えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、書評、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

原作に寄せ過ぎた結果、覇気が欠けてしまった2期 「青の祓魔師(エクソシスト) 京都不浄王篇(2期)」〈レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20190528143233j:plain

PV

評価:70/100
作品情報
放送期間 2017年1月~3月
話数 全12話
アニメ制作会社 A-1 Pictures

メモ

 
・京都不浄王編の範囲は原作コミックスで言うと5巻から9巻までの内容
 

短評

 
 TVシリーズの1期とスムーズに繋がっていない歪んだ作りのせいで飲み込みづらい続編となってしまっている。
 
 アニメ作品としては部分的に凄まじい作画があるものの、全体としては原作に忠実すぎる分、強く惹かれるような魅力がない無難な仕上がりでインパクト不足。
 

変則的な作りの二期

 
 本作は『青のエクソシスト』のTVシリーズの2期なものの、単純に1期の終わりからそのまま話が続いているわけではなく、かなりややこしい作りをしています。
 
 1期の前半は多少アニメオリジナル要素を足しつつ、原作エピソードをなぞっていました。しかし、後半は当時原作漫画で連載中だった不浄王編のエピソードに追いついてしまい、やむなくアニメオリジナル展開でした。
 
 それが、今作は1期の後半のアニメオリジナル展開部分をバッサリ切り捨て丸ごと無かったことにし、1期では間に合わなかった不浄王編から始まるというかなり変則的な作りとなっています。
 
 そのため、1期を最後まで見ていると話を巻き戻され1期の後半と似たような話をもう一回繰り返しているように感じ、逆に今作から見始めると大した説明もないまま話が途中から始まっているようにしか見えず、どちらにしろ戸惑うことに変わりはありません。
 
 本作を見ると『鋼の錬金術師』のTVアニメ版と同じで、原作漫画が十分進んでいない状態でアニメ化してしまうと後々厄介な問題が生じるという、映像化のタイミングの難しさについて考えさせられます。
 

我がヴァチカンではランチェスター大聖堂の銀十字を錫溶かして作った13mm爆裂鉄鋼弾対策はバッチリです!!

 

前・後編に近い話を分断してしまった悪影響

 
 この異例な作りの悪影響がモロに出てしまっているのが初っ端の一話目です。詳しい説明も何もないまま、直前に起こったある出来事のせいで、主要登場人物のほとんどが主人公に対し不信感を抱き、空気が淀んでいる状態から始まるという出だしとしては最悪です。
 
 せめてこのような、何か重要なエピソードの直後から強引に再開せざるを得ないなら、最低でも仲が良かった状態を回想し、この状態が一時的な不仲状態であるということを納得させないと、主人公をシカトする仲間たちが意地悪な人間にしか見えません。
 
 『青のエクソシスト』という、それぞれの登場人物がエクソシストを志す動機となる悲しい過去を背負い、重荷を抱える者同士ゆえに相手の心情を理解しそっと寄り添う過程が何よりも魅力な作品において、このようなぎすぎすとした不仲状態のスタートは雰囲気的にはかなりマイナスです。
 
 不浄王編は直前の出来事で生じた仲間同士のヒビを修復し、再び一致団結するエピソードなのに、壊れた状態で始まって修復だけ見せられてもどうしても乗れません。
 
 しかも、直前の戦いの影響で主人公のりんは『青のエクソシスト』の象徴でもある降魔剣という刀の使用を制限されている状態で、しかもそれが終盤まで続くため内容が極端に地味です。
 
 これは直前のエピソードである、りんが大暴れするアマイモン戦から、その影響で謹慎に近い状態となる不浄王編に話が連続して繋がっていれば反動として受け入れられるので別段気になりません。しかし、直前の話が省かれているせいで、主人公が全12話中、わずか数話以外は何も活躍させてもらえないという焦れったさが付きまとう作りとなっており、あまり見ていて気持ちのいいものではありません。
 

原作に忠実に作りすぎて窮屈になった二期

 
 1期を久しぶりに見直すと、2011年の作品ながら当時としては決して手抜きをせず、かつ伸び伸び作っているため、やや色味やライティングに古さは感じるものの、今見ても難なく視聴に耐えられます(スタッフを見ると後々有名になるクリエーターが多く参加しているので納得)。2011年当時リアルタイムで見た際に非常に映像が綺麗で、豪華なTVアニメという印象を覚えたのも頷ける内容でした(アクション作画だけで言えば1期のほうが遥かに勝っています)。
 
 それに比べ今作は、画面の情報量自体は上がり、1期に比べ全体的に落ち着きのある作品に仕上がってはいるものの、原作漫画の構図に忠実すぎる分、漫画の一つ一つのコマをそのままアニメのコンテに置き換えただけのような無難な作品になりました。
 
 終盤の不浄王の巨体表現が、『進撃の巨人』の超大型巨人の作画にも匹敵するほどの迫力がある点以外は、正直今作は見ている最中ハッとさせられるようなショットやアクション作画がほとんどなく、手が込んだ背景以外はイマイチ印象に残りません。
 
 凄いアニメを作ろうとするよりも原作順守のほうが優先順位が高いのか、攻めの姿勢がなく画面から覇気がまるで感じられません。
 

最後に

 
 決して悪い作品ではないですが、話を一から作り直さず1期の前半を再利用しようとしたため、本来登場人物の感情の浮き沈みが繋がっているエピソードがぶつ切りになった弊害と、原作順守の姿勢が若干裏目に出ているせいで物足りなさが残ります。
 
 ただ、不満がどれだけあろうとも、『青のエクソシスト』という作品自体は原作漫画もアニメ版も好きなので、出来ればA-1ピクチャーズの制作で映像化は続けて欲しいです。
 

余談

 
 原作漫画では雪男が藤堂と戦っている際、水属性の弾丸の入っているマガジンに交換しても、交換前の弾が薬室内に一発残っているはずなのに、それが新しく装填された弾とごっちゃにされていました。
 
 それが、アニメ版では発射時のエフェクトの色で違う弾丸だとわざわざ見分けられるように描写されており、その細かさには感心させられました。
 

青の祓魔師(エクソシスト)シリーズ