えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

えんみゅ~

[アニメ]グリザイアの果実 〈感想・レビュー〉 シネスコサイズは伊達じゃない

f:id:chitose0723:20180804115434j:plain

PV

 
評価:80/100
 
※原作ゲーム未プレイ
 
作品情報
放送期間
2014年10月~12月
話数
全13話
アニメ制作会社
エイトビット

短評

 
 サスペンスアニメとしてシネスコサイズの使い方が非常に理に叶っており見応え抜群。
 
 ハーレム要素が若干ノイズに感じる部分もあるものの、凡庸さを巧みに避けるテンポの良い会話劇など、作り手のセンスがにじみ出るハイレベルな作品に仕上がっている。
 

常時スタンバっているサスペンスの重要性

 
 原作がアダルトゲームであるのと、過去に『インフィニット・ストラトス』というハーレム要素がかなりキツイ作品を作っているエイトビット制作の深夜アニメなため、見る前は不安もありました。
 
 しかし、ハーレム要素はあるものの、天衝監督がコンテを担当している1話と2話含め、序盤はやや強引にでもサクサクとキャラを立てていく軽妙なテンポと、間の外し方を心得ている良い意味で不自然極まりないセリフ回しで、「これはそこら辺のハーレム学園ものアニメとはセンスが違う!」と体感で納得させてくれます。
 
 インフィニット・ストラトスと似たようなハーレムラブコメ要素が強めですが、主人公の謎だらけのキャラ設定を生かしたヒロインたちとの距離の取らせ方のバランス感覚や、ハーレム要素をギャグ的に処理して見せるコメディセンスの絶妙さで、インフィニット・ストラトスのややしつこいハーレム要素とは打って変わり見やすかったです。
 
 そして、このアニメで最も印象に残るのは、ただ会話しているだけの場面でも常時落ち着かない、次の瞬間どんな事態に陥っても不思議はないただならぬ気配が漂い続けること。
 
 この常時サスペンスがスタンバっているかのような緊張が解けない状態を作るのに一役買っているのが、画面の上下に黒帯を作り、否応なく意識を画面の中央に引き寄せる効果を発揮するシネスコサイズのアスペクト比です。
 
 アニメ版の『僕だけがいない街』も同じく作品の一部にシネスコサイズを採用していたのに、ただ過去であることを示す説明と、何となくのノスタルジックな雰囲気程度の役割しか果たせていませんでした。
 
 改めて僕だけがいない街を見直してみても、やはり本作のほうが遥かにシネスコサイズを採用したことで狙った効果を的確に出せています。
 
 TVアニメでわざと不自然なシネスコサイズを採用するということは、このような画面の上下の黒帯に不安を忍ばせ、映像に作為的な圧を加える働きがあり、うまく使いこなせばサスペンスアニメにはこれ以上ない強力な武器になるということに気付かされました。
 
 どうしても本作を見た後に続けて通常の16:9のアスペクト比のアニメを見ると映像が弛緩してだらしなく見えます。
 

CGを違和感として利用する手腕

 
 マクロスF(フロンティア)など、CG使いに秀でたアニメを手掛けるサテライトから独立したエイトビットらしく、CGの主観ショットや、動く背景、通常の平面のPAN撮影にCGのダイナミックなカメラワークも加え、しつこくならない程度にデジタルの質感を混ぜる手法も通常のアニメとは異なる感触を出すのに効果を発揮しています。
 
 サスペンスアニメというジャンル上、CGを用いる場面は違和感として機能するため、普通のアニメならデジタルの感触はやや不快に感じるものの、本作ではどちらかというと好意的に見ることが出来ます。
 

ヒロインのガッカリ過去エピソード

 
 映像周りのアプローチは胸躍るものが多く、画面を見ているだけで楽しいですが、問題は原作ゲームで言う、ヒロインの個別ルートっぽい話に入った後の凡庸さです。
 
 主人公たちにとってのややズレた他愛もない日常描写は見ていて刺激的なのに、肝心の個々のヒロインが過去の重いトラウマに向き合う個別エピソードに入ると途端に説明臭くなり退屈さが増すという、日常が退屈で事件が起きると刺激的になる普通の作品とほぼ真逆の印象を受けます。
 
 (最後のエピソード以外の)ヒロインたちの抱えるトラウマが若干ありきたりで弱いため、序盤にヒロインたちが見せる不審な挙動に対して、なぜそのような奇怪な行動に走ったのか種明かしされると、逆になぜその過去からこの挙動に至るのかが飛躍して繋がらなくなり、混乱させられる点も気になりました
 
 序盤に見せる不審すぎる挙動の印象に対して抱えるトラウマ描写があっけなく、この事件によってヒロインたちの精神が歪んでしまったんだという話の説得力が極めて乏しいです。
 
 唯一、ラストのエピソードである、ほとんど漫画の『漂流教室』的ですらある遭難サバイバルエピソードは、単体の話としてはじっくり尺を割いた甲斐もあり、ヒロインの個別のエピソードの中では最も見応えがありました。
 
 ただ、主人公が一切登場しないエピソードが突拍子もなく始まり、全体の4分の1ほどの尺を占有し延々と続くため、ここまで積み上げてきたものが一旦リセットされてしまうようなぶつ切り感も覚えます。
 
 それに、せっかく尺を割き丁寧に描いていたのに、サバイバルエピソードの終盤の展開がかなり唐突で、なぜここまで引っ張っておいて最後の最後で話を綺麗にまとめ損なってしまったのかと、少々不満が残りました。
 
 ここまで極端に引っ張るなら、いっそサバイバルエピソードを中心に各要素を配置すれば余韻が段違いに増したのに、勿体ないです。
 

エロがしつこい!!

 
 本作は終始原作の無理やりなダイジェストのような展開のため、基本全編ツッコミどころだらけなので、不満は多々あるものの、中でも突出しているのがまったくシーンの空気を読まないエロ描写の数々です。
 
 最低最悪なタイミングで突然ローアングルになりスカートの中のパンツがドアップになるなど、緊迫したシーンを一気に台無しにするタイミングでエロ描写が挟まれることが多く、作り手の正気を疑う瞬間が何度かありました。
 
 なぜ、わざわざ緊迫した状態を作ってから大事な局面でパンツを見せ、それらを台無しにしたがるのか意味が分かりません。人が死にかけている深刻な場面でもパンツを見せ、ある人にとって大事な人が生きるか死ぬかという瀬戸際でも不自然にパンツを映しと、自分たちが積み上げたものを病的なまでのエロ描写で自傷を繰り返すため、若干作品が病んで見えます。
 
 エロが挟まれるタイミングが最悪すぎてほぼ1%もサービスになっていないどころか、場面の緊張感を殺す以外何の役目もない箇所が多いせいで、得体の知れない気味の悪さまで感じました。
 
 正直、ヒロインたちの過去のトラウマによる精神の病み具合よりも、このパンツと乳首で全てを台無しにし続ける作品の自傷体質のほうがよっぽど深刻です
 
 日本のアニメは視聴者をただのバカだと思っているようなエロ描写が散見されるので、バカを基準に物を作るという安易な姿勢は避けて欲しいです。
 

最後に

 
 根本的な設定のおかしさを脚本でカバーする気が一切なく、ほぼ映像のテンポだけで強引に話の矛盾を押し切ろうとする雑さや、エロ描写の無駄なしつこさ、各ヒロインの個別エピソードの扱いにムラがあり過ぎるなど、欠点は多めです。
 
 ただ、サスペンスアニメとしては斬新な手法が数多く試され映像的に見応えがあり、映像作品としては大変刺激的でした。