エンタメ不感症の患部に巻く包帯

ゲーム、アニメ、海外ドラマ、映画などの、エンタメ作品総合レビューブログ

[アニメ]エロマンガ先生 〈感想・レビュー・評価〉

PV

 
評価:85/100
 
作品情報
放送期間
2017年4月~6月
話数
全12話
アニメ制作会社
A-1 Pictures
 

あらすじ

 
 現役高校生ライトノベル作家である和泉正宗(いずみ まさむね)は、父親の再婚相手の連れ子である、自室に引きこもったまま1年以上も顔を合わせていない義理の妹和泉 紗霧(いずみ さぎり) を心配する毎日を過ごしていた。
 
 ある日、自身のライトノベルのイラストを担当していたエッチなイラストを得意とするエロマンガというペンネームを持つ正体不明のイラストレーターがネットで生動画配信をしているという情報を聞きつけ視聴。
 
 すると、お面を被り画面に映るエロマンガ先生の後ろに、先ほど自分が引きこもりの妹のために作った食事が映り込んでおり・・・・・・。
 

ラブコメ度マックスファイアー

 
 エロマンガとタイトルに付いているものの、イラストレーターのペンネームがエロマンガというだけで、エロ漫画はほぼ関係ありません(最終話にちょこっとだけエロマンガ先生がエロ漫画を描くというギャグがあったり、エロ同人誌が登場する程度)。
 
 コミカルなシーンでもマジメなシーンでも常にエロマンガという単語が飛び交い続けるというシュールさの出し方は、同じA-1ピクチャーズのあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の登場人物の一人が安城鳴子(あんじょう なるこ)であだ名が“あなる”なため、ひたすら劇中でアナル、アナル、アナル・・・・・・と卑猥な単語を連呼させる手法に似ています。
 
 本作はどこかで見たことがあるような設定が多く、あまり一つ一つの設定に新鮮味はないものの、組み合わせ方が絶妙で、ラブコメとしての完成度が非常に高いです。
 
 ラノベ作家の主人公とイラストレーターの妹がコンビを組みそれぞれ文章と絵を担当し、ライバルであるラノベ作家たちと交流しながら自分たちのラノベのアニメ化を目指すという設定はバクマンそのもので、引きこもりの家族をひたすら献身するも、引きこもっている当事者はワガママ放題という関係性をコミカルに描きつつ、そこに家族愛を忍ばせるやり方はローゼンメイデンを連想します。
 
 あの花やローゼンメイデンが不登校の引きこもり状態を表面的にコミカルに見せつつ、根っこは割とえげつなく描く、軽さと重さ、躁とうつをバランスよくスイッチする作りに対して、本作はラブコメとしての軽さに徹しているので、深刻さが控え目で見やすい作りです(ただ、その分現実逃避としての躁状態、現実に押し潰されそうになるうつ状態という引きこもりキャラとしてのメリハリがない)。
 
 このオタクで引きこもりの人付き合いが苦手な妹をメインヒロインに据え、妹のコンプレックス部分を刺激するリア充のクラスメイトや主人公の同業の活動的な美少女ラノベ作家たちを主人公にちょっかいをだしてくるライバルとし、三角関係を作ってしまうというアプローチがラブコメとして美しく機能しており魅力的です。
 
 本作を見ているとラブコメにとって重要なのは三角関係状態によって生じるヤキモチ描写をどういうアプローチで見せるのかにかかっているのだということがよく分かります。
 
 引きこもりで対人恐怖症に近い状態のため、ひたすらヤキモチを焼いてもその感情をどうすることも出来ずにひたすら二階の自室の床をドンドン蹴って一階にいる主人公に怒りを遠回しに伝えるだけという感情の発露の仕方は、ラブコメの典型であるヒロインが嫉妬のあまり主人公を殴るとか蹴るとか、電撃を浴びせるとかハンマーで叩き潰すというアクションを伴うヤキモチ描写をうまく現代風にアップデートできており、斬新でした。
 

高純度のラブコメ世界に見え隠れするトゲ

 
 基本のリアリティライン自体はコテコテのラブコメ世界で、主人公たちにとって都合の悪い存在は一切登場せず、ひたすらラブコメにのみ徹するスラップスティック的な作りなのに対して、ところどころやけに生々しさを覚える箇所があり、ラブコメ世界への単純な没頭を拒んできます。
 
 主人公のラノベ作家としての評価が、文章力は大したことがないのにエロマンガ先生のエッチなイラストのおかげでそこそこ売れているだけで、しかも同じレーベルの似たジャンルを書く筆力の高い作家の劣化・下位互換作家としてラノベファンから若干バカにされているという立ち位置や、エッチな美少女のイラストこそがラノベのヒットでは大事ということを隠そうとしない姿勢など、コミカルな割に若干ラノベ批評的な視点も見え隠れしておりいい刺激でした。
 
 最終話まで見た後に一話を見直すと主人公がエゴサーチをするのを極端に恐怖しており、それをギャグで誤魔化し乗り切る描写など、一見コミカル一辺倒な世界にもトゲが隠されており、この様な描写をちょくちょく挟むことによって、ご都合主義度100%世界に陥る愚をうまく回避できていると思います。
 

不満あれこれ

 
 この作品で一番好きなキャラは主人公のライバルでもある美少女ラノベ作家の山田エルフで、画面に映るだけで映像が華やぎ、主人公との会話劇を描くだけで作品に活気が帯びる存在感に惹かれました。
 
 なのに中盤以降はわりとよくあるハーレムもののデレ要素多めの締まりのないツンデレヒロイン化していき、序盤~中盤のやりたい放題・暴れたい放題のぶっ飛んだ魅力が無くなってしまい不満が多かったです。
 
 山田エルフ以外のヒロインも、妹を間に挟んだ緊張感のある三角関係が魅力なのに、中盤以降は各ヒロインがひたすら主人公に対して個別にデレまくるような展開になり、退屈なハーレム感が増してしまい、後ろに行けば行くほど作品への印象が悪くなっていく一方でした。
 
 それと、原作にある設定の説明が端折られているのか、いまいち話の流れがピンとこない箇所も目に付きました(主人公よりも文章が遥かにうまいはずの作家が主人公の小説の熱烈なファン、とか)。
 

最後に

 
 序盤から中盤までの怒涛の展開が終盤やや鳴りを潜め失速感があるものの、それでも一本のラブコメアニメとしては破格の完成度を誇る傑作。

 

 

エロマンガ先生 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

エロマンガ先生 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

 
エロマンガ先生 山田エルフ 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

エロマンガ先生 山田エルフ 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア