えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ

Hollow Knight(ホロウナイト)(PS4版)〈レビュー・感想〉 中毒度200%の超傑作メトロイドヴァニア!

f:id:chitose0723:20190429120444j:plain

トレーラー

 

評価:95/100
 
作品情報
ジャンル
メトロイドヴァニア
発売日(日本国内)
2017年2月24日(PC版) 
2018年9月26日(PS4版)
開発(デベロッパー)
Team Cherry
開発国
オーストラリア
ゲームエンジン
Unity

短評

 
 大作ゲームと比較しても何ら引けを取らない完成度の高いアクション性や凄まじいまでの探索のやり込みボリュームがある、中毒性の権化のような高難易度メトロイドヴァニア。
 
 そして、何よりもアニメーションやSEなど、ボタン入力に対しゲーム側が返してくれる反応のきめ細かさが細部まで徹底して行き届いており、その美意識の確かさは一度触れると虜になってしまう。
 
 マップの広大さをカバーするファストトラベル的な要素が貧弱で、ゲームの大半が移動時間に費やされるという大きな不満はあるものの、総じて短所よりも長所が大幅に勝る大傑作。
 
 

f:id:chitose0723:20190429132159j:plain

100年後にプレイしても傑作であり続けているであろう破格の完成度

 
 本作をプレイすると「なぜこのゲームに体験版がないんだろう?」という疑問が真っ先に浮かびます。
 
 実際自分がそうでしたが、このゲームはPVやスクリーンショットなどから受ける事前の印象と、実際にゲームを操作して得られる感動が別物です。動画や静止画でもデザインが秀逸なことや、背景やライティングが美しいこと、操作の快適性などはなんとなく伝わってくるものの、実際に自分で動かしてみると、それら見た目の印象は本作のバケモノさのほんの一端でしかないことを思い知らされます。
 
 とにかく心を奪われるのが、コントローラのボタンを入力するという些細な行為に対し、ゲーム側が返してくれる反応のきめ細かさです。敵を倒した際のアニメーションの作り込みや、攻撃の確かな手応えを感じさせるやけに生々しいSE、高所からの着地の際に草が舞ったり土煙が上がったりというエフェクトのこだわりと、ゲーム内に手を抜いている箇所が微塵も存在しないため、「ここは雑に済ませているな」と冷める瞬間がありません
 
 快適な操作性の上に、行動に対し常にゲーム側が何かしら繊細な反応を返してくれるという、アクションゲームとして基本中の基本部分が強固なため、その上に歯応えのある高難易度のボス戦を乗っけようが、メトロイドヴァニアとしての探索要素を乗っけようが、さも当たり前のように馴染み、アクションによってもたらされる中毒性がありえないほど高いです。
 
 本作は型としては典型的なメトロイドヴァニアなのに、細部に至るまで徹底して美意識を張り巡らせた結果、ジャンル的な型を超越して訴えてくる力強さと、ジャンルゲームらしからぬ気品が備わっています
 

厳かなハロウネストと脱力感のある虫たちの奏でるハーモニー

 
 ハロウネストというかつて栄華を極めていた国が滅び、その威光の名残である荒れ果てた廃墟を進んでいくという構造や、全体のトーンはダークソウルにやや似ています。しかし、ダークソウルは建造物と人物のデザインの調和が取れているのに対し、コチラは背景美術の精緻な描き込みに対し虫たちのシンプル極まりないキャラクターデザインのリアリティがどこかチグハグに感じる箇所もあり、良い意味で深刻になり過ぎず見ていて癒されます。
 
 

f:id:chitose0723:20190429125951j:plain

 

f:id:chitose0723:20190429132101j:plain

 

f:id:chitose0723:20190429130341j:plain

 

 虫といっても、成虫ではなく幼虫のまん丸くてぷにぷにとした可愛げを残したままサイズだけ大きくしたようなデザインが多く、時には可愛く見えたり、時には気色悪く感じたりと、印象が固定化されず見ていて飽きません。
 
 

f:id:chitose0723:20190429133208j:plain

 

f:id:chitose0723:20190429133956j:plain

虫だけでなく植物やキノコなど菌類の敵もいる


 一部、ジメジメした地下を探索するといきなり生理的嫌悪感を覚えるほどおぞましい虫が出現するなど、ホラー要素を加えることでメリハリを出そうとする手法はフロム・ソフトウェアっぽいなと思いました(ただ、全体の4分の1とか、下手をすると3分の1は薄暗い気味の悪い地下を探索させるのはやり過ぎ)。

 
 美意識が貫かれたアクションにしろ、虫の体の模様を至るものと融合させたような美術全般にしろ、虫たちの掴みどころのない飽き辛いデザインの魅力にしろ、このゲームを作っている人たちはどれだけセンスの良いアーティストの集まりなのかと、ゲームをやればやるほど畏敬の念すら抱いてしまいます。
 

メトロイドヴァニアとしての長所

 
 基本のゲーム部分は本当に優秀で中毒性は半端ではありません。このゲームを始めてからはクリアするまで四六時中続きをやることしか考えられなくなり、日常生活に支障をきたすほどドハマりしました
 
 ただ、非常に優れた部分と不親切に感じる部分の両方が極端に目立つため、楽しさとストレスに交互に見舞われ、瞬間瞬間では不満を覚えることも多いです。
 
 アクション以外に優れている点は戦闘や探索時の音の使い方がうまいこと。背景に溶け込みカモフラージュ状態で姿を隠している敵が音で自分の位置を事前に知らせてくれるため不意打ちばかり喰らって過度なストレスにならない配慮や、探索時にどこからともなく声が聞こえNPCの居場所や、隠し部屋・隠し通路の存在をそれとなく示唆してくれるなど、音の使い方は本当にセンスが良すぎて惚れ惚れします。
 
 それに、インディーズゲームとは思えないほど大量のボス戦も一部異常な強さの敵を除けば基本はユーモラスな動きを観察し攻撃や回避タイミングを覚える過程は楽しいため、いい刺激でした。
 
 

f:id:chitose0723:20190429134525j:plain

 

f:id:chitose0723:20190429132504j:plain

チャームという装備を付け替えることで近距離戦・遠距離戦・回復特化型など戦術を変えられる

メトロイドヴァニアとしての短所

 
 本作最大の問題は通常移動時間の長さです。
 
 一つ一つのエリアが広大なのにも関わらず、ファストトラベルのような働きをする駅が本当にポツポツとしか点在せず、広さをまったくカバー出来ていません。そのため、ゲームの大半は一度通った場所を何度も繰り返し移動させられる手間に費やされます。
 
 スーパーダッシュという超高速移動能力を獲得すると多少は改善されるものの、それでも根本の不満は解決されません。
 
 

f:id:chitose0723:20190429130812j:plain

けれん味のある加速表現が気持ち良すぎるスーパーダッシュ!

 

 その他にも細かい不満がテンコ盛りです。
 
 まず、移動時間の長さに関連する不満が、リトライポイントからボスのいるエリアまでの短くない移動距離です。これはフロム・ソフトウェアのゲームでも感じる不満ですが、ボスにやられた際に再びボスのいるエリアまで移動するのに毎回けっこうな時間を喰うため繰り返し移動させられるとただただしんどいです。
 
 ダークソウルもかなり長くて気が滅入ることがしょっちゅうなものの、本作はダークソウルの中の割と長めの区間が標準のような不親切さです。さすがにフロムのゲームのボス戦ほどの難易度ではないため、リトライ回数は控え目なものの、しんどいことに変わりはありません。
 
 次は、ダークソウルと同じように死亡すると死亡した場所に所持金と一緒に自分の影が残り、それを倒さないとお金を失ってしまうというシステムがイマイチ機能していないこと。
 
 単にボスにやられた際にボスの手前に影が残るだけとか、たまに回復し忘れるという不注意でパラパラと死ぬ程度で、ダークソウルのように即死トラップが大量にあるとか、強敵が配置されていて戦う際に緊張感を生じさせるなどといった目的がほとんど存在しません。なので、所持金を失うかもしれないという適度な緊張よりも、単に落としたお金を回収しなければならないという煩わしさだけが際立ちます。
 
 トゲだらけの地形や敵を攻撃してその反動で移動するなどのトラップ・難所地帯を攻略中にライフが心許なくなると焦りから緊張が生じ、突破した際の達成感に繋がることもあるため一概に無駄とは言わないものの、どうしても落としたお金を回収しなければならないというストレスの方が強めです。
 
 最後に、これは長所と短所両方併せ持つため、どちらとも言い切れないのが、初めて訪れるエリアの地図をその都度そのエリア内にいる特定のNPCから入手しなければならない点。
 
 ただでさえメトロイドヴァニアというジャンル特有の癖である次にどこに行って何をしていいのか分からないという手探り状態に置かれているにも関わらず、さらに今現在探索することに意味があるのか不明な場所の地図をいちいち探さないといけないという、目的の不明瞭さが二倍になるため、地図探しをしている最中はかなりストレスフルです。
 
 ただ、ゲームに慣れてくると地図探しそのものがゲーム性なのだと分かり、そういうものだと割り切れるのと、単純に地図を見つけた瞬間の喜びがひとしおなので快感のためのタメなのだと思えばガマン出来てしまう程度のものです。
 
 

f:id:chitose0723:20190429130529j:plain

発見するとそこのエリアの地図を売ってくれるコーニファー

 

f:id:chitose0723:20190429140545j:plain

L1ボタンではなくメニューボタンから地図を開けば、任意の怪しい場所にマーカーを設置できることに中盤で気付いた。これは序盤の段階で丁寧に説明して欲しかった

 

 このようにゲーム内の至るところに細かい不満が存在し、終始快適というワケではありません。それでも本作の魅力はこれくらいの不満で陰る程度の軟弱なものではないため、最終的には楽しさが圧倒的に勝ります。

 

最後に

 
 クリアまで約26時間ほど。
 
 このゲームの究極のもどかしさは、完成度が凄まじすぎて、この一作をやってしまうと他の似たようなジャンルのインディーズゲームがことごとく物足りなく感じてしまうことです。
 
 
 間違いなくこれまで自分がプレイしたメトロイドヴァニアゲームの中でもぶっちぎりダントツの最高傑作!!
 

可愛いキャラクターが、美しくもおぞましくもある地下世界を探検するという、一部コンセプトに類似点があるアニメ 

f:id:chitose0723:20190429125820j:plain