えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

えんみゅ~

ナイトクローラー 〈レビュー・感想〉 監督デビュー作にしてすでにベテランの貫禄を備える傑作スリラー

f:id:chitose0723:20191130124532j:plain

トレーラー

 
評価:90/100
 
作品情報
公開日(日本) 2015年8月22日
上映時間 118分

短評

 
 撮影・演技・脚本・舞台と、映画を構成する全てが高水準の怪物スリラー映画。
 
 カラフルな光によって化粧され、映画的扇情せんじょうを掻き立てるほど魔性の色気を放つロサンゼルスの街並みが圧巻。
 
 スリラーとして完成度が高い上に、刺激的なニュースを求めて暴走するメディアへ警鐘を鳴らすというテーマ性も盛り込まれ、全方位的に隙がない大傑作。
 

もしヤコペッティが現代に蘇りパパラッチという職業に出会ったら

 
 本作は、ロサンゼルスを舞台に倫理観の壊れた男がパパラッチという天職に出会ってしまい、TV局に売り込むための過激な映像を求め、夜な夜な街を彷徨うという内容のスリラー映画です。
 
 映画の冒頭から、ロサンゼルスという元々が映画的プロポーション抜群のモデルをライトアップでより妖しく飾り付けた夜景が映り、その蠱惑こわく的な佇まいに一瞬で虜にさせられました。
 
 この息を呑むほどに美しい街並みは、刺激という悪魔に魅入られ、事件現場を視聴者好みに演出し、飾り立てることに憑りつかれていく主人公に対し、見ているコチラ側に「だってこんなにライトアップされた景観は刺激的だろ? 刺激こそが重要なんだよ」とまるで共犯関係を迫ってくるかのような錯覚すら覚えます。
 
 本作のダン・ギルロイ監督は脚本家上がりなのにも関わらず、セリフにあまり頼らず、映像ベースの非常にテキパキした語り口で演出のセンスを感じさせます。
 
 撮影の隙のなさや編集のテンポの良さも相まって、映画はほぼダレることはないハイテンポなペースを維持し続け、サスペンスとしては超一級の完成度です。
 
 ただ、サスペンスを目指したというよりも、表現したいことを突き詰めていった結果極端にサスペンス的緊張感を作品が持ってしまっただけの様にも見え、あまりサスペンスというジャンルありきで括るのも作品に対して失礼な気もします。
 
 そして、ヘタをしたら本作の完成度にダン・ギルロイ監督以上に貢献しているであろうバケモノ級の撮影監督は誰だろうと調べたら、なんと自分の生涯ベスト級作品である『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の撮影監督でもあったロバート・エルスウィットだと分かり大いに納得しました。
 
 ロサンゼルスという事件の予感をかおらせるサスペンスにはうってつけの舞台に恵まれ、これほど腕の立つ撮影監督に恵まれ、人と怪物の境界に住まう主人公を演じるジェイク・ギレンホールという冷静な狂気を体現する素晴らしい役者に恵まれと、こんなに幸運に恵まれ続けな映画が傑作でないはずもなく、しれっと映画史に残る一作に仕上がっています。
 
 映画はしばしば倫理観が欠如した主人公が天職や僥倖ぎょうこうと出会う瞬間を祝福するので困ります。
 
 『ロード・オブ・ウォー』のニコラス・ケイジが武器商人という職と出会ったように、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のレオナルド・ディカプリオが投資詐欺に出会ったように、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のダニエル・デイ=ルイスが石油を発掘してしまったように、本作のジェイク・ギレンホールは、道端の交通事故現場で、人の不幸を収入と刺激へと換えるパパラッチという天職に出会ってしまいます。
 
 映画の中の不幸が、映画の外の人間にとっての喜びとイコールとなる瞬間、自分がこの怪物の誕生の加担者となったような気分になり罪の意識が芽生えるものの、それすらも甘美で困りものです。
 

最後に

 
 見る映画はほとんど監督かジャンルで選ぶことが多いものの、これからは監督よりも撮影監督で選んだほうが好みの映像美に出会える確率が高いのではないかと考えを改めました。
 
 この映画を見る前と後で映画へのスタンスに影響を受けるほどの超弩級の大傑作!
 

ダン・ギルロイ監督作品

映画タイトル
ローマンという名の男 信念の行方
ベルベット・バズソー 血塗られたギャラリー