えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

えんみゅ~

[アニメ]蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 〈感想・レビュー〉 サンジゲン渾身の傑作潜水艦アニメ

f:id:chitose0723:20181221120410j:plain

PV

 
評価:85/100
 
作品情報
放送期間
2013年10月~12月
話数
全12話
アニメ制作会社
サンジゲン

短評

 
 サンジゲンのセンスの良さが炸裂する傑作セルルック3DCGアニメ。
 
 作り込んだモデリングを何度も使い回せるCGアニメの利点を生かした風格漂う艦船の迫力と、アニメーターの作画のリズムやテンポをコマ数を落としたCGで再現するキレの良いアクションという、手描きアニメとCGアニメをハイブリッドした作風が新鮮。
 

あらすじ

 
 時代は地球温暖化によって海面が上昇した近未来。
 
 突如世界中の海に出現した第二次世界大戦時の軍艦を模した無人の艦船群、通称霧の艦隊により、人類は制海権を奪われ、陸地に押し込められてしまう。
 
 海上を封鎖されたことで各国の政治・経済は崩壊し、世界は衰退の一途を辿るばかりであった。
 
 そんな疲弊し切った現状を打破したいと願う士官候補生の千早 群像(ちはや ぐんぞう)は、拿捕され長らく活動を停止していた霧の潜水艦・イ401の眠りを覚ます。
 
 霧の裏切り者であるイ401のメンタル・モデル(霧の艦が人間の姿を模して作ったインターフェース)イオナの協力で霧に対抗できる力を得た群像は、人類とも霧とも異なる独自の方法で事態の解決を図ろうと、霧の艦隊が支配する大海へと出航する・・・・・・。
 

サンジゲン凄い!

 
 放送順は逆なものの、アニメ版の『ヘヴィーオブジェクト』を見た際にサンジゲンのCGワークに興味を持ち、その後サンジゲンの設立者であり代表の松浦裕暁さんの本を読んだ直後に本作を見るという、ヘタをしたらリアルタイムで見るよりも最高のコンディションで臨めました。
 
 

f:id:chitose0723:20181221115104j:plain

 

 本作を見ていて強く感じるのはやはり作り手たちの勉強熱心さと、手描きアニメへの敬意です。
 
 手描きアニメのデフォルメやけれん味の魅力を徹底的に調べ尽くし、それらを全てCGアニメの動きに生かしているため異化作用のようなものが起き、CGアニメを見ているのに手描きアニメっていいなぁというねじれた感想を抱いてしまいます(ゲームで言うと最先端のCGを使ってドット絵の温かみを再現するような感じ)。
 
 劇中の人間と霧がいがみ合うのではなく、お互いに歩み寄り共存の道を探るというテーマも、そのまま手描きアニメの持ち味とCGの利点の融和を図るサンジゲンの姿勢にそのまま合致するため、初単独TVアニメ作品が蒼き鋼のアルペジオという選択は、あらゆるピースが見事にハマる、奇跡的な相性の良さだと思います(ここら辺の作り手の問題意識と作中のテーマをシンクロさせるのはガイナックスっぽい)。
 

リズミカルに艦が踊り、縦横無尽にミサイルが舞う、そんな幸せな時間

 
 本作の最大の魅力は全編に渡り徹底されたキレの良さです。
 
 ややおっとり気味に見えるキャラすらも早口で喋らせる、もたもたと間延びすることを許さないキレの良い会話劇。
 
 もはや画面内の何百カ所が光っているのか分からないような暴力的な量にもかかわらず、きちんと管理が行き届き、場面場面の印象を強化して見せるキレの良いエフェクト。
 
 個々のキャラクターのパーソナルカラーを印象付けるという役割も果たす、シンプルながら飽きないメンタル・モデルのリング状のインターフェース使いのキレと、細部まで計算が行き届き無駄がありません。
 
 中でも、ダンスをするようなメンタル・モデルと艦船のキレの良い動きのシンクロっぷりは見ていてうっとりさせられました。ミサイルハッチがリズミカルに開閉し、ミサイルがテンポよく飛翔していく様はまるでミュージカル映画のような快感があり、癖になります。
 
 艦船は静止している際はCGによる細部の作り込みの細かさやレイアウトの効果でどっしりとしていて風格があるため、アクションになり途端に軽快に動いても安っぽく見えません。
 
 静止状態と運動状態のメリハリの利いた見せ方は、ガイナックス作品のタッチを連想させられます。この部分は、本作の特徴である新しいことに挑戦しているのに同時に懐かしさや過去の傑作へのリスペクトも感じさせ、見ている最中は常に幸福感に包まれっぱなしでした。
 

ヤックデカルチャー

 
 全体としては優れた要素が圧倒的に上回るものの、気になる箇所もあります。
 
 まず、別段本作に限った話ではないものの、ほとんどハーレムに近いようなラブコメ部分が若干ノイズなことです。
 
 やっていることは初代のTVシリーズ版の『超時空要塞マクロス』におけるミリアと同じで、自分を打ち負かした相手に執着し、最初は憎しみや怒りだった感情が徐々に恋心に変わっていくというラブコメチックな展開なのに、本作の場合は相手が負けた瞬間いきなり主人公にメロメロな状態になるため、最初何が起こったのか理解できませんでした。
 
 つい先ほどまで人間を殺す気満々だった霧のメンタル・モデルが主人公に負けた途端に人と霧という種も、陣営の違いも通り越し、味方の霧の艦隊を裏切ってまで惚れた主人公の元に押し掛けるという展開が急すぎて不自然極まりないです。
 
 人とは異なる未知の存在と戦っている最中に、いきなりアニメ版の『ソードアート・オンライン』の一期のような出会った相手が強引に主人公に惚れるという展開が挟まれると、設定上余計に混乱させられます。
 
 エピソードに割ける尺の違いはあるものの、30年以上昔の初代マクロスより似たようなラブコメ展開の質が後退しているのはどういうことなんだと虚しくなりました。
 
 さらに次の問題はコレよりも深刻なものです。
 
 TVシリーズの総編集版でもある劇場版のDC(ディレクターズ・カット)を見ていたら、唐突に本作の構造上の重大な欠陥に気付きました。
 
 それは潜水艦ものとしての戦術の読み合いを楽しむという魅力と、敵である霧のメンタル・モデルたちが自由意志に目覚めていくという内容がほとんど噛み合っていない点です。
 
 人と霧が協力すればそれまで誰も思い付かなかった斬新な戦術が生まれ、より強大な霧にも打ち勝てる。それゆえメンタル・モデルは予想を覆され、敗北するはずのない相手に敗れたことでショックを受ける。
 
 本作は、この人間の奇抜な発想や人と霧との連携こそが敵を打ち破る鍵となるという部分にカタルシスを置こうとしているにも関わらず、後半はそれがうまく機能していません。
 
 激しい感情の込められた霧の攻撃を、人間側が思いの丈をありったけ込め死に物狂いで編み出した戦術で受け止め跳ね返すという作りになっておらず、だだ洩れの感情のぶつかり合いという安易な勢い任せな決着の付け方をしてしまうため、戦闘自体は派手なものの胸に響くような深い感動がありません。
 
 潜水艦ものとしての、互いの行動の数手先を読み合うクールな頭脳戦の興奮と、霧のメンタル・モデルが自由意志を獲得するエモーショナルな展開を完璧に一致させるような作りに出来ていたらもっと作品に磨きがかかっていたのに、ここは非常に勿体ないです。
 

最後に

 
 多少の欠点はあるものの、単純な作品の完成度とはまた別種の、アニメ版の『爆走兄弟レッツ&ゴー』のような「これを作っている人たちは自分たちの作品の凄さに興奮しているんだろうな」という作り手の高揚感混じりの息遣いが感じられる作品で見ていて幸せでした。
 
 潜水艦ものとしても傑作。フルCG(と言っても手描きの背景がやたら目立つのでそこまでフルCG感はない)のTVアニメとしても傑作。TVアニメの歴史を変えてやるという気合いがこもったサンジゲンの初単独アニメとしても傑作と、これを見ると一発でサンジゲンが好きになるどこを取っても魅力溢れる傑作!
 
 
 サンジゲン凄い!!

 

 

 

蒼き鋼のアルペジオ 01 (ヤングキングコミックス)

蒼き鋼のアルペジオ 01 (ヤングキングコミックス)

 

 

アニメを3D(サンジゲン)に! (星海社新書)

アニメを3D(サンジゲン)に! (星海社新書)