えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、書評、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

「Fallout Shelter(フォールアウト シェルター)」(PS4版)〈レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20180928114007j:plain

トレーラー

評価:70/100
作品情報
ジャンル リアルタイムストラテジー サバイバル
シミュレーション
配信日(日本国内) 2018年6月11日(PS4版)
開発(デベロッパー) Bethesda Game Studios
Behaviour Interactive
開発国 アメリカ(ベセスダ)
カナダ(Behaviour Interactive)
ゲームエンジン Unity

短評

 
 基本プレイ無料の課金ゲームとしては、無課金でも充分楽しめる良心的な部類のゲーム。
 
 サバイバル要素が強く、常に核シェルター内の資源を確保し続けなくてはならず中毒性が強い。
 

ちょっとした隙間時間を根こそぎ盗む、渋いリアルタイムストラテジー+サバイバル+育成

 
 このゲームの目的はボルト(核シェルター)の監督官となり、『フォールアウト』シリーズお馴染みのマスコットキャラであるボルトボーイ風の見た目のボルト居住者を増やしながら、シェルターを下に下に拡張していくという内容です。
 
 基本はリアルタイムのシミュレーションゲームで、そこにサバイバル要素を足し、常にリアルタイムで減り続けるシェルターの電力・食料・水という資源を供給し続けるというのが当面の目的となります。
 
 最初は、各キャラごとに設定されたパラメータであるS.P.E.C.I.A.L.(スペシャル)の数値を参考に、そのキャラが得意とするセクションに適切な配置をし、効率的に資源を供給し続ける必要があります。各セクションには全てS.P.E.C.I.A.L.の数値のどれかが設定されており、適切に配置すると作業時間が短縮されます。
 
 

f:id:chitose0723:20180928115233j:plain

 
 シェルター内の新施設は、ボルト居住者の数を増やせば増やすほどアンロックされ、少し進めると居住者をシェルター外のウェイストランドへのクエストに派遣が可能に。その他にも、居住者を増やせばラジオで新たなボルト居住者を募集したり、武器や服のクラフトも可能となったり、徐々に行えることが増え作業が煩雑になっていきます(『フォールアウト4』の拠点の発展要素だけ抜き出し、大幅に簡略化しシミュレーションゲームにしたような感じです)。
 
 

f:id:chitose0723:20180928115046j:plain

 

f:id:chitose0723:20180928120525j:plain

 

f:id:chitose0723:20180928120547j:plain

 

f:id:chitose0723:20180928162142j:plain

APこそないものの、本編のV.A.T.S.システムを再現しているのであろうクリティカル攻撃もある

f:id:chitose0723:20180928155203j:plain

 
 基本プレイは無料で課金要素のあるゲームなため、何か作業を実行しようとすると長めの待ち時間が発生します。それを希少アイテムであるヌカ・コーラ・クアンタム(課金アイテムでもある)を消費することで時間短縮できるというソーシャルゲームではよくある仕様です。
 
 

f:id:chitose0723:20180928115557j:plain

 

f:id:chitose0723:20180928115619j:plain

クエストへの行き返りの時間などを短縮できる
 そのため無課金でこのゲームを長時間プレイしようとするとひたすら待ち時間ばかりで正直かなり退屈です。しかし、ゲームをダウンロードしている合間や、メインでやっているゲームに飽きて気分転換したい際には重宝します。
 
 プレイ中は常に各セクションを巡りシェルター内の資源を補充したり、ちょっとした育成要素があるため各キャラをトレーニングしてパラメータであるS.P.E.C.I.A.L.を強化したり、クエストでレアアイテムやキャップ(お金のこと、フォールアウトの世界はコーラのキャップが通貨代わりになっている)を探したりと、作業量はそこそこあります。
 
 ゲームをやるほど、クエスト時や敵の襲撃の際に重宝する強力な武器が欲しくなったり、より最新の設備にアップグレードしたくなったり、資源回収を効率的に行うため施設を適切に再配置したくなったりと、何かしらあれがやりたいこれがしたいという欲求が生まれ、いざそれらを実行しようとすると無課金では膨大な時間を要求され、課金に誘導……と、嫌らしいんだか良く出来ているんだかなゲームデザインとなっています。
 
 

f:id:chitose0723:20180928115854j:plain

慣れていない序盤に作った施設を壊して再配置など色々手直ししたいものの、部屋を最大までグレードアップしているため壊すのに躊躇してしまう
  このリアルタイム進行のせわしなさによって緩めの中毒性が生じ、止め時を逸してしまう感覚はクリックとレベルアップの小気味よさにハマってしまうクリッカーゲームにも近いものがあります(たまにシリーズお馴染みの謎のコート男がシェルター内のどこかの部屋にランダムで出現しカーソルを合わせるとキャップが貰えるという、クリッカーゲームではよくある仕様がある点もそう感じる要因の一つ)。
 
 

f:id:chitose0723:20180928120114j:plain

不満あれこれ

 
 ゲームをしていて最も気になるのは、緊急時などキャラを別のセクションに移動させなければならない際に、複数まとめて一気に移動させることが出来ないことです。
 
 スマホでもプレイできるゲームなため、ここら辺はパッド操作にあまり最適化されておらず、ややストレスが溜まります(それでもsteam版をマウスでプレイするよりかは快適でした)。同じような平面のリアルタイムストラテジーゲームである『グリムグリモア』のようにストレス無くキャラをまとめて複数同時選択出来れば文句ありませんでした。
 

最後に

 
 リアルタイムで適切な判断を要求される忙しなさに、シェルターの資源を管理するサバイバル要素。キャラの育成やボルト居住者を強化するための武器や服のクラフト。クエスト時のちょっとしたバトルや探索など、個別要素に注目するとどれもこれも物足りないですが、数が多いため総合すると相当な作業量となり、その中毒性でゲームを中断させてくれない、中々侮れない魅力があります。
 
 時間さえ掛ければ無課金でも十分楽しめる、非常に良心的なシミュレーションゲームです。