発光本棚

書評ブログ

発光本棚

完成度MAXファイヤー!・・・・・・とはいかず [OVA]『エロマンガ先生』〈レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20190412100939j:plain

PV

評価:70/100
作品情報
発売日 2019年1月16日
話数 全2話
アニメ制作会社 A-1 Pictures

短評

 
 TVシリーズ版に比べるとアニメとしての質が大幅に劣っており、オマケのファンアイテムと割り切らないとややキツイ完成度です。
 

予算が無かったんだろうなぁ・・・・・・

 
 本作は、前半が山田エルフ、後半は紗霧が主役という2話構成です。OVAなのでテレビシリーズよりも映像に磨きがかかっているのかと思いきやむしろその逆で、テレビシリーズの基準すらことごとく下回る内容にやや拍子抜けでした。
 
 前半の山田エルフのエピソードはモブキャラの顔が全員のっぺらぼうで手抜き丸出しとか、ところどころ背景が露骨に殺風景すぎて画面が寂しい箇所が多いとか、ダメな邦画にありがちな感動を押し付けてくるシナリオが若干鬱陶しいなど、数々の問題を抱えてはいるものの、それでもまだOVAとしてギリギリ及第点という質は保っています。
 
 しかし、後半の紗霧のエピソードに至ってはテレビシリーズの1話としてすら通用するかどうか怪しく、全編ムリやり時間を稼ぐだけの単調な描写に終始し、完成度が極めて低くガッカリでした。
 
 テレビシリーズで最も魅了されたラブコメのコメのほうを担うキレの良いドタバタ劇がほとんど描かれないのも残念でした。どちらかというとラブ寄りなテレビシリーズ後半のヒロインの個別エピソードのような作りでしっくりきません。
 
 それに一部変更が加えられているものの、テレビシリーズのクオリティを基準で作られているOP・EDアニメーションをほぼそのまま使用するせいで「テレビシリーズってこんなに絵が安定して動いていたんだなぁ……」と、余計完成度の落差が際立ってしまうのもあまり今作にプラスに働いているとも思えませんでした。
 
 しかも、テレビシリーズで最も異彩を放っていた紗霧の専属アニメーター制も廃止されており、キャラクターの細かい演技も普通の水準に落ち、今作は『エロマンガ先生』でないと堪能できない魅力というものが非常に希薄です。
 

最後に

 
 OVAと言っても、『ガールズ&パンツァー』の『これが本当のアンツィオ戦です!』のようなテレビシリーズよりもさらに情報を凝縮し高密度かつ贅沢にしたような出来ではなく、少ない予算を何とか無理やり騙し騙しこねくり回してこしらえたような強引さが目立つやや台所事情を察して気を使う一作でした。
 

余談

 
 テレビシリーズ版ではまったく気にならなかったのに、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』を見た後だと、主人公がキリト役の松岡禎丞さんで、同じラノベ作家である獅童国光がユージオ役の島崎信長さんなので、どうやってもこの二人が会話しているとキリトとユージオのやり取りにしか聞こえないという問題が生じます。
 
 ラノベ原作アニメで、他のラノベ原作アニメを連想させられるという歪さは、A-1ピクチャーズのアニメを見ているとたまに感じる、この世界にはまるでラノベ以外の娯楽は存在せず、世界は全てラノベを中心に回っているかのような薄気味悪さが余計濃くなります。
 

エロマンガ先生シリーズ

 
 
TOP