっていたという以上の理由が考えられません。
 
 最近、漫画やアニメのパロディネタの世代が下がってきて、自分の子供の頃の思い出の作品と被るようになり、パロディである以上避けられないものの、懐古趣味のターゲットにされているようでここはあまり素直に喜べません。
 
 ただ、ポプテピピックという作品自体、元ネタが分かろうが分かるまいがほとんどがナンセンスギャグとして成立するように作られているため、そこを過剰に強調しないのは好感が持てます(一部看過できないほど酷いものもあります)。
 

不満あれこれ

 
 ギャグを扱う作品の逃れられない宿命として、後ろに行くにつれアイデアが底をつき、笑わせ方が徐々にヤケクソになる点や、苦肉の策として一話の中で同じ話をほぼコピペして二回繰り返すという大胆な方法で尺を誤魔化している点など、引っかかる部分はそこそこ多いです。
 
 しかし、それらはわざとやっていると言われればそれまでな上に、別段それがあるからと言って作品の質を落としてはいないのであまり深刻な問題には思えません。
 
 ですが、後半にポプテピピックとしてはあまりにも安易過ぎるパロディがいくつかあり、そこは作品自体の信用に影響が出るので不満でした。
 
 特に『名探偵コナン』のパロディで、アニメ版コナンのレギュラー声優である小山力也さんや高木渉さん、茶風林さんを出すという死ぬほど安易でくだらないネタは最悪でした。そんなバカでも思いつくようなアイデアは真っ先に避けて欲しいのに、そのあまりのダサさは、こんな茶番に付き合わされている声優さんを不憫に思うほどです。
 
 ポプテピピックというひねりだけで成立しているような作品に、このような手垢まみれの古くさいパロディは相容れず、浮きっぷりが半端ではありません。
 
 ギャグが滑ろうとも、なんならつまらなくてもいいので、主導権は常にポプテピピック側が握り、元ネタにおんぶに抱っこな安易な笑わせ方という最悪な妥協だけはやめて欲しいです。
 

最後に

 
 諸手を挙げて最高と言い切るには多数の問題を抱えているものの、それを圧倒的に上回る爆発力があり、多数の爆発物の中に一部不発したものが混じっていた程度の問題で、爆発そのものには影響がありません。
 
 この作品を見る前と後で、少しだけ視点をひねればこれほど世界には笑いの可能性が潜んでいるのかと感動するほど、お笑い観に多大な影響を受けました。
 
 凝り固まった既存のジャンルにド派手に風穴を開け、その向こうに広がる新たな笑いの地平を垣間見せてくれた大傑作!
 

ナナチがかわいい

 

 

ポプテピピック vol.1(Blu-ray)

ポプテピピック vol.1(Blu-ray)