えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ

おもしろい!! おすすめ海外ドラマ 【9作品】 <随時更新>

f:id:chitose0723:20190605180631j:plain

 

 レビュー済みの海外ドラマの中でおすすめ作品をまとめました。今後も随時更新。
 
 点数はただの目安でしかなく、無いよりはあったほうが分かりやすいだろうという程度の理由で付けているため、それほど厳密な意味はありません(その時々の気分でなんとなく付けることが多い)。
 
 クリフハンガー強めのサスペンスドラマ好きなので、終わり方が多少デタラメでも途中が楽しめた作品は評価が高めです。
 
あいうえお順

アメリカン・ゴッズ シーズン1 評価:100/100

f:id:chitose0723:20180623213246j:plain

 
 アメリカ国民に忘れ去られた古き神々達が、信仰心を取り戻すため、新時代の神々に戦争を挑むサスペンスドラマ。
 
 大傑作だったドラマ版ハンニバルでもショーランナーを務めたブライアン・フラーとマイケル・グリーン、数話を監督したデヴィッド・スレイドという実力者が参加しているため、完成度は折り紙付き。
 
 信仰の荒々しさを映像的に解釈して見せたかのような、常識も理性も一切通用しないぶっ飛んだ映像イリュージョンは珠玉。
 

ウォーキングデッド シリーズ

f:id:chitose0723:20190605173859j:plain

 
 ゾンビ映画のパイオニアである巨匠ジョージ・A・ロメロ監督の精神を受け継ぐ正統派ゾンビドラマ。
 
 詩的な映像美とゾンビの設定を利用した悪趣味とも思える特撮によって命を与えられた文明崩壊後の世界で、人と人とが騙し、奪い、殺し合う過酷なサバイバルと、正解なんて無い残酷な選択を迫られ続ける重々しく悲惨な寓話が堪能できる大傑作シリーズ。
 

ゲーム・オブ・スローンズ シリーズ

f:id:chitose0723:20180729183452p:plain

 

  ウェスタロス大陸の七王国を舞台に、王都キングズ・ランディングにある鉄の玉座を巡る王位争奪戦を壮大なスケールで描くハイファンタジー(異世界)群像劇。

 
 高貴なイギリスファンタジーである指輪物語とは違い、非常に人間臭い、地に足付いた魅力ある登場人物たちによって織り成される会話劇を中心としたドラマは見応え・聞き応え抜群。
 
 大予算で作られた豪華なセットや、贅沢な海外ロケ撮影。それらに決して遅れを取らない深みのある役者陣らによって支えられる重厚な映像美も海外ドラマ群の中で突出した魅力を放つ。
 
 シーズン3の中盤くらいまでは準備段階で、シーズン3の終盤から物語が一気に加速し中毒性が数十倍に増す。その後、シーズン6でやや停滞するものの、シーズン7ではこれまでの並行していた群像劇が一つに収斂していき、過去最大の満足度を叩き出す。
 
 数ある海外ドラマの中でも完成度・シリーズへの信頼度・ブランド力ともに、全ての要素が規格外の水準に達した世界最高の大傑作
 

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シリーズ

f:id:chitose0723:20190626202611j:plain

 
 E.T.やグーニーズ、スタンドバイミーなど、ジュブナイル映画を中心に、様々な80年代カルチャーへのオマージュに溢れる、ホラーやスリラーエッセンス強めのジュブナイルドラマ(映画で言ったらスーパーエイトに近いコンセプト)。
 
 見たら一発で好きになってしまう子役たちの熱演や、テンポ重視のキレの良い編集。80年代風という記号に留まらず陶然と聞き惚れてしまう耳心地が良いシンセサイザーサウンド。そして、何よりも数あるアメリカドラマの中でも突出した完成度の脚本によって成立したSF&ホラーのスパイスが効いた中毒性の強いストーリー体験は、80年代へ思い入れのあるなしを凌駕し魅了されてしまう。
 
 キャラクター、物語、アートワーク、撮影、編集、音楽と、作品を構成するあらゆる要素がハイレベル過ぎる、文句なしの大傑作!
 

24シリーズ

f:id:chitose0723:20190615203633j:plain

 
 CIAのテロ対策部門であるCTU(テロ対策ユニット)所属のジャック・バウアーが、丸一日に渡って続く事件を各話1時間ずつ合計24話(24時間)かけリアルタイム進行で解決するまでを描くという画期的な手法を用いたアクションサスペンスドラマ(後に半分の12話構成のシリーズや、ジャック・バウアーが登場しないスピンオフ作品も作られる)。
 
 ストーリーは基本デタラメで、至る所ツッコミどころだらけなのにも関わらず、わざと手ブレさせ臨場感を演出する撮影や、画面分割を多用するスピーディな編集など、優れたテクニックで無理を押し通す豪快さが魅力の作品。
 
 X-ファイルと24は海外ドラマにハマるキッカケとなった作品のため個人的に思い入れが深い。
 

トゥルーディテクティブ ファーストシーズン 評価:100/100

f:id:chitose0723:20180623213901j:plain

 
 映画の闇の列車、光の旅の頃からさらに腕を上げまくったキャリー・フクナガ監督が全話を監督し、小説家であるニック・ピゾラットが全話の脚本を執筆するという、演出・脚本のブレが一ミリたりとも存在しない、超濃密なサスペンスドラマ。
 
 主演のマシュー・マコノヒーの作品の出来そのものを決定付けるほどの演技力も圧巻で、アメリカドラマの歴史上でもここまで完璧と言っても過言ではないほどの完成度に到達した作品は希少。
 
 ……ちなみにキャリー・フクナガ監督とマシュー・マコノヒーを欠いたセカンドシーズンは、ファーストシーズンと似たような雰囲気の作品を作ろうとして失敗した凡作。
 

ハウス・オブ・カード 野望の階段シリーズ

f:id:chitose0723:20190616003854j:plain

 
 国民など眼中になく、権力欲や支配欲といったあらゆる野心を糧に我が道を突き進み、国家を私物化する最低最悪の政治家フランシス(フランク)・アンダーウッドと、その妻クレアを主役とする会話劇主体の政治ドラマ。
 
 野心を胸に秘める一筋縄ではいかない登場人物たちの織り成す群像劇や政治劇も、権力欲のためならどんな犯罪にでも手を染め現状を打開していくピカレスクものとしてのある種の痛快さも、全てが見応え抜群。
 
 エネルギー問題、人種差別問題、雇用問題、中東問題、貿易摩擦、ハリケーン、銃規制を阻む全米ライフル協会、イスラム過激派のテロ、フェイクニュース、互いの欠点を激しく罵り合う無益な選挙戦の課題と、アメリカが抱えるあらゆる政治的な頭痛の種を物語の小道具として用いながら、ユーモアを交え決して堅苦しくせず知的に描いてみせる作風が大変魅力的。
 
 ただ、シーズン5以降は極端に完成度が低く、物語の結末も到底納得いくような幕引きでないため、最後まで見終えると作品全体の評価が下がってしまうという問題がある。
 

ハンニバル シーズン1 評価:90/100

f:id:chitose0723:20171205185126j:plain

 
 想像力があり過ぎるせいで殺人鬼(サイコパス)に共感してしまうFBIのプロファイラーであるウィル・グレアムと、そのウィルに自分と似た匂いを感じながらも冷徹に観察し弄ぶハンニバル・レクター博士の関係を耽美に描くサイコサスペンス。
 
 グロテスクな要素多めな上に、派手さはあまりなく、シュールレアリスム的なメタファーだらけな作りであまり見やすくはない。
 
 ただ、映像そのものが見ている者に襲い掛かってくる瞬間があり、この作品そのものがレクター博士を監視しているようで実は自分が監視されているかのような油断ならない構造を持ち、極上の心理的恐怖体験が味わえる。
 

ブラックミラー シーズン1 評価:80/100

f:id:chitose0723:20190622235738j:plain

 
 初期はイギリスの地上波で放送されたものの、後にネットフリックスのオリジナルシリーズとなったイギリス発のSFドラマ。
 
 アメリカドラマの古典であるトワイライトゾーン(日本で言うと世にも奇妙な物語や星新一のショートショートのような語り口)譲りの突飛な設定を一話完結型で語る手法と、イギリスの奇才が集まったコメディグループであるモンティ・パイソンの社会風刺要素が融合した、知性と毒っ気が織り成す近未来おとぎ話
 
 個々のストーリーの完成度にはばらつきがあるものの、サスペンスやコメディを映像で見せるセンスが抜群に優れており、多少話が退屈な回があっても次が見たいと思わせる魅力がある。
 
 

これを一冊読んでおくと海外ドラマの歴史や、多数あるネットワークやチャンネルを大まかに理解できる

「今」こそ見るべき海外ドラマ (星海社新書)

「今」こそ見るべき海外ドラマ (星海社新書)