えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、書評、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

超弩級巨大兵器に生身の工兵が立ち向かう [アニメ]「ヘヴィーオブジェクト」 〈感想・レビュー〉

f:id:chitose0723:20191107221608j:plain

PV

評価:80/100
作品情報
放送期間
2015年10月~2016年3月
話数
全24話
アニメ制作会社
J.C.STAFF
3DCG制作
サンジゲン

短評

 
 3DCG部分を担当するサンジゲンの力量も相まって、巨大兵器vs工兵という設定的にも絵的にもシチュエーションが新鮮。
 
 間断なく繰り出される舌を巻くほどの兵器や作戦のアイデアの物量は圧巻。

 

あらすじ

 
 国連が崩壊し、国家が破綻し、国境が消滅した近未来。
 
 世界は正統王国、資本企業、情報同盟、信心組織の四大勢力に別れ、互いの支配権を奪い合う戦争が常態化していた。
 
 オブジェクトという従来の兵器を超越し、核攻撃の直撃にすら耐え抜く巨大兵器の登場が、戦争をオブジェクト同士だけをぶつけ合い無駄な戦死者を出さないクリーンな戦争へと変貌させる。
 
 そんなクリーンな戦争に慣れ、弛緩し切った戦場で、正統王国軍に所属する怠け者コンビ、エンジニアを目指す派遣学生クウェンサーと、レーダー分析官であるヘイヴィアの二人は、図らずも生身でオブジェクトという怪物兵器と対峙する羽目になり・・・・・・。
 

アーマードコア フォーアンサーのアームズフォートvsアームズフォートな、巨大兵器がぶつかり合うことが日常の世界

 
 本作の正面からぶつかっても100%勝ち目のない敵に機転で挑むというコンセプトのアニメで言うと、こちらはロボットアニメですが『アルドノア・ゼロ』が非常に近いです(本作の原作小説はアルドノア・ゼロよりも遥か以前に書かれている)。
 
 ただ、アルドノア・ゼロのような月と火星で発見された古代文明の技術を兵器に転用した、現代科学を遥かに超越する魔法のような技術(次元バリアで機体を覆い全物理攻撃を完全遮断する、半径1キロメートル以内の分子運動を停止させあらゆる物質を凍らせる能力、など)を持った『エヴァンゲリオン』の使徒のような化け物ロボットは出てきません。
 
 オブジェクトという巨大兵器の設計者を目指すエンジニアであり工兵でもある主人公が、あくまで現代科学の延長で作られた敵オブジェクトの構造上の欠陥を見抜き、的確な工作活動によって弱点を付き倒していくという、一応地に足がついた内容です。
 
 本作が面白いのは、主眼の置き場所がオブジェクト同士の戦いではなく、あくまでエンジニアであり工兵の主人公の工作戦に置くという見所のズラし方です。
 
 直接視認できない遮蔽物だらけの地形で、移動する敵オブジェクトへ長距離砲撃をするため、いかに工兵が相手の座標を正確に味方オブジェクトに伝えられるか。
 
 お互い敵オブジェクトの装甲を撃ち抜ける主砲が同時に故障し、主砲交換が早く終わったほうが勝つため相手陣営の主砲交換作業を妨害工作する。
 
 敵オブジェクトのAIへの命令条件を逆手にとって思考ルーチンを無限ループ状態に陥らせるといったアイザック・アシモフのSF小説『アイ・ロボット』に出てくるアイデアを彷彿とさせるような話もあり、シチュエーションの作り方が多種多様です。
 
 それも世界中の戦場を転戦していく各エピソードは大体2・3話ごとであっという間に終わるため、一つ一つのアイデアがやや物足りなくても次から次にテンポよく次の戦場に舞台が移り、飽きる隙を与えません。
 
 ここの物量攻勢は原作のライトノベルの巻数がかなり溜まっていて、それを一気に消費していくという反則技が使用できるためだと思います。
 
 それに、本作の映像的な目玉でもあるオブジェクトは、3DCGを担当しているサンジゲンが非常に良い仕事をしており、手描きのキャラクターたちとそれほど違和感もなく画面に納まり、バカみたいに重低音を強調し重量感を音でカバーするなどの工夫で、しょぼさが皆無です。
 
 デザイン的にはファーストガンダムに出てくるボールを巨大化したようなカッコ良さとは無縁の外見なのにも関わらず、動いているのを見ているだけで気持ち良いです。
 
 後、これは単なる好みなものの、終盤『Re:ゼロから始める異世界生活』でもやっていた、敵が超巨体であるという映像的な迫力を利用した、楽勝ムードからの一転絶望のどん底に突き落とされるという展開があり、リゼロと同じでこれをうまくビシッと決められるだけで快感なため、それだけで評価したくなる魅力があります。
 

個々のシチュエーションの面白さに対して、てんでバラバラで焦点が定まっていない設定群

 
 本作は全体としては長所が勝るものの、短所もかなり目立ちます。
 
 まず、原作者が同じである『とある魔術の禁書目録』のアニメ版を見た時も感じた、とにかくクセのあるセリフ回しがぎこちないことです。
 
 それに、ほとんど全編に渡って繰り返される古臭いセクハラ的なやり取りもいくら何でも下品すぎて不快です。
 
 他にも不満点は山のようにあります。
 
 オブジェクトのパイロットにロリ美少女がいることに特に説明がされない点。
 
 いきなりメイド服を着たPMCの傭兵と名乗る異物感しかないヘンテコな集団が登場し困惑させられる点。
 
 CM明けのアイキャッチに流れるSEがマヌケ過ぎて本編の緊迫感がイチイチ削がれる点。
 
 ゲームの『フロントミッション』風のミクロの戦場のドラマよりマクロな戦争のメカニズムを描く乾いたタッチの世界観なのに、ドSの巨乳の上官が登場し、主人公たちにエッチなお仕置きをするという珍妙な組み合わせも違和感しかない点。
 
 戦争中に味方オブジェクトのパイロットであるヒロインと敵オブジェクトのパイロットのロリ美少女が主人公を取り合ってラブコメ展開が発生する・・・・・・どころか、自分以外の女とイチャイチャする主人公にヤキモチを焼いたヒロインが核攻撃の直撃に耐えるオブジェクトの装甲をも貫通する主砲を主人公が作戦で乗り込んでいる敵オブジェクトに雑にぶっ放すなど、国家間の戦争とラブコメが同時展開する狂気のリアリティライン(ここは人類の危機にチルドレン同士で痴話ゲンカしているエヴァのギャグ回っぽくもある)な点、などなど、あらゆる部分の調和が取れておらず、個々の要素がちぐはぐです。
 
 後、マジメな不満としてはアルドノア・ゼロでも感じた、この手の主人公の機転で圧倒的な戦力差をひっくり返すというアプローチの作品にはありがちな、いち学生が少し観察して気付く程度の欠陥をなぜ敵が放置しているのかという違和感がどうしても拭い切れない点です。
 
 このやり方だと、結局主人公が賢いというよりも、巨額を投じて建造したというわりにはずさんな設計という問題のほうが際立ちます。
 
 敵オブジェクトの設計図やスペック、不審な挙動から弱点を割り出すというアプローチはいいものの、これをやるなら主人公が最初に思いつく程度のアイデアはすでに敵が対処済みで、さらにそれよりも鋭いアイデアをいくつも積み重ねてようやく敵を出し抜けるくらいにすべきです。
 
 最初に思い付いたアイデアであっさり撃破してしまえるとオブジェクトが欠陥兵器にしか見えません。
 
 まだまだ他にも不満が多数です。
 
 ブリーフィングのみでオブジェクトの強さを具体的に見せないため、出来れば毎回いかに生身で敵に接近することが危険なのか端折らずきちんと描写して欲しいとか、オブジェクトという巨大兵器を運用しているわりに戦場にあまり人がいるように見えないとか、もう少し爆破工作などを説明的でなく爆薬の設置や起爆をスタイリッシュに見せて欲しいとか、各勢力ごとの得意分野やドクトリンのようなものがオブジェクト戦に反映されていればいいのにとか、不満が尽きません。
 
 特にオブジェクトの設定で一番ワクワクしたのが資本企業から離脱したマスドライバー財閥の使う、自分たちが得意とする宇宙開発技術(マスドライバー技術とロケット開発技術)をハイブリッドした兵装のオブジェクトだったので、このような各勢力の特色が濃く反映されたオブジェクトがもう少し見たかったです(他には情報同盟が自分たちの得意分野である戦略AIをオブジェクトに搭載しているといった程度)。
 

最後に

 
 正攻法では決して勝ち目のない兵器に奇策で挑むというコンセプトは素晴らしいものの、原作から映像化への段差でつまづいている箇所が多く、絵的にも話的にもいまいち調和が取れていないため、一本の作品としてはバランスがすこぶる悪いです。
 
 ただ、多量のアイデアを散りばめた魅力的なシチュエーションの物量構成は気持ちよく、不満部分もダメというよりももっといくらでも改善できたのに惜しいという類のもので、見ている最中はずっと熱中でき楽しめました。