エンタメ不感症の患部に巻く包帯

ゲーム、アニメ、海外ドラマ、映画などの、エンタメ作品総合レビューブログ

[レビュー]キルゾーン シャドーフォール 〈感想・評価〉

トレーラー

 
評価:60/100
 
作品情報
ジャンル
FPS
発売日(日本国内)
2014年2月22日
開発(デベロッパー)
Guerrilla Games(ゲリラゲームズ)
開発国
オランダ
ゲームエンジン
DECIMA(デシマ)
 
 

メモ

 
・オフ専なのでキャンペーンモードのみ
 

シューターとしてもステルスとしてもどっちつかずの高難易度拷問ゲーム

 
 本作は全編からPS4のローンチタイトル(ゲーム機本体と同時発売のゲーム)らしく、面白さ・完成度よりも、グラフィックの質を前面に押し出し、ゲームプレイではなく手っ取り早く映像の迫力で圧倒してしまおうとする安易な姿勢が透けて見えます。
 
 

f:id:chitose0723:20181019192616j:plain

 

f:id:chitose0723:20181019192351j:plain

 

f:id:chitose0723:20181019192410j:plain

 

f:id:chitose0723:20181019193210j:plain

 

f:id:chitose0723:20181019192649j:plain

 
 ステージの構造は、一部ただのリニアではなく、行動範囲がかなり広めのマップを採用し、ステルスで敵を削っても、いきなり銃撃戦を初めてもいいし、マップ内に散らばっている複数あるミッション目的を好きな順番でこなしてもいいという多少の自由度を持たせた作りです。
 
 しかし、マップを広大にしたせいで初期HALO(ヘイロー)のようなだだっ広い空間で迷いやすい構造になってしまっており、初回時は高確率で迷子になります。一応ナビゲーション機能はあるものの、目的地だけ示し、道順(ルート)を表示しないタイプで、どこから昇り降りするのか分からず、ルート探しのため結局ひたすら迷い続け、移動時間が間延びし、テンポがグダグダもいいところ。
 
 一応広さを利用して演出をシームレスに繋げる工夫(爆弾を設置し、そのまま画面の切り替えを挟まず遠く離れてから自分が仕掛けた爆弾の爆発を見せ、空間の連なりを表現したり)はあるものの、ゲーム部分では、一部狙撃するか突っ込むか選べる程度で、特にコレといって広さをうまく利用した面白味は皆無。
 
 自分のようにキャンペーンモードに特殊部隊の作戦行動を疑似体験するかのごとく流れるようなリズムで次から次に状況が推移していく目まぐるしさを求める人間からするとただただ単調で退屈です。
 
 景色が綺麗なだけのだだっ広い空間を延々歩かされ、散発的に敵と銃撃戦が起こるだけで別段ミッションにドラマ性もなく、全体的にマップが広いことがプラスになっておらず、密度の薄い淡々とした印象しか受けません。
 
 世界観やストーリーに魅力が乏しいわりに、作り込んだ風景をやたら見せびらかすためか、強制移動させられながらカメラを動かして周りを見渡すだけのパートもやや長めで、ゲーム側が強調し押し付けてくる部分が面白さとまったくリンクしていません。
 
 その他にも銃の発射音や広い空間に銃声が響き渡る音響周りの作りもしょぼく、銃撃戦にまったく迫力がなく、リロードもやや遅めで繰り返しがストレスに感じ、戦闘をサポートしてくれるドローンも指示を出す際のレスポンスが悪すぎて危機的状況では使い物にならないなど、細部の作り込みが浅めです。
 
 ですが、唯一タクティカルエコーという、周りのオブジェクトや敵の位置情報をスキャン(サーチ)するシステムは大変気に入りました。スキャン時に十字キーを押し続け、ゲージをギリギリまで溜めてタイミングよくボタンを離すことでスキャン可能範囲が伸びる(誤ってゲージを端まで到達させてしまうと敵にコチラの存在がバレる)という、スキャンにちょっとした緊張感が付加させる試みはいい刺激になります。
 
 

f:id:chitose0723:20181019192806j:plain

画像中央の下部分のゲージ

 

f:id:chitose0723:20181019192823j:plain

端まで行くとゲージが赤くなり敵にバレる

 ただ、タイミングを外すと敵に居場所を発見されるという部分はステルス用のもので、すでに発見されて銃撃戦になると敵がこちらを見失うことはなくなるため、そこまでうまく機能しているとも言えず(タクティカルエコー自体は非常に魅力的なのに、イマイチ本作の作りと相性が良くない)。

 
 総じてコール・オブ・デューティバトルフィールドといった一流どころのFPSに比べると操作性や銃撃戦の迫力ではまるで足元にも及ばないものの、それでもシューターとしての基本部分はそこそこ良くできており、バランス調整次第ではいい勝負も出来たかもしれません。・・・・・・なのに、後半はバイオハザード6を彷彿とさせるまったく面白くもないミニゲームもどきで何十回もゲームオーバーになり続けるという拷問展開が増え、しかも高めの難易度が容赦なく牙を向き、ほぼ死にゲーと化していくため、終盤は苦痛以外の感覚がありませんでした。
 

混ぜるな危険!

 
 本作はシューターメインでややサブ的にステルス要素も入っているというバランスですが、自分はこのシューターにステルスが雑に混じっている作りが大嫌いでとにかくプレイ中ずっとストレスでイライラしっ放しでした。
 
 シューターは敵と銃撃戦をするのを楽しむジャンルなため敵との撃ち合いは快感。ステルスは逆に戦闘を回避したり、正面から撃ち合うのではなく機転を利かせて一瞬で戦闘を終わらせることが快感と、目指している方向性が異なるため、戦略無しで一緒にしたらお互いの長所を殺し合うだけ。
 
 クライシスシリーズのように両方がうまく共存している作品や、ファークライシリーズ、ゴーストリコン ワイルドランズの様なややステルス寄りで場合によってはシューターにスイッチするものの、互いの邪魔はしていないバランスなど、両方入っていてもストレスを感じない作品も多々あります。
 
 しかし、最悪なのが銃を撃ちたくてそのゲームをやっているのにステルスを半ば強制させられるタイプ(バイオハザード リベレーションズ2のバリー編や、バトルフィールド ハードライン1、など)で、敵に発見されないように静かに動けと言われても「いや別にこそこそ隠れたくないし。気持ちよく撃たせてよ」としか思いません。
 
 ステルスゲームは大好きなので、別段ステルスプレイがやりたいなら最初からステルスに特化しているタイトルを選ぶため、撃ち合いが主なシューターだと思っていたらその喜びを妨害するだけの意味もないステルス要素が入っているとげんなりします。
 

パンチが皆無な世界観と登場人物

 
 設定としては巨大な壁により隔てられたヴェクタ人が住まうヴェクタとヘルガスト人が住まうヘルガーンという二つの国がお互いを憎み合い、その負の連鎖が何時までも止まらないというありがちなものな上に、二つの勢力の描き分けがうまくできておらず、魅力が乏しいです。
 
 ヘルガスト人に父親を殺され、誰よりもヘルガストを憎むはずの主人公の心の動きがしっかり描かれず、成り行きでしか動いていないように見えたり、命の恩人であり、主人公の育ての親でもある上官との関係の描かれ方が雑だったりと、キャラクターも物語も不満だらけ。
 
 特に育ての親であり上官でもあるシンクレアとの関係性の描写はもう少し丁寧に描いて欲しかったです。この二人は描きようによっては初代メタルギアソリッドのロイ・キャンベルとソリッド・スネークのように、信頼の厚い上官と部下でありながら古い友人でもあり、それゆえ信じていた上官に不信感を抱くことが切ないという深いドラマ性も生じたのに、洋ゲーでありがちなイデオロギー的な役割に絡めとられるだけの展開になりガッカリ。
 
 SFシューターとしても、HALOのように地球側とコヴナント側でテクノロジーが異なるという差別化もせず、使用している武器もそれほど差異はなく。戦場を彩る装備や兵器群はドローンとか多脚戦車とか、クローク(光学迷彩)など既視感を覚えるものが多く、ワクワクしません。
 
 メタルギアソリッド4に出てくるメタルギア月光のように、上半身が機械、下半身は人工筋肉で、無人機なのに牛のような鳴き声を発し人間っぽい生々しくて気持ちの悪い動きをするという、現行の技術と地続きにしながらちゃんと未来の兵器に見えつつ、フィクションとして存在感も抜群というようなSF的なうまいひねりやセンスの加え方が足りず、悪くはないもののどれもこれも物足りません。
 

不満あれこれ

 
 不満というのとは違いますが、クリア後にキャンペーンモードの各チャプターをちょこちょこ再プレイしていた際、各チャプターの項目に移動すると冒頭のシーンが表示され、てっきりチャプターの頭からしか始められないのだと思っていたら、メニューの横にセリフのようなものが表示されており、「あれ何だろう?」と何の気になしに十字キーの右を押したら横にスライドして、チャプターを好きなポイントから始められることに気付かされた点。
 
 

f:id:chitose0723:20181019193903j:plain

 

f:id:chitose0723:20181019193922j:plain

 
 他作品のキャンペーンモードは普通チャプターやステージを選択するとツリー形式のように開始可能なポイントが縦に並んで表示されるため、それに慣れているとこの十字キーで横にスライドさせる形式は盲点で、何度も何度もチャプター冒頭から開始して長々としたムービーや強制移動シーンを見る羽目になり、時間を損した気分になりました。
 
 出来ればチャプターの開始地点を選ぶのが横スライド式だと一発で分かるようなメニュー画面を作って欲しかったです。
 

最後に

 
 キャンペーンモードのボリュームはそこそこあるものの、プレイ中はほぼ苦痛なので逆に長さが恨めしく、ありがたみはゼロでした。
 
 PS4本体と同時発売で、PS4の性能の宣伝用であるということ以上のアピールポイントは特にない凡作。
 

余談

 
 苦痛まみれの本作をクリア後に比較のため同じFPSのバトルフィールド4のキャンペーンモードをやると、あまりの操作性の良さと、銃撃戦の迫力に感激しました。アサルトライフルの一発一発の射撃が快感で「バトルフィールド4ってこんなに楽しかったっけ?」と自分の記憶力を疑うほど、印象が激変する事態に。
 
 普段コールオブデューティやバトルフィールドばかりやっていると、いかにこれらのタイトルが他のシューターに比べ出来が突出しているのか忘れ感覚が麻痺してしまうので、それを思い出させてくれたという点においては感謝。
 

【PS4】KILLZONE SHADOW FALL PlayStation Hits

【PS4】KILLZONE SHADOW FALL PlayStation Hits