エンタメ不感症の患部に巻く包帯

ゲーム、アニメ、海外ドラマ、映画などの、エンタメ作品総合レビューブログ

[レビュー]龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド) 〈感想・評価〉 神室町ではなくゲームそのものが崩壊気味

トレーラー

 
評価:55/100

 

作品情報
ジャンル
ゾンビ シューティングアドベンチャー
発売日(日本国内)
2011年6月9日
開発(デベロッパー)
セガ(現 セガゲームス)
開発国
日本

短評

 
 龍が如くシリーズとしても、シューティングゲームとしても、ゾンビものとしても、ほぼ褒める部分の無い駄作。
 

ラクーンシティのコスプレをした神室町

 
 ビジュアルからしてバカゲー路線なのは覚悟し、ハードルを下げまくって挑みましたが、実際プレイすると想像を遥かに超えて出来が酷く、プレイ開始数十分で本作をスルーしなかったことを後悔させられました。
 
 内容は、メインストーリーを進めるほかに、神室かむろ町をゾンビが徘徊する隔離エリアと、平穏な通常エリアとに分け、通常エリア内ではミニゲームで遊んだりキャバクラに通ったりとシリーズのお馴染みの行動が取れ、隔離エリア内に侵入するとゾンビを倒して経験値を稼ぎレベル上げをしたり、武器強化用の素材を集めたり、隔離エリア内で発生するサブイベント(取り残された人間を救助する、など)をこなしたりという、隔離エリアがダンジョン風に機能するというもの。
 
 このゲームで唯一褒めるポイントがあるとすれば、この神室かむろ町のそこそこ広いマップを隔離エリアと通常エリアとに分断し、特定のポイントから隔離エリアに侵入し、ゾンビが徘徊する危険エリアを自由探索できるという部分。
 
 もう少し基本のシステムがまともならそこそこ面白いオープンワールド風ダンジョンRPGシューターになったかもしれませんが、いかんせんシューティングゲーム用に操作システム周りを一新するのではなく、元の龍が如くのバトルシステム部分をそのまま流用して適当にシューティングゲーム風に誤魔化しただけなので、銃火器を使った戦闘に一つも魅力がありません。
 
 普通のTPSのような固定ビハインドカメラではないため、カメラが向いている方向と自キャラの向きが異なるという事態が頻発し、その場合は自キャラの向きの方が優先されるためカメラは敵を捉えていても自キャラを一旦そちらに向けなければならず面倒です。このせいで何度も敵のいない明後日の方向に発砲するという状況が多発しイライラさせられます。
 
 バイオハザード4や5のようにその場で立ち止まってエイム(ヘッドショット出来る様に頭部にオートエイムされる)もできますが、通常は武器を構えもせずに敵がいる方向に撃ちさえすればある程度勝手に補正され命中するので、エイム機能すらロクに使いません(ヘッドショットをする場合や敵の弱点などを狙う際は使用)。
 
 龍が如くシリーズがウリにしている戦闘中にゲージを消費して出せるお手軽なのにド派手で爽快感があるヒートアクション(今作ではヒートスナイプ)も、なぜか周囲のオブジェ(ドラム缶などの爆発物、など)に弾を撃ち込み爆発させるとか、ボスの特定動作中にダメージを与えられる程度の使い道に格下げされておりガッカリ。なぜ大量のゾンビをお手軽に繰り出せる広範囲攻撃で排除できる、などの方向性にしなかったのか疑問。
 
 それに、元がシューティングゲームでも何でもない神室かむろ町のマップをそのまま雑に使い回しているため、シューティングゲーム用として使うにはいくら何でも無理矢理なエリアも多く、ひたすら狭くて敵が見え辛い場所でうじゃうじゃ湧くゾンビに四方八方からフルボッコにされたりと、レベルデザイン周りはボロボロで、ストレスしか溜まりません。
 
 総じてシューティングゲームなのに、土台のシューティング部分の完成度が低すぎて、ゾンビとの戦闘はほぼ一貫して苦痛を伴う作業にしか感じませんでした。
 

潔いほど何の工夫もないゾンビ描写

 
 プレイする前は、神室かむろ町(龍が如くと言い換えてもいい)とゾンビというリアリティラインが100%噛み合わないであろうものを一つの作品としてどのように摺り合わせるのか見当も付きませんでしたが、プレイすると仰天もいいところで、なんと無策!? いつもの龍が如くの様に始まり、何の事前描写も積み上げることもせず唐突にゾンビが登場するため目を疑いました。
 
 舞台やシチュエーションに説得力を持たせるためいつもと演出トーンを変え不穏さを煽るとか、ホラー調(もしくは極端にコミカル調)にするとか、神室かむろ町で最近怪しい人影の目撃が相次いでいるとか、謎の奇病の様なものが蔓延している、などというゾンビものとして最低限の説明を挟む様な回りくどいことも一切しません。本当にいつもの龍が如くのまんま始まり突然ゾンビが出現するため作り手の正気を疑ったほど。
 
 もうこの時点で本作に対する興味は失せました。いつもの龍が如くからどのようにゾンビもの仕様へとスムーズに意識を移行させるのかという、最も丁寧に気を配らなければならない箇所をおざなりにしてしまったことが尾を引き、自分が一体何をやっているのか最後まで掴め切れないままでした。
 
 龍が如くという極道たちの世界にゾンビという極端な異物を馴染ませる気がないという姿勢は、プレイヤーを作品にのめり込ませる気がないということとほぼイコールです。
 
 極道の世界というあまりゲームとは馴染みがなく、成立させるのが困難だった対象を丁寧に描写し見事ゲームに仕上げて見せた龍が如くシリーズなのに、こんな初歩中の初歩のくだらないミスをしでかすなんて、作り手の側が極端に龍が如くシリーズの魅力を過信しすぎて丁寧なディテールの積み重ねを怠ったとしか思えません。
 
 一作目の冒頭でもし極道の世界へと瞬時にプレーヤー意識を馴染ませられなかったらそもそもこのシリーズは成立していなかったはずです。丁寧なディテールの積み重ねによって成功を収めたシリーズが、初心を忘れてしまった末路は悲惨極まりないものでした。
 

最後に

 
 クリアまで約10時間ほど。
 
 龍が如くシリーズのブランドに泥を塗っただけの、最低最悪な悪ノリの産物である不愉快な駄作。
 

龍が如くシリーズ

 

 

龍が如く OF THE END (通常パッケージ)

龍が如く OF THE END (通常パッケージ)

 
龍が如く OF THE END PS3 the Best

龍が如く OF THE END PS3 the Best