エンタメ不感症の患部に巻く包帯

ゲーム、アニメ、海外ドラマ、映画などの、エンタメ作品総合レビューブログ

[レビュー]龍が如く2 HDリマスター(PS3版) 〈感想・評価〉

トレーラー

 
評価:80/100

 

作品情報
ジャンル
アクションアドベンチャー
発売日(日本国内)
2006年12月7日(PS2版)
2012年11月1日(PS3 HD版)
開発(デベロッパー)
セガ(現 セガゲームス)
開発国
日本

短評

 
 操作性が向上し、本編・やり込み要素ともにボリュームが増えたりと良くなった点も多いものの、やや守りに入ったようなありきたりな続編の作り方で、前作の気合いが後退。
 
 ゲームとしては確実に前作よりプレイしやすくなったものの、作品としてはさほど挑戦しない無難な続編という印象に落ち着く。
 

眠らない街、再び

 
 前作で不満に感じたシステム部分はどれもテコ入れされており一安心。アクションはまだまだ快適と呼べるほどではないものの、前作の敵への攻撃の追尾性がなく拳も蹴りも空を切るばかりだった酷いアクション部分は改善され、しっかり敵に当たってくれるようになりました。これは前作があまりにも酷すぎたので、良くなったというよりもまともになっただけのこと。
 
 相変わらずヒートアクションという派手な必殺技の爽快感と、煩わしいだけのQTE頼みの底の浅い単調なバトルシステムですが、敵がそれほど固くなく、ヒートアクションや武器攻撃を混ぜるとサクサク倒せるバランスなため、作業感をあまり覚えないのは不幸中の幸い。
 
 これ単体ではとても評価できるような代物ではありませんが、バトル(と言うか喧嘩)を行うシチュエーションの作り方がうまかったり、戦う相手が魅力的な登場人物で、拳を交えることでドラマが深まったりと、バトルシステム以外の部分がうまくバトルの単調さをカバーしてくれているため、前作同様に別段作品そのものの評価に悪い影響を与えないのは作り手のバランス感覚が優れているからだと思います。
 
 作品の魅力を増す手助けはできてはいないものの、プレーヤーにあまりストレスを与えずにボリュームの水増しを行うという目的は達成できているので悪い印象は受けません。
 
 その他、良くなったのは前作の舞台である神室町(かむろちょう)が新要素をプラスして丸々再登場し、さらに大阪の道頓堀をモデルにした蒼天掘(そうてんぼり)や、新世界をモデルにした新星町(しんせいちょう)という二つのエリアも追加されたことでやり込みのボリュームが大幅に増量した点。
 
 特にハマったのは神室かむろ町にあるキャバクラのオーナー代行となり店を経営するという疑似SLG的なオマケ要素です。内容自体はあっさりしたなんちゃってSLGもどきのような雑なシステムですが、神室かむろ町という舞台と雰囲気がバッチリ合い、店が徐々に大きくりっぱになっていくのが嬉しくて、本編そっちのけで店の売り上げアップのため自分の店のキャバ嬢にプレゼントする用のアイテムを買いに街を何度も駆け回りました。
 
 キャバクラ経営の他にも、自分がホストとなって接客するという、キャバクラ通いのミニゲームを引っ繰り返した様なオマケ要素まで追加。ミニゲームややり込み要素が本編と独立しておらず、神室かむろ町という魅力的な舞台やそこに住まう住人たちと密接に関係するものが多いため、やり込み要素をすればするほど神室かむろ町が好きになってしまうというシリーズの利点が功を奏し、より神室かむろ町愛が深まりました。
 
 前作もそうでしたが、この神室かむろ町という舞台をキャラクター化することに成功しているため、作りは相変わらずシームレスではなく細かいエリアのブロックを繋ぎ合わせた様な作りなのに、街を歩いているだけでどこか浮ついた雰囲気に酔え、メジャーなオープンワールドゲームよりも癒されます。
 
 ゲームエンジン臭さが微塵もなく、一つ一つの素材に人の体温めいた手作り感があるため、ぬくもりが段違いです。ただ、神室かむろ町があまりにもよく出来過ぎていることで、そもそもあまり構造として魅力がない蒼天掘や新星町という新しいエリアは影が薄くなりがちなのが残念。どうしても追加された新エリアは神室かむろ町とタメを張れるほどの魅力がありません。
 

続編という概念をただ模倣しただけのような凡庸な続編スタイル

 
 神室かむろ町が魅力的という利点と裏表の関係ですが、前作の魅力を大きく支えていた神室かむろ町をそのまま丸々ほぼ同じ姿で再登場させ、しかも大阪の新エリアの方ではなく、また神室かむろ町が物語のメイン舞台となるため、神室かむろ町頼みが過ぎ、また同じことを繰り返しているという既視感が強いです。
 
 前作ですらやや長いと感じたムービーは今作でさらに量が増え、プレイ中早くゲームをやらせて欲しいとイライラする瞬間が何度かありました。前作はゲームパートの雰囲気を強化するためにムービーを非常に効果的に使っており感心させられましたが、今作はストーリーをただ説明するためだけの描写が多く、うまくムービーパートがゲームパートの雰囲気作りに貢献できておらず、ただ延々と間延び気味の話を見せられるだけでやや退屈でした。
 
 前作のキャラクターは多くが再登場するものの、結局ちょこっと顔見せ程度の役回りが多く、新キャラも一部の濃いキャラ以外は前作の魅力的なヤクザたちに比べると印象が弱め。ストーリーは前作と同じサスペンスミステリー的なストーリーをより拡大しようとし過ぎてとっちらかってしまい、まとまりがありません。
 
 何度も神室かむろ町と大阪を無駄に行ったり来たりする展開も非常にどん臭く、これなら盗まれた100億円の行方の鍵となる少女を元ヤクザの主人公がかつて所属していた古巣の組の襲撃から体を張って守り抜くというシンプルなシナリオ構造だった前作のほうが自分的には好みでした。
 
 どうでもいい記号的な外国組織などに尺を割かず、ヒロインとの関係に焦点を絞り、関東と関西のヤクザ同士の全面戦争の危機をサスペンスの中心として据え、ヒロインの出生の謎にミステリー的な力点をより強く置いていたほうがシンプルで好きです。
 
 ただ、ライバルとなる存在は前作の豪腕さよりも姑息さのほうが印象として勝ってしまっており、風格が足りていなかった錦山よりも遙かに存在感があり良かったです。その人間が背負う業の象徴である背中に彫られた刺青(いれずみ)にまつわるエピソードを掘り下げ、刺青を背負った者同士が差しでどつき合うというラストバトルはやはり痺れるほどカッコ良く、たまらないものがあります。
 

不満あれこれ

 
 厳密に言うと不満ではありませんが、前作もやや感じたストーリーがサスペンスミステリーで、次から次に謎が提示されクリフハンガーでグイグイ引っ張るタイプなのにも関わらず、オーソドックスなオープンワールドのメインクエストを進めてもいいし、サブクエストで寄り道してもいいという作りで、この二つの噛み合わせが悪いのが気になりました。
 
 ストーリーにサスペンス性を持たせるなら、あまり話から興味が逸れてしまう状態は避けるべきなのにあちこち寄り道し放題なのでキャバクラ経営にばかり興味が奪われ、
 
 
 キャバクラの売り上げ > ストーリー
 
 
 という興味や集中力がストーリー展開とやり込み要素に二分されてしまうという状態が何度か発生しました。前作はそれほどやり込み要素に中毒性の様なものはなく、寄り道を適度にしつつも基本はストーリーに集中できサクサクテンポよく進められたのに、今作はオープンワールド志向のゲーム性を拡張しながらリニア型のストーリーテリングに近い手法もそのまま踏襲しているため、乖離がより進行してしまった感があります。
 
 ただ、今作から追加されたミニゲームややり込み要素には魅力的なものも多いため、一概にマイナス要因とは言えず、結局オープンワールドとはそのようなものと言われるとそれまで。
 

最後に

 
 クリアまで(そこそこ寄り道して)約20時間強ほど。
 
 前作で確立したコンセプトをまんま踏襲し、足し算的にボリュームを増やし、システム周りを改良しプレイユーザビリティを向上させるというザ・続編といった感じで、攻めてはいないものの無難な出来栄え。
 
 前作でどえらい斬新なことをやってのけたのに続編は至って無難なアプローチというなんとも評価しづらい内容で、コンセプトの刷新や不易流行こそを何よりも望む自分としては前作で受けた衝撃には及びません。
 
 ただ、桐生一馬という表の主人公と、神室かむろ町という裏の主人公に魅了された者を再び暖かく迎えてくれる優しい続編でもあり、神室かむろ町に魅せられた者としては、街との再会を大変楽しめました。
 

龍が如くシリーズ

 

 

龍が如く 1&2 HD EDITION

龍が如く 1&2 HD EDITION

 
龍が如く 1&2 HD EDITION PlayStation®3 the Best - PS3

龍が如く 1&2 HD EDITION PlayStation®3 the Best - PS3