エンタメ不感症の患部に巻く包帯

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ

ノー・エスケープ 自由への国境 〈レビュー・感想・評価〉

トレーラー

 
評価:90/100
 
作品情報
公開日(日本) 2017年5月5日
上映時間 88分

短評

 
 砂漠や岩山という地味なロケーションにアイデアと工夫だけで映画の匂いを充満させてしまう手腕が見事。
 
 良くも悪くもあらゆるムダを削りシンプルに徹し過ぎたせいで、サスペンス映画にしてはややキレが足りないものの、その分映画として風格のある傑作に仕上がっている。
 

アメリカ・メキシコ国境で繰り広げられる小規模アポカリプト

 
 冒頭の日の出をバックに画面中央を小粒サイズのトラックが横切る「これぞ映画!」という、大自然と人間のちっぽけさを対比させるようなシーンであっさりとこの映画に心を鷲掴みにされました。
 
 この作品は映画のタイトル(原題:DESIERTO)が始まりと終わり(砂漠の入り口と出口)にほぼ同じスタイルで繰り返し表示されるという珍しい作りで、まるで冒頭で見る者に視覚的な暗示をかけ映画の世界に没頭させ、最後は現実へ帰すため暗示を解く仕掛けのようにも見えます。
 
 映画は、メキシコ人の不法移民者たちがメキシコ移民を敵視する暴力的なアメリカ人に人間狩りの的にされるというややジャンルもの的な題材から想像される出来とはかけ離れた完成度で、見る前はまさかここまで傑作だとは想像できませんでした。
 
 映画的な隙の無い風景の切り取り方や、車を走らせる際の絶妙な速度カメラの距離感のセンスと、全ての技術が一級で、正直映画として良く出来過ぎているせいで、若干サスペンス的な緊張感を削いでしまっている箇所があるくらい(襲撃者が発砲するシーンが絵的に納まりが良すぎてまったく怖く見えないなど)。
 
 そのためサスペンス映画として十分面白いは面白いものの、得体の知れない相手に人間狩りのターゲットにされるという話に必要な身の毛がよだつほどの絶望や恐怖を感じるかと言われるとわりと淡々とした印象で、やや物足りなさもあります
 
 襲撃者がライフルをやたら滅多に連射してしまうことで早くから銃撃に慣れ耐性が付いてしまうという問題や、終始一方的に逃げ続けるだけで、相手に反撃しようとして返り討ちに遭い、恐怖が加速するとか、タイムリミットがあって急かされるなど、シナリオ的なメリハリもなく、ここら辺はもう少し工夫が欲しかったです。
 
 特に、砂漠が舞台なので単純に飲み水が減っていくという部分を強調すればそれだけで緊張感を出せたのに、そうしなかった理由がよく分かりません。
 
 ただ、多少の刺激不足は否めないものの、ほとんど全カットと言っていいほど丹念に画面設計が行き届いているためしょぼさを感じる瞬間はほぼ無く、映像作品としての安定性はジャンル映画とは思えないほど高水準で見応えがあります。
 

罰が当たったガエル・ガルシア・ベルナル

 
 この作品はムダを排し切っているため主要キャストは数人ほどで、その中でも存在感があるのは主役と不法移民者を狩る襲撃者の二人(それと襲撃者が連れ歩く犬)だけです。
 
 襲撃者役のジェフリー・ディーン・モーガンは顔に見覚えがあるなと思ったらアメリカドラマのウォーキング・デッドのニーガンで、いつもバットで人間やウォーカーを滅多打ちにして殺しているのが、単にライフルでメキシコ移民を射殺するだけなので、正直存在感としてはウォーキング・デッドの濃さには及びません。
 
 メッセージ性を盛り込もうとしたため、メキシコ移民を敵視する排他的な貧しいアメリカ人という行動動機がすこぶる分かりやすい単純極まりない設定となってしまい、ニーガンのほうが何を考えているのか分からない分遥かにミステリアスで怖いです。
 
 主役のガエル・ガルシア・ベルナルは同じメキシコ人監督であるアレハンドロ・イニャリトゥ監督の映画を見ていると本作の印象がかなり変わります。
 
 イニャリトゥ監督のデビュー作であるアモーレス・ぺロス(スペイン語で犬のような愛)では飼い犬を他の犬と殺し合わせる賭け闘犬で荒稼ぎする考えなしの若者役。バベルでは親戚の叔母さんをアメリカとメキシコ国境の近くに置き去りにして逃げる無責任な若者と、まるで本作はこれら過去作でやってきた行いを踏まえて作っているようにすら見えます(犬に殺されかけたり、国境で死にかけたりと、過去作での酷い行いに対して罰が当たっているようにも見える)。
 
 人間の役者だけでなく、同じメキシコ映画で迫力ある闘犬シーンが特徴的だったアモーレス・ぺロス同様、ジェフリー・ディーン・モーガンが連れ歩く猟犬への演技指導も素晴らしく、ほとんど犬の立ち振る舞いの堂々とした迫力は役者と言っていいほど。
 
 正直アモーレス・ぺロスもガエル・ガルシア・ベルナルはじめとした人間の役者よりも犬の演技の細やかさの方が印象に残っているくらいで、本作を見ると相変わらずメキシコ映画の犬への演技指導の徹底ぶりに感心させられます
 

最後に

 
 舞台である砂漠と同様、映画の空気も乾燥気味でサスペンス映画としてはやや刺激不足なものの、終始映画の匂いが漂う映像は絶品で、大変楽しめました。
 
 

 

 

ノー・エスケープ 自由への国境 [Blu-ray]

ノー・エスケープ 自由への国境 [Blu-ray]