えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ 〈レビュー・感想・評価〉 麻薬戦争の在り方そのものをシリーズとして体現させたような傑作!

f:id:chitose0723:20190420103014j:plain

トレーラー

 
評価:90/100
 
作品情報
公開日(日本) 2018年11月16日
上映時間 122分

短評

 
 大傑作だった前作に新しい角度で光を当てた結果、潜在していた魅力をさらに引き出して見せたシリーズものとして理想的な続編。
 
 型破りな作りのため、単体作品としてはキレイにまとまっている前作には及ばないものの、今作を見た後だと一作目の登場人物たちの行動により奥行きが生まれ、シリーズとしての価値を飛躍的に高めることに成功している。
 

あらすじ

 
 アメリカ国内で民間人に大量の死傷者を出す自爆テロが発生。
 
 アメリカは、テロリストたちがメキシコ麻薬カルテルの手引きでアメリカ・メキシコ国境を越え不法入国したと断定。アメリカはテロを防止するためメキシコ政府には内密に、CIAによるメキシコ国内での麻薬カルテル殲滅作戦を指示する。
 
 CIAのマット・グレイヴァーはカルテルを直接攻撃するのではなく、カルテル同士を互いに潰し合わせる作戦を立案。戦友であるアレハンドロをチームに引き入れ、メキシコで巨大な勢力を誇るカルテルのトップ、レイエスの娘イザベルを誘拐し、それを敵対するカルテルが誘拐したかのように偽装工作する。
 
 しかし、アメリカの違法な極秘作戦を目撃したレイエスの娘が作戦中のアクシデントにより逃亡してしまい・・・・・・。
 

労苦が滲み出る、押し潰されそうなほどのセリフの重み

 
 映像作家として世界トップクラスの実力のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督した前作にまったく物怖じしない続編を作れただけで今作は十分称賛に値するものの、それどころか、前作ではやや控え目だった登場人物たちの魅力をより引き出せており、シリーズの続編としては理想的で大満足な仕上がりでした。
 
 正直、単体作品としてはどうやっても監督の演出力の差はじめ、前作のほうが遥かにエンタメ作品としては整然としており好きです。
 
 しかし、今作は物語上の要請によりミステリアスさで隠蔽されていたアレハンドロとマットの人間らしさ(娘想いの父であったアレハンドロや、職務と戦友との絆の間で揺れ動くマットなど)を暴きだし、僅かながらにあったロイックさという特権すら奪い取り、確かなものなど何もない麻薬戦争に身を投じることの地獄をより強調して見せることに成功していると思います。
 
 ベニチオ・デル・トロ演じるアレハンドロは前作でも麻薬カルテルへの激しい憎悪を十分描けていたものの、今作ではさらにそこにジョシュ・ブローリン演じるマット側の組織人としての視点が加わったことで、より物語に厚みが増しました。
 
 前作は麻薬戦争とは直接関係しないエミリー・ブラント演じるケイト視点で話が語られるため、良くも悪くもケイトが衝撃を吸収するクッションのような働きをし、この人物のリアクションを一歩引いた視点で観察するというやや距離がある作りでした。それに対して、今作はアレハンドロやマットが直接晒されているメキシコの暴力を緩衝材抜きのゼロ距離で直に叩き付けられるため、行動やセリフが前作とは比較にならないほどダイレクトに胸に響いてきます
 
 ただ、前作があのような作りだったおかげで、別格の待遇で描かれていたアレハンドロがただのメキシコの惨状を形作る些末な歯車の一つ程度に成り下がる瞬間の恐ろしさがより際立つので、今作で起こることが前作を何一つ否定することもなく、その点も大変素晴らしいと思います。
 
 殺す側と殺される側が移ろいやすく、ほんの些細な出来事で情け容赦なく立場が引っくり返ってしまうメキシコの過酷さを、それぞれ異なるアプローチで描かれる二作でより残酷に浮き上がらせて見せるというこの続編の作り方は、この上なくシリーズの緊張を高めており、よくこんなアイデア思い付いたなと驚かされました。
 

不満あれこれ

 
 本作で一番の不満は銃撃戦のボリュームが少なく、肩透かしだった点。トレーラーを見た限りでは前作よりもガンアクション部分を強化し、銃撃戦の描き方でプロフェッショナルさを演出するのかと思いきや、撃ち合いが始まると戦いに参加していない人間に視点が移ってしまい、正面から描かれないのでややガッカリでした。
 
 それに、前作はエミリー・ブラント演じるケイトに視点が集中し、誰と誰が戦っているのかもイマイチ把握できない混沌とした戦場に放り込まれ、味方が本当に味方なのかすら怪しい状態で慌てふためくというサスペンスがあったものの、今作は割と敵・味方全員の素性を最初に明かしてしまうため、登場人物に対する印象にあまり変化が生じず、やや味気ないです。
 
 ウィンド・リバーもそうでしたが、テイラー・シェリダンの脚本は割と見せ場や終盤の衝撃展開に一極集中気味なきらいがあり、今作はその傾向がより顕著で、満遍なく緊張が散りばめられている前作に比べるとどうしても満足度では劣ってしまいます。
 
 それと、自爆テロを長回しで撮るという手法はドラマのXファイル シーズン10でもやっていましたが、もういい加減見飽きて陳腐なので避けて欲しかったです。せめてこれをやるならすでに既知の人物が現場に居て、テロに巻き込まれる未来が読めてしまいハラハラさせるなど、何でもいいのでもう一工夫は欲しいところ。
 

最後に

 
 前作に比べると細かい不満の量が増えたものの、それでも本作の出来に対しては些末な問題。
 
 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の後釜という誰も引き受けたくはないであろう大役を果たし切ったステファノ・ソリマ監督と、同じく前作の撮影監督のロジャー・ディーキンスに勝るとも劣らない見事な撮影で映像の質を落とすことなく引き続き物語に没頭させてくれた今作の撮影監督であるダリウス・ウォルスキーの手腕に感服させられた傑作。
 
 元々ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の中でもボーダーラインは一番好きな映画だったにも関わらず、今作のおかげで数あるシリーズものの映画としてもトップクラスに好きな作品になりました
 

余談

 
 途中自分たちが誘拐して監禁しているイザベルを今度はDEA(麻薬取締局)のフリをして救出しにきたかのような芝居をするというシーンがイザベルに対して悪質なドッキリを仕掛けているようにしか見えず、不謹慎にも笑いそうになりました。
 

麻薬カルテルを潰すため、ボリビアに派遣される特殊部隊が主役のゲーム

 

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ [Blu-ray]

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ [Blu-ray]