えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

書評を中心にしたエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

主役は車に譲るマッドマックスらしさ 「Mad Max(マッドマックス) 」 〈レビュー・感想〉

f:id:chitose0723:20191025160722j:plain

プレイ動画

評価:80/100
作品情報
ジャンル オープンワールドアクション
発売日(日本国内)
2015年10月1日
開発(デベロッパー) Avalanche Studios
開発国 スウェーデン
ゲームエンジン Apex Engine

短評

 
 オープンワールドゲームなのに物量に頼らず、車を改造していくことのみに焦点を絞ったシンプルな作品。
 
 ただ、シンプルゆえにゲームとして遊びやすい反面深みがなく、終始単調さが付いて回る。
 
 一級のオープンワールドゲームには今一歩届かないものの、余計な煩わしさを排除しシンプルに徹する潔い態度には原作映画の哲学に通じるような美意識を感じられ好印象。
 
 
f:id:chitose0723:20180408145927j:plain

簡素志向を徹底した結果、映画を目指しているゲームより映画原作ゲームのほうが純粋にゲームしているという逆転現象

f:id:chitose0723:20200925160525j:plain

 
 本作のストーリーは映画の『マッドマックス:怒りのデスロード』の軽い前日譚の様な内容です(直接的な繋がりは一切なく、怒りのデスロードの手前の話であるということをやや匂わす程度)。
 
 ただ、怒りのデスロードと設定だけ共有されており、イモータン・ジョーの息子や私兵であるウォーボーイズが登場したりと、映画を知っている前提で説明が省かれている箇所も多く、先に映画を見ておいたほうが賢明です(ゲームだけだとイモータン・ジョーの詳しい説明すらされない)。
 
 システム周りはオープンワールドゲームにしては驚くほどシンプルで、ベセスダのゲームのような自由度は一切存在せず。
 
 目的は、イモータン・ジョーの息子であるスクロタスに奪われた愛車(インターセプター)を取り返すため、成り行きで出会ったチャムバケットというメカニックと一緒に本作の実質主役であるオンボロ車(マグナムオプス)をひたすら改造していくだけという簡潔さ(マックス自身の強化要素もある)。
 
 

f:id:chitose0723:20191025233709j:plain

 

f:id:chitose0723:20191025233740j:plain

 

 メインストーリーもマグナムオプスの改造度合いと連動して進行し、サブミッションなどのやり込み要素も多くがマグナムオプスの新たな改造項目をオープンしていく条件となっているなど、終始マグナムオプスという車の改造に意識を集中させ、これが何ともゲームの佇まいとして潔く好感が持てました。
 
 この、まるでウェイストランダー精神を反映させたかのような余計な装飾や複雑なルールを排し、車を神のように崇めるチャムバケットの如くマグナムオプスの改造に全要素が奉仕する車信仰の強い作りは独自の美学すら感じさせます。
 
 普通のオープンワールドゲームのような、あれもできるこれもできるといった物量偏重になりがちなものと異なり、これほどシンプルに徹し複雑だったり余計だったりするものを限りなく捨て去った軽やかなゲームプレイは逆に斬新でした。
 

ベースはUBIなので新鮮さは皆無

f:id:chitose0723:20200925160842j:plain

 

f:id:chitose0723:20180408150039j:plain

 
 オープンワールドとしての基本はありがちなUBI型(『アサシンクリード』や『ファークライ』など)に近く、ファストトラベルの中継点となる場所をオープンしながら活動範囲を広げていくタイプで目新しさは特にありません。
 
 マックスが車を降りて生身でする戦闘は、こちらもありがちな『バットマン』シリーズに近いもので、攻撃・パリィ・回避をお手軽操作でこなしていくだけ。マックスお馴染みのショットガンを近接格闘に混ぜながら使えるという以外に目を引く要素も無く。
 
 ただ、メインが車による体当たり・投擲武器などを用いたやや操作に癖のある戦闘なため、生身での戦闘がお手軽という点はうまく差別化に成功しておりマイナスには感じませんでした。
 
 『ライズ/サン・オブ・ローマ』の様に、戦闘が主体のゲームなのにそこがバットマン風だとさすがに単調で物足りなさを覚えるものの、本作の様に乗り物が主体で生身の戦闘はサブだといい感じで殴り合いが息抜きとして機能し好ましく感じます。

 

シンプルさが裏目に出る底の浅いゲーム性

f:id:chitose0723:20200925161144j:plain

 
 本作の不満な点はほとんどが褒め所の裏返しです。
 
 利点でもあるシンプルさは単調さと常に背中合わせで、プレイ中何度も同じことを繰り返しさせられるため終始マンネリ気味。
 
 各エリアにある砦の設備を充実させる軽いやり込み要素も、マグナムオプスやマックスの強化に用いるスクラップを集めるのも、全てがワンパターンで序盤であっさりゲームの底の浅さが暴かれ、作業感が否めません。
 
 シンプルなので取っ付きやすい反面、驚くほどゲームとしての引き出しも少なく、序盤の好印象の貯金が後半に行くにつれ減っていく一方で、残高が増えることはありません。
 
 舞台となるウェイストランドは、『メタルギアソリッドⅤ/ザ・ファントムペイン』のアフガニスタンやアフリカのマップのように敵がうろつくばかりで砦など建物の中以外では一般人がまったく見当たらない作り(たまにイベント的にぽつぽつ擦れ違うだけ)で活気もなく。
 
 景色もしょぼさこそ感じさせないもののどこまで行ってもほとんど荒野か山か砂漠かオーソドックスなポストアポカリプス感を漂わせるだけの廃墟ばかり。ロケーションの作り方や見せ方が垢抜けないため新しいエリアに辿り着いても景色に変化が乏しく、行動範囲が広がっていく過程にさほど感動がありません(ガスタウンだけ遥か遠方で常に炎を噴きあげ存在を誇示できているくらい)。
 
 

f:id:chitose0723:20171027214238j:plain

ガスタウン 無数のガスフレアが特徴
 ウェイストランドという舞台がうまくキャラクター化しておらず、延々とあちこち探索し続けるゲームなのに舞台の印象の弱さが気になります。
 
 ゲームシステムそのものがあまりにもユーザーフレンドリー過ぎるという点も『マッドマックス』のようなただ人間が生きていくだけでも過酷で熾烈な世界という設定の足を引っ張っており、まるで過酷な世界を模したテーマパークの中でのびのびと遊んでいる様な、本来生じてはいけない快適さが生じてしまっており欠点に感じました。
 
 特に、拠点となる砦の設備を充実させてしまうと、序盤からほぼ弾薬などの消費アイテムや回復アイテムである水を無尽蔵に補給できてしまうため、難易度がダダ下がりするだけでなく、物資のありがたみまで損なってしまいます。
 
 これなら中盤くらいまで消費アイテム不足で悩ませ物資のありがたみを実感させてから、ようやくゲームが折り返しに来たくらいで簡単に補給可能になるくらいで十分でした。
 
 全体的にゲームとしてもう少し理不尽さが徹底されていたほうが『マッドマックス』の世界観と合っていたと思います。
 
 メインの回復手段が水筒に入れた水というのがこのウェイストランドでは水は貴重で補給すらままならないという舞台の過酷さの演出にもなっており非常に感心させられたのに、序盤から早々にありがたみが消えてしまうのが残念でした。
 

マグナムオプスを生かし切れなかったメインミッション

f:id:chitose0723:20200925161527j:plain

 
 本作で一番惜しいと思うのがマグナムオプスの改造に戦略性が伴わない点。
 
 例えばトップスピードが必要なミッションがあるからトップスピードを強化しようとか、曲がりくねった道を高速で走り抜けないといけないからハンドリング性能を強化しようとか、プレーヤーがミッション内容から改造項目を逆算で考えて選べる工夫がありません。
 
 危険地帯を装甲を犠牲にしてスピードを重視し一気に走り抜けるか、逆にスピードを犠牲にして装甲を強化して耐え抜くかなど、複数の選択肢から自分なりにミッションに合った戦略を考えたり、もしくは現在の改造度合いに応じたやり方を見繕うといったような面白味が皆無。
 
 ただ均等に改造しただけのマグナムオプスで対処可能なミッションしかなく、改造の成果でミッションをクリア出来たという達成感がまったく生じません。
 
 もし本作がシステムのシンプルさを損なわないまま様々な性能を要求してくる一筋縄ではいかないバラエティに富んだミッションを用意し、自由な改造プランをプレーヤー側に一任していたら『アーマードコア』シリーズのようなミッションに応じたカスタマイズのトライ&エラーの面白さを獲得できたかもしれません。
 
 本作はもっともっと飛躍的に面白くなるポテンシャルを秘めているのに、それを半分も発揮できておらず、せっかく車の改造に要素を絞ったのなら車の改造とゲーム性を完璧に一致させて欲しかったところです。
 

最後に

 
 クリアまで約20時間ほど。
 
 車の改造に焦点を絞りゲームの主軸に据えたのは良かったものの、詰めが甘く傑作までは手が届かなかった惜しい作品。
 
 ただ、マッドマックスという美意識やこだわりの塊のような偉大な原作に一方的に飲まれファンアイテムに没することなく、ゲームはゲームで主張するべきところは主張できており大変好感触の作品でした。