えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ

[アニメ]シドニアの騎士 第九惑星戦役(2期)〈感想・レビュー〉

f:id:chitose0723:20190110182315j:plain

PV

 
評価:80/100
 
作品情報
放送期間
2015年4月~6月
話数
全12話
アニメ制作会社
ポリゴン・ピクチュアズ

短評

 
 決して不出来というわけではないものの、一期に比べると全体的に作品の勢いが衰え、おとなしくなってしまった。
 

足りない、何かが致命的に足りない・・・・・・

 
 一期に比べ二期は日常ドラマパート、戦闘パートと両方練り込み不足で不満が残ります。
 
 何かが具体的に悪くなったわけではない。でも、満遍なく全要素からこだわりが失われた。具体的に問題点が掴み辛い・・・・・・結果、ずっと物足りなさというノイズに悩まされ本編にあまり集中出来ませんでした。
 
 原因は、
 
・監督が交代して重視するポイントがずれてしまった
・キーとなるクリエーターが他作品に取られた
・一期に比べるとスケジュールがややきつめで、脚本・演出ともに細部を作り込む時間が足りなく甘さが残ってしまった
・アイデアを出し尽くしてしまい小手先のテクニックに走ってしまった
 
 などなど、考えられる仮説が多岐に渡り、原因が特定できず終始もどかしかったです。
 
 中毒性は一期に比べやや後退したものの、それでも先が気になり視聴を止められない・・・・・・でも、それは単純なクリフハンガーだけでほぼ一過性に過ぎずすっきりしない。
 
 戦闘シーンも相変わらずハイスピードバトルに迫力があり、手に汗握る・・・・・・でも、脚本が弱いため、絵的な派手さだけで盛り上がりに欠ける。
 
 キャラクター同士のやり取りも、一期が軽いラブコメタッチだったのに対し、二期はやや不快なハーレム要素が増してしまった。
 
 一期では作品を支える柱だった箇所がことごとく強度不足に陥り、グラグラしていて安定性に欠けます。
 
 他にも構成の巧みさでグイグイ引っ張っていたドラマが、強引に感情で押し通すだけの雑な作りになった。
 
 シドニアという守るべき場所の描写が極端に減り、話の目的が常にふわふわしている。
 
 主人公が話の本筋から切り離され常に蚊帳の外なため、主人公周りの描写がほぼ無駄なエピソードだらけになった。
 
 危機的状況の作り方が場当たり的で浅く、イマイチ緊張感が出ない。
 
 個ではなく群として描かれていたロボット描写がただのエースパイロットが活躍して単機で敵を撃墜しまくる凡庸なものになってしまったなど、不満は尽きず。
 
 最も大事な見せ場であるラストの決戦も一期とは比べ物にならないほどグダグダで、大量のザコ敵と戦う→強敵との戦闘→また同じ大量のザコ敵が出現と、同じシチュエーションを繰り返し、一期の危機的状況がエスカレートし続ける極上のスリルはどこに消えてしまったのかと思うほど単調でした。
 
 それに、自分的に一番許せなかったのがコミカルなシーンにコミカルな音楽を重ねて流すようになってしまった点。
 
 すでに絵的に笑いを誘えているのに余計な音楽を足してしまったせいで説明過剰で押しつけがましく、弐瓶勉作品の味である抑制の効いたやや間を外すようなユーモラスなやり取りが安っぽくなってしまい最悪でした。
 

最後に

 
 ラストが物語の途中でいきなりぶつ切りで終わっているなど、一期に比べると不満が多いものの、それでも並みのロボットアニメよりは格段に面白いです。
 
 一期に気合いを込め過ぎたせいでハードルが上がり切って、逆に続編が物足りなく感じてしまうタイプの二期の典型。
 

シドニアの騎士シリーズ

 

「シドニアの騎士」「シドニアの騎士 第九惑星戦役」Blu-ray BOX

「シドニアの騎士」「シドニアの騎士 第九惑星戦役」Blu-ray BOX