エンタメ不感症の患部に巻く包帯

ゲーム、アニメ、海外ドラマ、映画などの、エンタメ作品総合レビューブログ

[アニメ]がっこうぐらし! 〈感想・レビュー・評価〉 日常系サイコほのぼのコメディ

f:id:chitose0723:20181205143102j:plain

OPアニメーション

 
評価:80/100
 
作品情報
放送期間
2015年7月~9月
話数
全12話
アニメ制作会社
Lerche(ラルケ)
 

短評

 
 日常系ほのぼのコメディタッチの作風を軸にしつつ、回を重ねるごとに面白さのポイントを微妙にスライドさせていく巧みなシリーズ構成で最後まで飽きない。
 
 斬新なシチュエーションの作り方や、スリルのある会話劇など、総じて刺激に走りそうな作風にもかかわらず、最後は青春ものとして綺麗に幕を引く、過激に始まり爽やかに終わる品の良さも魅力。
 

多重視点を利用した高度な脚本

 
 本作の最大の魅力はなんといっても奇抜としか形容のしようのない異常過ぎるシチュエーションの作り方と、その環境下で繰り広げられる視点が入り組んだ構造のドラマです。
 
 見ている最中は常に複数の視点を意識しながら画面に映る情報を処理し続けなくてはならず、日常系ほのぼのコメディタッチな作風とは裏腹に、常時頭がフル回転状態なため良い意味で疲労が蓄積します。
 
 ハッキリ言って本作はこの脳に負荷が掛かり続けるシチュエーションを発明しただけで成功していると言っても過言ではないほど。
 
 それ以外にも、時系列を前後させることによって当初キャラクターに抱いた第一印象を巧みにズラしたり、シチュエーションを利用した高度な会話劇がちょいちょい挟まれたりと、脚本周りは非常に凝っており、見応えがあります。
 
 特に、視点が複数あることを利用した、えげつなさすら感じさせる、冷や汗かきまくりな会話のスリルは、ほのぼのしたトーンとのギャップで切れ味が抜群。愛する人を失ったばかりの人の目の前でいきなり恋バナを始め出した時は見ているコッチが凍りつきました。
 
 単純なスリルを覚える会話以外にも、話を聞いていてこの会話内容をどう受け止め、どう処理していいか分からないという、極めて言語化し辛い感情に苛まれる瞬間が何度かあり、心を静かに揺さぶられます。
 

Lerche(ラルケ)&安藤正臣監督の作風

 
 放送順は逆ですが、本作と同じラルケ&安藤正臣監督のクズの本懐を先に見ていたので、同じアニメ制作会社だなとは思いつつ、設定もリアリティラインも何もかも異なるので当初はそこまで関連性を見出すこともありませんでした。
 

 
 しかし、最後まで見終えると、「あれ? この余韻どこかで味わったことあるぞ・・・・・・そうだ、クズの本懐と同じだ!」と、作品から受ける印象で二つの作品が結びつきました。
 
 序盤は過激な設定や展開で興味を惹きつつ、でも最後は登場人物たちが二度と昔の平穏で幸せだった状態には戻れないという苦味を含んだ成長を遂げ、新たに人生の一歩を踏み出し爽やかな余韻で終わるというまったく同じ感触を伴う終わり方で驚かされました。
 
 日常系ほのぼのコメディ的に始まり、衝撃展開を複数回挟みつつも、最後はしっかり青春ものとして痛みを伴った成長を遂げさせ話を締めるという、序盤に作品に抱く印象と、見終えた後の印象がまるで異なるという点はジャンルは違えどクズの本懐という作品への印象の変化と完全に一致しています。
 
 こんな衝撃的なシチュエーションを優先して作ったような作品でもしっかり自らの子供部分と向き合い、己の幼さを葬り、大人へと成長し、もう後ろは振り向かず前に歩み出すというプロセスをしっかり入れ込むという作り手のマジメさに胸を打たれました。
 
 本作とクズの本懐の二作を見たことで、ようやくラルケ&安藤正臣監督の作風がなんとなく掴め、なぜ自分がクズの本懐にあれほど惹かれたのか理由が分かりスッキリしました。
 

不満あれこれ

 
 基本コンセプトなので仕方がないと言えばそれまでなものの、どうやっても会話にスリルのない、単に日常系的なほのぼのコメディタッチなパートのゆるさが退屈な点。
 
 このほのぼのとした平穏な時間が後々貴重な想い出になるため絶対に必要な描写な上に、伏線として機能するやり取りもそこここに混じっているため一概にムダとは言わないものの、とにかく中身が無さ過ぎる上に見せ方のセンスもイマイチなので若干キツイです。
 
 アニメ版の四畳半神話大系のようなあらゆる他愛もない描写がメチャクチャ面白いとか、そこまでの水準にしろとは言わないものの、もう少し頭を使う、多少の緊張感を孕んだ会話劇の頻度を上げてくれないとダレてしまいます。
 
 ギャップを生じさせるためにあえてと言うにも、もう少し会話の情報密度を上げるか、会話自体はほのぼのしていてもちょっとした画面の構図で会話の意味合いを捻じ曲げ続けるなどの工夫が欲しかったです。
 

最後に

 
 衝撃的な一話で幕を開けるものの、最後は苦い喪失の果てに成長を遂げるという青春ものとして至って健全な着地を見せ、当初の予想を遥かに超える爽やかな余韻が堪能できました。
 
 単体作品としてスリル満点で飽きさせない面白さはもちろん、ラルケというアニメ制作会社への印象もぐっと向上するほど清々しい姿勢が貫かれた両得な作品。
 

余談

 
 OPのクレジットの文字が小刻みに揺れる(蠢いている?)のがなぜか眺めていて超気持ちよくクセになるため、ノンクレジット版よりクレジットありのほうが魅力的という不思議なOP。
 
 
はじまり

はじまり

 

 

がっこうぐらし!Blu-ray BOX(スペシャルプライス版)

がっこうぐらし!Blu-ray BOX(スペシャルプライス版)

 

 

がっこうぐらし! 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

がっこうぐらし! 1巻 (まんがタイムKRコミックス)