エンタメ不感症の患部に巻く包帯

ゲーム、アニメ、海外ドラマ、映画などの、エンタメ作品総合レビューブログ

Bloodborne(ブラッドボーン)〈レビュー・感想・評価〉 これはゲームではなく、美や狂気という概念そのもの

トレーラー

 

評価:120/100
 
 
作品情報
ジャンル
アクションRPG
発売日(日本国内)
2015年3月26日
開発(デベロッパー)
フロム・ソフトウェア
SCEジャパンスタジオ
(現 SIEジャパンスタジオ)
開発国
日本
 

短評

 
 デモンズソウルダークソウルの高難易度アクションRPG路線を継承しつつ、ホラー小説家H・P・ラヴクラフトのクトゥルフ神話のようなコズミックホラー要素と新システムの追加で、これらの作品と似て非なる、より手が付けられない最良の作品に仕上がっている。
 
 血に酔うような戦闘の中毒性。ヤーナムという悪夢のような舞台の魔性の魅力。精巧を極め美しく相互作用するシステム。全てが最上。全てが完璧。全てが悪魔的。
 
 この至上の悦楽を記すことのなんとバカバカしいことか。
 
 

f:id:chitose0723:20181128180554j:plain

獣と血と狂気の匂いが充満する古都ヤーナム、あぁ狂おしきかなヤーナム

 
 本作よりも発売日が後のダークソウル3を先にクリアしていたので、始める前はもしかしたら発売順にやっていたら気にならなかった些細な点が引っかかるかもと不安でしたが、ただの杞憂に終わりました。
 
 結論から言ってしまうと、このゲームの魅力はソウルシリーズを完全凌駕しているので、大傑作だったダークソウル3の印象すら霞んでしまうほど。
 
 物語の語り口としては初代バイオハザードを思わせる、具体的な説明は最低源にとどめ、プレイヤーがあちこちで見聞きした情報の断片を繋ぎ合わせていくと置かれている状況の背景が立ち現れるという作りで、非常に上品です。
 
 ソウルシリーズに比べると世界観がコズミックホラーテイストなので非常に視覚的に分かりやすく、しかも普通のゲームだとあちこちに散らばり回収が手間な話の理解に必要な情報が記された書類などのドキュメントの類がほぼアイテム説明欄に統合されている作りも相まって、物語が自然と体に染み込んできます。
 
 序盤から度々見舞われる説明の付かない不可思議な現象。ちらほら散見される、通常の敵と比べると明らかに別種の雰囲気を纏った異物。少数だったそれら異形のモノが徐々にその個体数を深刻に増していくことで生じる拭い去れない不安・・・・・・それら違和感に擬態していた狂気が厳かにベールを剥ぎ取られる瞬間、人智の及ばぬ光景と対面させられ、脳髄が甘く痺れ、恍惚とし、この作品に囚われてしまいました。
 
 フロムの得意とするゲームプレイを停滞させないまま、プレイヤーの想像力を最大限活用するストーリーの語り口が極限まで磨き抜かれており、空に妖しく浮かぶ月や、死に際の様相を克明に留めた死体など、物言わぬはずの存在が事態を雄弁に物語る様はゲームにおけるストーリーテリングの一つの完成形を目の当たりにするようです。
 
 この狂気の世界に足を踏み入れ、精神を蝕まれるのがなんと甘美なことか。
 
 

f:id:chitose0723:20181128184025j:plain

 

f:id:chitose0723:20181128181618j:plain

 

f:id:chitose0723:20181128180504j:plain

 

f:id:chitose0723:20181128181356j:plain

 

f:id:chitose0723:20181128181423j:plain

獣狩りの夜 血と月光を浴びた狩人は人と獣の境界を越える

 
 ゲームとしての構造はほぼソウルシリーズを踏襲しており、チェックポイントである篝火が本作では単に灯りとなり、経験値&お金であるソウルは血の遺志という名称に変えられているだけで、ソウルシリーズをやっていればすんなりシステムに馴染めます。 
 
 

f:id:chitose0723:20181128180317j:plain

 

 ソウルシリーズと異なるのは右手に変形する仕掛け武器・左手に盾ではなく銃を持つという、本作の特異さを象徴するような、攻守のバランスを欠いた両手に凶器を携えるより戦闘的なスタイルになった点。
 
 

f:id:chitose0723:20181128182156j:plain

 
 これにより盾によるガードが排され、ほぼディフェンス面は高速な回避行動と銃を使って相手の隙をつくカウンターに集約されることに。
 
 他には、リゲインというダメージを喰らった直後に敵に反撃すると失ったライフを一定量回復できるという非常に攻撃的なシステムが採用されている点。回復アイテムが篝火で無限に補給できるエスト瓶では無く、輸血液という消費アイテム制になりシビアさが増した点、など。
 
 正直、最初に触れた際はソウルシリーズのヒット&アウェイを中心に小綺麗に立ち回る整然とした作りに対し、強引に避けたり攻めたりと、少しばかり雑で乱暴になったなという印象でした。
 
 ただ、ヤーナムという環境に一度順応してしまうと、血を摂取するのが回復という本作の設定を踏まえ、傷ついた狩人が返り血を浴びて己を癒すリゲインや、獣と化し理性を失い狂ったように突進してくる敵を左手の銃で迎撃するカウンター、エスト瓶に比べると高速で使用でき、素早い獣との戦闘のテンポを殺さない輸血液など、実はヤーナムという特殊な舞台に即した仕様変更でもあることが分かり、むしろ好ましいくらい。
 
 狂気というテーマを扱うなら、本当にゲーム上に狂気を顕現させる。狩人が獣狩りに酔うという設定にするなら中毒性を増してプレイヤーを戦闘の快感に酔わせる・・・・・・と、フロムはコンセプトとゲーム体験を完全一致させる途方もなく達成困難な課題をさも当然のようにこなしてしまっており、改めて底知れぬゲームセンスに戦慄が走りました。
 
 血に酔い、薄汚い獣どもの臓物をえぐるのがなんと官能的なことか。
 

興が削がれる侵入者

 
 不満としては微々たるものの、本作で一番気になったのが、終盤のステージに配置されている、他のプレイヤーを侵入させようとする敵の存在です(オフラインモードだと出現しない)。
 
 自分は例外はあるものの、ゲームで他のプレイヤーと勝ち負けを競い合う行為が基本は好きではないので、対人戦を強要させられるのはストレスであり不愉快でしかありません(カードゲームなど、最初から対戦用としてのみ存在するようなものは除く)。
 
 こちら側が望んでいないのにも関わらず勝手に侵入されPvPをさせられるという点は、デモンズソウルの頃から一貫して嫌いでしたが、本作も同様。
 
 てっきり他のプレイヤーを招くアイテムがあるので、それを使わない限り侵入されることはないのだろうと油断していましたが、終盤のステージで他のプレイヤーが突然侵入してきて何も分からないまま瞬殺される事態に。
 
 狩る側から狩られる側への立場の逆転は、これ以上狩りに酔うなという作品からの警告なのか・・・・・・。
 
 元凶の敵を一度倒してしまえばその周回では復活しない(二周目にはまた復活してしまう)ため、脇目も振らずに一目散で片付けてしまえば侵入は回避できるものの、出来ればオンラインモードでも望まない対人戦を強要させられるようなことはして欲しくありませんでした。
 

最後に

 
 クリアまで約20時間強ほど。DLCのボスを全て撃破するまで約7時間ほど(3体ほどラスボス級の強さのものがおり、ほぼこの3体だけで時間を喰う)。
 
 ただただ面白さをマジメに追求し尽くした結果、人間の美的感覚の極限を見せつけられるような、作り手の狂気のセンスが人ならざるものの領域にまで及んでしまっている奇跡の作品
 
 良かった・・・・・・こんな最高の作品に出会えるなんて、ゲーム好きで本当に本当に良かった。
 
 フロムはなんという作品をこの世に生み出してしまったのか。もはや罪だ。
 

ダークソウルシリーズ

ソウルライクゲーム

センスの良いストーリーテリングをしているゲーム

 

Bloodborne The Old Hunters Edition 通常版 [PlayStation4]

Bloodborne The Old Hunters Edition 通常版 [PlayStation4]