エンタメ不感症の患部に巻く包帯

ゲーム、アニメ、海外ドラマ、映画などの、エンタメ作品総合レビューブログ

[アニメ]Another(アナザー)〈感想・レビュー・評価〉 その教室には死者が紛れ込んでいる・・・・・・

f:id:chitose0723:20181209115417j:plain

PV(このPVはダサイものの、本編はしっかりしている)

 
評価:80/100
 
作品情報
放送期間
2012年1月~3月
話数
全12話
アニメ制作会社
P.A.WORKS

短評

 
 刺激的な流血シーン多めの残酷な作風なものの、ホラーアニメとして寒気がするような雰囲気作りに成功しているのと、画面映えするヒロインの突出した魅力で、映像作品として優れた完成度を誇る。
 
 スロースターター気味なため序盤がやや退屈だが、中盤以降話が一気に転がりだすと面白さが増す。
 

あらすじ

 
 時代は1998年。主人公榊原 恒一(さかきばら こういち)は、東京の中学からすでに他界した母の実家がある夜見山(よみやま)市内の夜見山北中学校3年3組に転入する。
 
 夜見山北中学校3年3組はある恐ろしい怪現象に悩まされていた。
 
 それは数年に一度クラスの人数が知らぬ間に一人増えてしまうこと。怪現象が発生する年は3年3組の関係者が決まって悲劇に見舞われていた。
 
 クラス内で増える一人はかつて3年3組の生徒だったがすでに亡くなっている死者。死者は自分がすでに死んでいるという記憶すら失っており、誰が生者で死者なのか見分けが付かない。
 
 一体3年3組の誰が死者なのか? そもそも、自分は生者なのか、それとも死んだことを忘れているだけの死者なのか・・・・・・。
 

この惨劇は怪奇現象か? それともただの偶然の事故か?

 
 本作に似たアプローチの作品を挙げると映画のオーメン(一作目)やローズマリーの赤ちゃんファイナル・デスティネーション、など。次から次に人が凄惨な死を遂げるものの、呪いによって死んでいるようにも見えるし、単に偶然の事故で死んでいるだけとも取れるというタイプのパラノイア的なホラーミステリーです。
 
 この、死に様がオカルトでも事故でも両方成立するという、双方のラインのギリギリ中間を常に射貫き続けられる演出のバランス感覚は最後の最後まで持続・・・・・・どころか、見終わっても結局個々の事件が一つも呪いか事故なのか区別が付かないため、良い意味でホラー的に後味が悪く、完成度が高いです。
 
 疑心暗鬼が疑心暗鬼を生むという話の設定がそうである以上に、映像のちょっとした間の取り方や画面の構図が巧みなおかげで、怪奇現象に見え過ぎず、かつ偶然の事故として片付けるには不自然さも残るため、最後まで気持ちよくどちらなのか悩み続けられます。
 

ゲーム的なフラグ探しの面白さ

 
 夜見山北中学校3年3組に起こる怪現象には、リングにおける呪いのビデオのように一定の法則性があり、この法則をトライ&エラーで絞り込んでいくというアプローチが非常に楽しいです。
 
 例えると、ハンター×ハンターのグリードアイランド編で超レアな一坪の海岸線のイベントが意図せず発生し、なぜこのイベントが始まったのか、自分たちの前後の行動からイベント発生フラグを割り出していくような感じ。
 
 3年3組の悲劇はもう何十年も続いており、その数十年分の出来事のアーカイブが学校に保存されています。それを参照しながら、ある行為をしたら現象を止める効果があった年と無かった年があり、その行為を成立させるための条件が何なのか過去の生徒の行動や記録からヒントを探っていきます。
 
 記録には過去に生徒が起こしたがむしゃらな行為によってまるでセレンディピティのように偶発的に発見された悲劇を回避する法則のヒントがすでに蓄積されています。しかし、それらがどんな条件下でなら確実に効果を発揮するものなのか、確かなことは不明な状態です。
 
 なので、イベントを一から発生させるのではなく、すでに過去に偶然観測された、効果は判明しているものの発生条件が曖昧な悲劇回避イベントのフラグをひたすら探して回るという目的が分かりやすい作りで、退屈しません。
 
 しかも、本作は映像作品として足腰がしっかりしている分、ややフィクショナル過ぎるルール設定があっても土台のホラー部分はびくともせず、安心して謎解きに没頭でき、抜かりがありません。
 

非の打ち所がないホラーヒロイン

 
 ヒロインである見崎 鳴(みさき めい)は、画面への納まりがいつ如何なる時でも美しく、映っているだけでひんやりとした空気が漂い映像の温度をホラーとして相応しい適温に下げてくれ、ホラーアニメのヒロインとしてはほぼ完璧と言っていいほど。
 
 このヒロインは設定上、他の登場人物とは異なる雰囲気を生じさせなくてはならないという制約があるため、画面に映るあらゆるシーンの力の入れ様が他のシーンとは比べ物にならず、扱いも印象も別格です。
 
 ホラーというジャンルの要請によってヒロインの特殊性が強められ、その結果作品そのものもより輝きを増すという、ホラーというジャンルとヒロインがお互いの価値を高め合う理想的な関係を築けています。
 
 登場するだけで静かな緊張を走らせる、触れても体温があるのかどうかすら怪しい人形然とした佇まいは本作の空気をぐっと張り詰めさせ、作品の魅力に最も貢献しています。
 

スロースターター気味のストーリー

 
 本作の魅力でもあり弱点でもあるのが、全てをオチから逆算して作ったのであろう、びっちり伏線で埋められた構成です。
 
 このせいで、最後まで観終わってから初めて意味が分かるような描写や人物間のやり取りが序盤から大量に存在し、初見時は描写が不自然でしかなく、かなり退屈に感じる瞬間が多めです。
 
 ジワジワと体に浸透するようなパラノイア的な恐怖を表現しようとしているためか、とにかく序盤はゆったりと進み、ようやく事件が起きるのが中盤に差し掛かったあたり。一度事件が起き始めると後は勝手に面白くなるためそれ以後は不満は消えるものの、いくらなんでも1クールで全12話しかないのに序盤がのんびりしすぎです。
 
 ヒロイン以外のキャラクターは主人公も含めかなり薄めで、キャラの魅力で持たせるということも不可能なため、話が本格的に始動するまで多少の我慢を強いられます。
 

最後に

 
 結局、終盤は水島努監督の過去作であるBLOOD-Cと同じような血みどろ展開(しょうもないドンデン返しのほうは無し)にひた走るので若干既視感を覚え、かつホラーなのであまりスッキリする終わり方ではなく後味も悪いものの、トータルとしては非常に良くできたホラーミステリー。
 
 それに、単純なアニメとしての完成度とはまた別に、映像に不思議な官能性があり深く印象に残りました。
 
 
Another コンプリートBlu-ray BOX

Another コンプリートBlu-ray BOX

 

 

Another(上) (角川文庫)

Another(上) (角川文庫)

 

 

Another(下) (角川文庫)

Another(下) (角川文庫)