えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ

[アニメ]新世界より 〈感想・レビュー〉 新世界より届きし痛切な願い

f:id:chitose0723:20190119101021j:plain

PV

 
評価:100/100
 
作品情報
放送期間
2012年10月~2013年3月
話数
全25話
アニメ制作会社
A-1 Pictures

短評

 
 原作小説の魅力を手を替え品を変える映像的工夫で爆発させて見せた力作中の力作。
 
 ただ、ほとんどやり過ぎなまでにアニメ表現にこだわった弊害としてストーリー的には理解に支障をきたす部分も多々あり、決して見やすい作品ではない。
 
 それでも、原作小説の映像化としては文句なしの完成度で、超一級のサスペンス性を保ちつつ、見終わった後はやりきれないずっしりとした重い余韻が残る、テレビアニメの歴史に残ってもおかしくない大スケールSF巨編。
 

あらすじ

 
 世界中で超能力(サイコキネシス)に目覚める人間が誕生してから1000年が経った未来。
 
 舞台は、1000年前には茨城県神栖かみす市と呼ばれていた神栖かみす66町。。
 
 神栖66町は町全体が八丁標はっちょうじめという注連縄しめなわにより外の世界と隔てられた呪力(超能力)を使う人間たちの町で、悪人が一人も存在せず、犯罪自体が起こらない平和な町だった。
 
 しかし、そんな神栖66町で暮らす子供たちの間では奇妙な噂が囁かれていた。それは呪力を使えない子供はネコダマシという怪物にさらわれてしまうという怪談話。
 
 渡辺 早季わたなべ さきは、同い年の子供たちの中では呪力に目覚めるのが遅く、ネコダマシを目撃した経験があった。自分が中々呪力に目覚めないことで異常な不安を見せる両親、そして自分より呪力の目覚めが遅かった者たちの記憶がある時忽然と消え去り思い出せなくなるという違和感に悩まされる早季。
 
 そして早季は夏季キャンプの際、決して出てはいけない八丁標の外に出てしまったことをキッカケに知ることとなる。
 
 この神栖66町の大人たちはなぜ子供を過剰に恐れ、家畜のように管理するのか。そして、人類が超能力に目覚めてから1000年の間に世界がどの様に禍々しく変容してしまったのかを。
 

ツァラトゥストラではなく家路で始まる神を巡る物語

 
 冒頭は、タイトルの元であるドヴォルザーク交響曲第9番『新世界より』の第二楽章の編曲である『家路』の穏やかな旋律に乗せて繰り広げられる、物語の幕開けを告げる静かな殺戮の花火。
 
 その暴力から一転1000年の月日が経ち、遠き山に日が落ち、ムラサキ色に染まった夕暮れの田園風景の中、今度は夕方のチャイムとして流れる家路を聞いて帰路につこうとするのどかな子供たちのシーンへ。この音楽を橋渡しとする大胆な跳躍は、まるで映画の『2001年宇宙の旅』の冒頭のような厳かさで、そのあまりの堂々とした絵の佇まいに一瞬で魅了されました。
 
 この、絵によって見る者の言葉を奪うことなどたやすいと言わんばかりの自信に溢れる冒頭の数分に出会えただけで、この作品が映像化されて本当に良かったと思います
 
 監督であり、一話の神がかったコンテも描いた石浜監督は、本作と同じくA-1ピクチャーズ制作のアニメ版『グランブルーファンタジー』のシルエット使いが巧みで素晴らしいOPアニメーションを手掛けた人だと分かり、こんな天才的な映像センスがあるならグランブルーファンタジーのOPくらいは朝飯前だよなと納得しました。
 
 

 
 1000年後の未来が現在とどこか似ているようでしかし決定的に異質であるという様をムラサキ色の夕暮れで見せてしまう大胆さ始め、この世界がなんなのか肝心なところがうまく掴めないもどかしさ。家畜として飼育される足下がおぼつかない少年少女の不安の色が滲み出た張り詰めた空気。それら、言語化できない違和感を多種多様な映像表現だけできっちり見せ切ってしまう力量には圧倒されました。
 

火の鳥、デビルマン(漫画版)に匹敵する壮大なスケールと獣の奏者の隠蔽された暗黒の歴史との対面の興奮を一作に詰め込んだような贅沢な物語

 
 いきなり1000年の時が流れる目がくらむような物語のスケール。そして、現実に超能力者が存在し、それら超能力者一人一人が大量破壊兵器にすら匹敵する脅威を有していたら世界はどのように変質し、それら超能力者をどう管理するのかという設定。
 
 物語のスケールとSF的なディテールの追求がケンカせず奇跡的にうまく一処ひとところに納まり、お互いの長所を伸ばし合う理想の関係を築いている様は壮観そのものでした。
 
 遺伝子操作・思想教育による洗脳・記憶の改ざんと、あらゆる手段を用いて幾重にも超能力を他者に行使できないようストッパーが設けられてもそれすら万全にはほど遠く、常に超能力者が自分以外の超能力者の暴走を恐れ続ける歪な社会。
 
 そんな異常な世界を描きながら、しかし同時にそれはそのまま他者を恐れ遠ざけようとする現代社会にも通じるという高度なSF的な寓話が展開され興味深く見ていると、なんとラストはさらにもう一段飛躍。心をえぐられる事実を突きつけられ、拭い去ることの出来ないずっしりと重く痛い余韻を残すという、おおよそ物語というものに必要な要素は全て網羅しているのではないかと思うほどの完璧さで、見終わった後は茫然自失状態に陥りました。
 
 重厚な物語によるもたらされるずしんとくる余韻はもちろん、本作が凄いのは単純に面白すぎるという点です。
 
 自分がこれまで見た2クールアニメの中でも突出した中毒性で、全25話を僅か2日で一気見してしまいました(見始めたのが夕方だったので、もし朝から見始めていたら多分一日で見終わった)。こんな超ハイペースでアニメを見続けたのは多分生まれてはじめてです。
 
 食事や睡眠で視聴を中断されるのすら煩わしく、気が狂いそうになるほど続きが見たくて見たくて、もうこの作品を見ること以外は考えられなくなりました。
 
 病み付きになる中毒性と、心に深く深く突き刺さり決して抜けることはない・・・・・・しかし、その痛みによって得られる教訓こそがとても貴重なトゲを打ち込んでくれる寓話性を併せ持つ、映像・物語体験で、文句のつけようがありません。
 
 アニメ版を見終えて、そのまま間髪入れず原作小説も一気に読みましたが、アニメ版は細かい設定は大幅に端折られているものの、基本は原作遵守で起こる展開はほぼ同じな上に、そもそもアニメ版の出来は凄まじく高いので、別段アニメだけ見ても大丈夫です。
 
 

f:id:chitose0723:20190119105742j:plain

 

 原作小説は36歳になった渡辺 早季わたなべ さきの視点から、過去に起こった惨劇を振り返る回想という体で語られるのに対して、アニメ版はその部分はほぼ削られ、たまに思い出したようにナレーションが入る程度で、基本は子供の頃の早季の視点で時系列に沿って進みます。そのため、正直単純な物語として見るならアニメ版のほうがより感情移入しやすい作りです。
 
 ただ、原作を読むとアニメで一瞬だけ登場する生物に対して過剰なまでのボリュームの説明があったり、4話のミノシロモドキとの会話に出てくる過去のエピソードにアニメではカットされている大量のブラックユーモアが散りばめられていたり(2話の冒頭にある疲れて拍手を止めた100人を意味なく殺すというようなサクラ王朝の歴代の王が民を面白半分に虐殺した話が約4ページに渡ってしつこいまでに続くなど)と、アニメ版は小説に比べるとかなりマジメな作りになっているのだと分かり、少しだけ印象が変わります。
 
 もちろんアニメはアニメでただの小説のダイジェストに陥っているなどということはなく、原作ではあっさり済ませていた悪鬼と業魔に関しての説明を、適切な登場人物に朗読させるという巧みな構成になっており、原作を読むことでさらに的確な映像化の手腕を再確認でき、得る物が多かったです。
 

凄いものを目指し過ぎた反動

 
 全体としては超傑作なものの、細かい部分で問題点も多く、手放しで褒められるほど見やすくはありません。
 
 まず最も気になるのは昭和のアニメかと思うほど、ほとんど毎話ごと作画監督が変わる度に絵柄ががらっと変貌し、キャラの顔が別人と化すこと。『太陽の牙ダグラム』や『装甲騎兵ボトムズ』を思いだすほど作画監督ごとに絵柄の癖が強すぎて、最初は別のアニメが始まったのかと勘違いしました。
 
 同じくA-1ピクチャーズ制作のアニメ版『僕だけがいない街』のように原作の魅力をアニメ側が妨害しないようにアニメ的な過剰な表現を控え、物語の面白さを際立たせることに徹するという姿勢とは真逆で、原作の凄みに負けじと映像的に攻めて攻めて攻めまくるという姿勢で作られている弊害で、見やすさや安定性、説明描写は全体的に軽視されがちです。
 
 一応登場人物たちは記憶を改ざんされているという設定があるため、いちいち顔が変わるということに記憶の混濁という演出的な必然があると言えばあるものの、単純に癖が強い絵柄の回はどうしても見辛さを感じます。
 
 後、落ち着いた構図で描いて欲しいところを奇抜なイメージを先行させ過ぎたせいで何が起こってるのか分からなくなっている箇所があるとか、夜のシーンが本当に画面を暗くするせいでほとんど何も見えないとか、細かい不満をあげだすとキリがありません。
 
 ただ、絵的な部分はそういう問題が生じることを承知であえてアニメーターや作画監督に好きにやらせているだけなので、作品のコンセプトとして理解でき、それほどマイナスには感じませんでした。
 
 そもそも、本作は見辛さなどを凌駕するほどただ単純にメチャクチャ面白いので、ここまで面白ければ多少の問題は許容できます。
 
 見やすさを徹底するアプローチと、本作の様な絵的に攻め続けるアプローチと、どちらが正しいというワケではなく、選択した方法をどこまで妥協なく突き詰めて完成度を高められたのかという結果だけが大事で、その点においては本作の到達度に一切不満はありません。
 

最後に

 
 見応えがある映像に酔い、いい意味で尾を引く重苦しい余韻に想いを馳せと、この作品に出会えて心の底から良かったと思える力作中の力作。
 
 大作である原作小説がその魅力を最大限引き出してくれる映像作家に出会えた奇跡を堪能できる大変幸福な一作。
 

 

若葉の季節

若葉の季節

 

 

「新世界より」 一 [Blu-ray]

「新世界より」 一 [Blu-ray]

 

 

新世界より(上) (講談社文庫)

新世界より(上) (講談社文庫)