えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

えんみゅ~

アナイアレイション 全滅領域 〈レビュー・感想〉 アレックス・ガーランド監督版ストーカー!

f:id:chitose0723:20190521132830j:plain

トレーラー

 

評価:120/100
 
作品情報
公開日 アメリカ:2018年2月23日
(日本ではネットフリックスにより配信され、劇場未公開)
ネットフリックス:2018年3月12日
上映時間 115分

短評

 
 『ストーカー』や『遊星からの物体X』、『エイリアン』など、様々なジャンルの傑作から影響を受けつつ、それらと似て非なる映画に仕上げて見せたアレックス・ガーランド監督の凄まじい才能に驚愕させられる。
 
 シマーという人智を超えた空間と、未知の生命とのファーストコンタクトを、映画のリズムを決定付ける巧みな編集テクニックとこれ以上ない映像センスで見事に描き切った大傑作!
 

あらすじ

 
 元軍人で現在は生物学者となったレナは、軍の極秘任務で行方知れずの夫の帰りを一年も待ち続けていた。
 
 ある時死亡したと思っていた夫が突如帰宅するも、記憶が曖昧で自分がどこでどんな任務に就いていたのかまったく覚えていないと漏らす。突然意識を失い倒れる夫を心配するも、そのまま謎の組織に連れ去られ、見知らぬ施設で目覚めるレナ。
 
 そこでレナが目撃したのシマー呼ばれる謎の現象により歪んだ空間が広がる異常な光景だった。レナは組織の責任者であるヴェントレスに、このシマーは拡大する一方で、このままでは世界はシマーに飲み込まれるであろうという予測と、唯一このシマーから生還できた人間はレナの夫だけであるという事実を知らされる。
 
 レナは原因不明の症状で危篤状態が続く夫の身に何が起こったのかを知るため、危険なシマーの調査隊に志願する。しかし、そこでレナたち調査隊が目撃するのは常識などまるで通用しない不可思議な世界だった。
 

遺伝子も映画も混じり合う世界

 
 鑑賞前は自分の生涯ベスト級映画であるアンドレイ・タルコフスキー監督のストーカーに似ていると聞いていたので、少しでも出来が悪くストーカーを汚すような内容だったら嫌だなと身構えていたものの、ただの杞憂に終わりました。
 
 ストーカーはゾーンと呼ばれる廃墟を非常に静かなタッチで淡々と、しかしこの上なく美しく描いていました。それに対し本作はシマーの影響で遺伝子が変質してしまったクリーチャーに襲撃されたり、自分の体が人間ではない別の何かに変化していくというパラノイアックな恐怖描写を描いたりと、ホラー的な要素が多分に目立ちます。
 
 ただ、普通の映画とは比べ物にならないほど作品全体の調和が保たれており、エイリアンの1作目と同じで、グロテスクさは美を損ねるどころかより作品に磨きをかける効果を発揮し、ストーカーとはまた違った妖しい色気を醸しています。
 
 このため、謎の現象であるシマー内部に舞台が移ってからは目に飛び込んでくる全ての光景が琴線に触れ、次から次に訪れる斬新な映像イメージとの出会いに映画を見ている最中は終始幸せでした。
 
 池に半分だけ水没している家屋や、人間のような奇怪な形の花(もしくは花のような人間)という一目惚れしてしまうロケーションやオブジェはただの置き物ではなく、後に半分水没しているという状態を活かしたクリーチャーの登場のさせ方や、ある人が姿をくらます際の装置としての機能も果たすという無駄の無さにただただ感服させられました。
 
 アレックス・ガーランド監督の前作である『エクス・マキナ』でも発揮していた、異常なまでの照明(ライティング)へのこだわりは今作も健在。画面の光の加減が徹底してコントロールされているため、屋内にいても窓から差し込む薄い膜を通したような優しげなのが逆に気味が悪い陽光が存在を主張し、シマー内であることを絶えず意識させてくれます。
 
 映画の全場面において映像の美しさが世界観設定に軽々と勝っているため、どんな非現実的な事態が起ころうとも、それがおかしいという疑念を抱かせるなどという隙は微塵もなく、気持ちよく作品に没入できました。
 

映画も遺伝子も切り貼りされる世界

 
 本作の完成度に大きく貢献しているのが、ウェス・アンダーソン監督の傑作『グランド・ブダペスト・ホテル』でも、ぴょんぴょんと跳ねるように大胆かつ軽やかに場面が飛ぶ素晴らしい編集の冴えを披露していたバーニー・ピリングの編集テクニック
 
 このテンポよく場面が飛ぶような編集はグランド・ブダペスト・ホテルではやや皮肉っぽいコミカルさを演出するのに一役買っていました。
 
 本作では一変して人間の記憶や理性をところどころ欠損させるシマー内部の恐ろしい環境を体感させる役割を果たしており、映画を見ていると徐々に時間の流れがシマー基準に調整されていくような奇妙な感覚を覚えました(途中一箇所だけ露骨にユーモラスなシーンがあり、そこもグランド・ブダペスト・ホテルばりに抜群にうまい)。
 
 この編集により生じるリズムで、強制的にシマーと一体化させられるかのような体験は、アナイアレイションという作品を、他の似たような作品とは一線を画する特別な一本に感じさせる大きな要因になっていると思います。
 
 前作エクス・マキナはイギリス映画(監督自身もイギリス出身)で、そのためか同じくイギリス人監督であるデヴィッド・イェーツ作品(『ハリー・ポッター』シリーズの後期や『ファンタスティック・ビースト』)に多く関わる編集のマーク・デイが起用されていたものの、アナイアレイションの見事な編集と比べ明らかに見劣りします。
 

 
 これまではデヴィッド・イェーツ監督作品全般に感じる単調さの原因は監督自身にあるのだと思っていたら、エクス・マキナとアナイアレイションの編集の技術力の差を見比べると、実はマーク・デイの編集がネックなのではないかという仮説が生まれました。
 
 バーニー・ピリングの編集はウェス・アンダーソン監督やアレックス・ガーランド監督という強烈すぎる作家性を持つ監督と相性抜群なのか、心地良い編集のリズムにうっとりさせられっ放しでした。
 

最後に

 
 もう大好き過ぎて5、6回は見たものの、まだまだ見足りない、間違いなく今後の人生で何十回も見直すであろう生涯ベスト級の一作。
 
 これが長編二作目とは恐ろしやアレックス・ガーランド監督。
 
 最高の映画をありがとう!
 
 
映画評論家の町山智浩さんの映画内の謎の解説。これを聴けば映画内のほぼ全ての謎の意味が分かる