えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ

(初代)龍が如く HDリマスター(PS3版) 〈レビュー・感想〉 

トレーラー

 
評価:85/100

 

作品情報
ジャンル
アクション
発売日(日本国内)
2005年12月8日(PS2版)
2012年11月1日(PS3 HD版)
開発(デベロッパー)
セガ(現 セガゲームス)
開発国
日本

短評

 
 バトル中対象を見失ってばかりの極悪なカメラの動きに、ストレスしか感じない操作性、ほとんどボタンを連打するだけの単調で戦闘と、アクションゲームとしては欠点が多い。
 
 しかし、そんな全ての欠点を掻き消して余りあるほど、極道者を主人公にした硬派な作品を作りたいという作り手の熱い情熱が勝る、まことの創作魂が籠められた傑作。
 

野暮にはお引き取り願った粋な箱庭空間

 
 本作はシリーズ一作目ということもあり、アクションや操作性周りはありとあらゆる箇所が欠点だらけというか、ほとんど欠点だけで出来ているかの様な酷い出来です。
 
 移動中、カメラ視点が切り替わるだけで進行方向を見失い、戦闘中はもはやまともに敵の姿を画面内に納めていることのほうが少ないのではと思うほど常に敵の姿が見えません。
 
 戦闘は頻繁にやらされる割りに単調でほとんど作業に近く、ヒートアクションという必殺技が派手で爽快感があるのと、最後の敵にトドメを刺す際にフィニッシュムーブ風にスローモーションになる演出は豪華ですが、それ以外は特に見るべきところもないほど凡庸です。
 
 ですがゲームを開始して即、本作に心底魅了されてしまいました。それは、作り手の本気度がゲーム画面からひしひしと心に染み入るように伝わってきたからです。
 
 とんでもないものを作ってプレーヤーを驚かせたいという熱意がゲーム開始早々にプレーヤーに対して激しいメンチを切ってくるため「このゲーム本気だぞ!」と身構えさせられ、マジメに向き合わないと作品に対して失礼にあたると、襟を正しました。
 
 本作は、実際の役者が一癖も二癖もある魅力的な登場人物達に声をあてることで明らかに普通のゲームとは異なる高めのリアリティラインに調整し他作品との明確な差別化に成功しています。
 
 ムービーパートはできるだけゲーム内の雰囲気を決定づけるようなものに絞られ、ムービー部分とゲーム部分がお互い良好な関係を築き相乗効果を発揮しています。それは、極道の世界を地に足付けるための飲食や喫煙などの生活感を表現描写や、キャラクターの掘り下げ描写などです。
 
 本作は、限られたリソースをどの箇所にどれくらい投入するかのバランス感覚が非常に巧みで、前述したアクション部分が酷いという欠点をその他の部分がカバーしているため、部分部分だけ見ると欠点だらけなのに、全体として見ると作品の評価を下げるほどには気にもならないという、欠点の誤魔化し方も板に付いています。
 
 ゲーム全体を満足いくまで作り込めないのであれば、変にアクションを作り込むよりかは他のゲームと決定的に印象を差別化することのほうが最終的な満足度に貢献することをしっかり認識し実践できる作り手のバランス感覚に惚れ惚れします。
 
 バトル部分も、あまり出来が良くないことを自覚しているのか、回復アイテムを大量に持ち込めばごり押しできるように逃げ道を作っているなど、出来が良くないなら良くないなりにユーザーフレンドリーにするという配慮も大人です。
 
 舞台となる歌舞伎町をモデルとした神室町(かむろちょう)も来る者拒まず去る者追わずといった暖かくもない冷たくもない、でもちょっぴり人肌に近い適度な温度でプレーヤーを住人として迎え入れてくれます。
 
 一応オープンワールドのようにメインクエストを進めても良し、サブクエストで道草しても良しという作りですが、街での移動は初期の頃の『バイオハザード』のようにカメラが固定で動かず、エリアが変わるとカメラアングルが切り替わっていく方式です。
 
 戦闘もリアルタイムではなく、街でヤクザや不良のシンボル(NPC)とぶつかるとエンカウントするというシンボルエンカウント式なため、プレイはシームレスではありません。
 
 街の外観や雑踏などの環境音がしっかりしていることはさることながら、NPCのコリジョン判定(衝突判定)にぶつかると相手がよろける様な処理を加えることで、道行く人と肩がぶつかるという極道ものならではの重要性の高い動作を抜かりなくゲームに落とし込んでおり、雰囲気作りは抜かりがありません。
 
 ムービー含め、神室町に生活感を出しながらも粋な街として飾り立て、そこに暮らす極道や住人たちに、ゲームの手垢がついていない役者の演技で命を吹き込み、他のゲームから受ける印象と本作の印象を徹底的に差別化し新鮮さを確保するというコンセプトを貫徹できた時点で、もう勝ちは決まったも同然で、他のゲームとは高級感が段違いです。
 

最後に

 
 クリアまで約10時間強ほど。
 
 アクションに関わるシステム周りは欠点だらけで目もあてられません。
 
 しかし、それを補ってあまりある、作り手の斬新な作品を作って世の中をあっと言わせたいという情熱、そしてそれを実現させてしまうもの作りのビジョンの確かさに感服させられ、すっかりこのシリーズの大ファンになってしまいました。
 
 創作への本気度はこうも作品を輝かせ、魅力を深めるのだというお手本の様な傑作です。
 
 
 セガ凄い!!
 

余談

 
 今作のオリジナル版は2005年発売ですが、プレイしていると、そこそこ広めのマップなため移動に時間が掛かり、目的地に瞬時に辿り着きたいと思うことが多々ありました(一応タクシー乗り場間を一瞬で移動できるものの、基本は徒歩)。
 
 これはそのまま昨今のオープンワールドゲームに当てはまる不満と一致します。
 
 10年以上も前の時代からすでに、作り手側の苦労して作った広いマップを出来る限り何度も歩いて欲しいという願望と、プレーヤー側の面倒だから出来れば一度行った場所まで再び歩きたくないという要望にズレがあり、それが今日に至るまで打開策も特にないまま放置されているというのは健全に思えません。
 
 このマップの拡大傾向に付随する移動の長時間化という問題の深刻さは根深いなと改めて考えさせられました。
 

龍が如くシリーズ

 

龍が如く 1&2 HD EDITION

龍が如く 1&2 HD EDITION

 
龍が如く 1&2 HD EDITION PlayStation®3 the Best - PS3

龍が如く 1&2 HD EDITION PlayStation®3 the Best - PS3