えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

えんみゅ~

Mass Effect(マスエフェクト) 〈レビュー・感想〉 スペースオペラRPGのお手本!

プレイ動画

 
評価:80/100
 
作品情報
ジャンル RPG TPS
発売日(日本国内) 2009年5月21日
開発(デベロッパー) BioWare
開発国 カナダ
ゲームエンジン Unreal Engine 3

短評

 
 バイオウェアらしい誠実さが刻まれた良質なスペースオペラRPG。
 
 移動が単調な惑星探索パートや、撃ち合いに迫力がない戦闘、ボリュームも少なすぎてあっという間にクリアしてしまうという問題が山積しておりゲームとしては欠点も多い。
 
 しかし、それを軽々と凌駕するほどギャラクシーマップを用いて未知の星系を調査する興奮と、RPGとしてのバランス調整が素晴らしい傑作。
 

あらすじ

 
 火星で発見された古代の種族プロセアンが残したとされる古代文明のテクノロジーマスエフェクトにより、人類の科学技術は飛躍的に向上した。
 
 マスエフェクトによる技術革新によって太陽系の外に飛び出した人類は、すでに高度な文明を持つ異星人たちにより形成されるシタデル評議会を中心とした銀河社会と遭遇し、新参者として迎えられる。
 
 西暦2183年。人類の植民惑星エデンプライムでプロセアンの遺物であるビーコン(通信データモジュール)が発見された。その回収任務を命じられた連合軍所属のシェパード少佐はビーコンと接触した際に、プロセアンが機械種族リーパーによって絶滅させられるビジョンを垣間見る。
 
 長年謎だった高度な文明を築いたプロセアンが忽然と5万年前に宇宙から姿を消した理由。
 
 あえて発見させることで宇宙全体の文明レベルを一定水準まで引き上げるために遺されていたかのような不自然なテクノロジー、マスエフェクト。
 
 これらの謎が解き明かされる時、宇宙に住まうあらゆる生命体が絶滅の危機に晒されている事実が浮かび上がる。
 

RPGシューターとしての堅実さ

 
 本作は同じバイオウェアのRPGである『ドラゴンエイジ』と似たような会話主体の地味なコンセプトのゲームで、ドラゴンエイジをプレイしているならすんなり馴染みます。
 
 ただ、ドラゴンエイジとはゲームエンジンが異なるためか、受ける感触は同じようで微妙に似ていません。
 
 TPSとしての操作性は正直言って快適からはほど遠く、エイムは『フォールアウト3』や『フォールアウト ニューベガス』をV.A.T.S.システム抜きで撃ちあう不便さを多少マシにした程度で、オートエイム無しだとかなり辛いです。
 
 ただ、弾薬制限はなく無限に撃てる上に、そこまで正確に照準を合わせなくても大雑把に当たり判定を取ってくれるのでレスポンスの悪さほどストレスは感じません。
 
 このシューター部分はゲーム開始直後はイマイチな操作性の煽りを受けマイナスの印象からスタートするものの、慣れると戦闘自体はドラゴンエイジより数段テンポが良く爽快感もあるので、評価が一気に上向きます。
 
 感触としては『ウィッチャー2』の高難易度ながらサクサク終わる戦闘に近く、非常に自分好みなバランス調整でした。
 
 少しでも油断して遮蔽物から身を乗り出すとあっさり集中砲火を喰らってやられるためザコ敵戦だろうとある程度立ち回りに慎重さが求められます。
 
 ですが、敵が固くて難儀することは一切なく、的確にカバー状態から射撃し、戦闘中使用可能なスキルを用いて立ち回ればテンポよく敵を倒していけるので、戦闘が退屈だったり、長引いてうんざりしたりする瞬間がクリアするまでまったくと言っていいほどありませんでした(一周目に選んだクラスがソルジャーで攻撃力が高かったことも要因だと思います)。
 
 システムも操作性も慣れれば慣れるほど味わいが増し、クリア後にもう一度クラスを変えてやり直すと、あまり印象が良くなかった序盤のステージも慣れのおかげで魅力が分かり、ここまで何から何までバランス調整がしっくり肌に合うRPGシューターは初めてかもしれません。
 
 RPGとしての成長要素は各スキル項目(各種武器の威力・特殊能力の効果・HP上限・耐久性・シールド強度・ロックされたオブジェクトの解除能力、など)にレベルアップした際に得られるポイントを、自由に振り分けるオーソドックスなタイプです。
 
 ここもそつなくまとまっており突出した魅力はないもののレベルアップの快楽性はしっかりあります。
 
 特に感心させられたのはパーティ全体でレベルが共有制な部分でした。
 
 本作は、全体で共有されるレベルだけ上げれば、メインパーティだろうとベンチキャラだろうと全員均等にポイントが与えられるという特殊な成長システムです。
 
 そのため、お気に入りのキャラを重点的に強化するという楽しみこそないものの、どんなパーティを組もうとキャラごとにレベル格差がまったく生じません
 
 主人公以外に仲間が6人いてそこそこ大所帯なのに、パーティ編成の都度純粋にそのキャラ固有のスキルバリエーションを重視して組めます。
 
 このいちいちキャラごとに個別にレベルを設定せず、レベルアップ時にポイントを均等に振り分ける工夫をするだけで成長の快楽性を維持しつつ、キャラごとの能力管理が便利になるのは新鮮でした。
 
 正直、このシステムで『ファイナルファンタジー6』や『アーク・ザ・ラッドⅡ』を作り直して欲しいくらいです。
 
 魅力的なキャラがたくさんいるのに中盤以降はキャラごとのレベル差が開きすぎるせいで使いたくても使えないキャラだらけになってしまう昔の国産RPGほど輝きそうなアイデアでした。
 

スタートレック+HALO(ヘイロー)な世界観

 
 本作のベースとなるタッチは『スタートレック』風の様々な種族がお互いを尊重して共存共栄している理想のリベラルなアメリカ像を体現したようなスペースオペラ風味です。
 
 しかし、メインのストーリーはほとんどHALO(ヘイロー)の焼き直しに近いような内容です(タイトルが古代文明由来である点もまんま同じ)。
 
 
HALO
マスエフェクト
人類の脅威
フラッド
リーパー
古代人
フォアランナー
プロセアン
敵ときどき味方
コヴナント
ゲス
古代文明の名残
HALO
マスエフェクト
 
 このため、HALOをプレイしていると既視感がありありで、あまり新鮮味はありません。
 

これぞスペースオペラというギャラクシーマップに感動!

 
 本作のスペースオペラ要素の中で最も感動したのは宇宙をマップ化して表示するギャラクシーマップのアイデアです。
 
 階層のトップが銀河(ギャラクシー)全体のマップで、そこから複数存在する星団(クラスター)を選択し、さらに星団に移動すると今度はそこから複数ある惑星系が選択でき、さらにさらに惑星系に移動すると恒星の周りを公転する各惑星が存在し、さらにさらにさらに各惑星には固有の公転周期・自転周期・重力(木星型惑星以外)・大気の組成などの情報が表示されるなど、初めて触れた時は「宇宙のスケールをなんてコンパクトにまとめたシステムなんだ!」としばらく興奮が冷めませんでした。
 
 ワガママを言えば星団などを選択するのではなく、銀河をズームしていくと星団などの階層に自動で移るとか、各惑星に細かく衛星数も設定して欲しいとか、惑星系のマップでは各惑星が固有の設定の公転周期や自転周期でくるくるアニメーションで回っている、などの要素を満たしてくれていたらなお嬉しかったです
 
 『スターオーシャン』や『ゼノサーガ』など、国産のスペースオペラRPGをやっていて物足りなかった恒星間を移動しているという実感や、周りの天体情報を緻密に描くことで今居る場所へ説得力を持たせることをシステムレベルで表現できており「そうだよ、スペースオペラRPGでこれが味わいたかったんだよ!」と膝を打ちました。
 
 加速してワープするムービーを入れたら終わりではなく、しっかりと銀河内のどの惑星系のどの惑星にいるのかというマクロな情報をプレイヤーに認識させようとする本作の姿勢はスペースオペラRPGのアプローチとしては100%正しいと思います。
 
 作品のトーンも、スペースオペラ的なやや堅苦しいかしこまった感じの会話のやり取りなど、そのままバイオウェアのやや堅めな作風と合致するので、実はバイオウェアは世界でも有数のスペースオペラというジャンルと波長が合い親和性の高いメーカーなのではないかと思うほどでした。
 

不満あれこれ

 
 本作最大の問題は終始処理落ちし続け、フレームレートがまったく安定しないことです。
 
 解像度が1080pで重いのか、ありとあらゆる場面で処理落ちし続け、移動中はまだいいにしても、戦闘中だとエイムに支障をきたすので、終始ゲームプレイの足を引っ張り続けます(ただ、その分1080pで高解像度のため画面は非常にくっきり鮮明)。
 
 後は、驚くほどのメインストーリーのボリュームの少なさです。物語がこれから折り返しに入るのかと思ったらあっさり次回に続くに近い形で終わり、拍子抜けさせられました。
 
 それに、セーブデータを持ち越して二周目も可能なものの、ここにも問題が生じます。
 
 本作は最初に6つあるクラスの一つを選んでスタートするという形式なのに、二周目にセーブデータを持ち越す際はこのクラスの変更ができません(『ディアブロ』シリーズで言うとバーバリアンのクラスを選びクリアしてもネクロマンサーなどバーバリアン以外のクラスを選ぶ際はレベル1から再びやり直さないといけないのと同じ)。
 
 できれば2週目はレベルやアイテムを持ち越して違うクラスを選択して新鮮なプレイがしたいのに、クラス固定のため、違うクラスを使いたい場合はまたいちから作り直さなくてはならず、いまいち痒い所に手が届いてくれません。
 
 それと、生身のシューター部分は非常に楽しくて中毒性があるものの、HALOっぽいことがしたいらしい、装甲車両を用いた広大なマップの惑星探索パート(主に移動)は単調でした。
 
 車両での移動や戦闘があまりにも退屈過ぎて睡魔に襲われることがしばしばありました。
 
 未知の惑星を車両でゆったり探索させたいという作り手側の意図は充分理解できるものの、ゲームプレイのテンポを著しく削いでいるので、もう少し単調な車両での移動距離を短めにするか、車両から頻繁に降ろし狭い場所や施設内部でテンポのいい銃撃戦を挟むなどもう少し工夫が欲しかったです。
 
 最後にゲーム内チュートリアルがかなり不親切なこと。
 
 自分はパッケージ版ではなくダウンロード版を購入したので手元に説明書がない状態でプレイしていたため、序盤はほとんど手探りでシステムを覚えるしか手がなく、不明な点だらけでした。
 
 あまりに説明不足過ぎるためXboxLiveから説明書のPDFをダウンロードしてようやく理解できた箇所もありました。
 
 このゲームはダウンロードでプレイすることを前提としたゲーム内チュートリアルがなく、その点は注意しないと高確率でシステム理解に支障がでます。
 

最後に

 
 クリアまで約10時間ほど。
 
 欠点はそこそこ多いものの、そんな微々たるものよりも最終的には好印象が大幅に勝ります。
 
 こんな素晴らしいスペースオペラRPGシューターなら後何十作でもやりたいと思うほど好きになりました。
 

マスエフェクトシリーズ