えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ ※グローバルメニューは左上です

えんみゅ~

コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 〈レビュー・感想〉 影の薄い天神小学校

f:id:chitose0723:20191214104734j:plain

トレーラー

 
評価:60/100
 
作品情報
ジャンル
ホラーアドベンチャー
発売日(日本国内)
2010年8月12日
開発(デベロッパー)
5pb.Games
開発国
日本

短評

 
 シナリオや演出面はホラーゲームとしてセンスの良さを感じる部分もあるものの、システム面はスーファミレベルで褒める要素が皆無な酷い出来。
 
 決して悪いゲームではないものの、システム面の完成度の低さが足を引っ張りすぎており、一本の作品としてはあまり褒められた内容ではない。
 

あらすじ

 
 凄惨な児童殺害事件の舞台となったため廃校となった天神小学校
 
 その跡地に建てられた如月学園の高等部2年の生徒達は転校するクラスメイトの送別会も兼ね、文化祭終わりの校舎で怪談話に興じていた。
 
 オカルト好きの委員長の提案でバラバラになっても皆また一緒になれるという“幸せのサチコさん”のおまじないを試したその瞬間、辺りは廃校になり取り壊されたはずの天神小学校の教室で……。
 

怪談のような静的なホラーと見せかけ、血みどろスプラッターホラーな意外性

 
 本作は、設定だけ聞くと一見Jホラーのような抑制の効いたホラーものに見えるものの、中身は幽霊が登場する和風ホラーにグロテスクなゴア表現を掛け合わせたもので、第一印象とは大きくかけ離れています。
 
 空間的に歪んだ小学校という舞台設定や、人間が狂気に犯され発狂していくという展開は漫画の『漂流教室』的で、チャプターごとに時系列が微妙に捻れているというのは映画の『呪怨』を連想させます。
 
 全体的に、過去の傑作ホラー作品から影響を受けているであろう部分は概ねうまくエッセンスを取り出せており、センスが良いなと感じさせる部分は非常に多いです。
 
 特に、チャプターごとに時系列を微妙に前後させることで前のチャプターと次のチャプターでプレイヤーの記憶をベースに違和感を発生させる呪怨を彷彿とさせるストーリーテリングは非常に巧みで、本家にも引けを取りません。
 
 この部分が良くできているため、もっと全体的に時系列を前後させ、時間を歪ませるシチュエーションをメインにしてくれたら良かったのにと思うほどです。
 
 それに、一部のセリフがバイノーラル録音であることを始め、腐乱死体に近づくと汚らしいハエの羽音が聞こえたり、グロさを際立たせる良い意味で不快なSEが多かったりと、全体的に音作りのセンスは良く、雰囲気作りに一役買っています(ただ、一部のBGMに怖さを削ぐような変なものも混じっています)。
 
 しかし、どうしてもホラージャンルとして新しい試みがされているのかというと、被害者の子供の幽霊やら、グロテスク押しやらというありきたりさで、過去のホラー作品のいいとこどりが目立ち、本作独自の突き抜けた魅力は弱いです。
 

影が薄すぎる天神小学校・・・・・・

 
 ホラーゲームとして本作で一番問題だと思うのは、天神小学校という舞台がイマイチキャラクターとして浮き上がってこない点です。
 
 世界観のディテールの掘り下げ不足やミステリーとしてのカタルシスの弱さのせいで、最初から最後まであまり学校への印象が変化せず、やや淡白に感じます。
 
 元が同じ同人ゲームということで『ひぐらしのなく頃に』の雛見沢村(ひなみざわむら)などと比べると一目瞭然で、向こうはプレイヤーの雛見沢村認識を二転三転させることで舞台そのものに対する印象を固定化させず常に変化の連続で緊張感が持続しますが、こちらは最初に抱いた呪われた小学校という印象からほとんどブレず、そのまま終わるため、記憶に深く刻まれません。
 
 基本となる設定部分は何の問題もないので、もう少しストーリーに起伏を作り、プレイヤーの印象を二転三転させる工夫を施すか、本作独自の演出スタイルを開発するかしないと、どうしても場所に対して特別な印象が生じません。
 

プレイヤーもスーファミ時代に逆戻り

 
 システム周りは、RPGツクールで作った元の同人版をそのままベースにしてしまっているため、非常に時代錯誤的な古さで、プレイ中一体いつの時代のゲームをやっているのか混乱して、軽く目眩を覚えました。
 
 グラフィックがしょぼいのはまだ味もありますが、会話がダラダラ長くゲームとしてのテンポが最悪で、かつスキップ機能がないためバッドエンドになる度長ったらしい死に様を延々読まなくてはならず辟易させられます。
 
 グラフィックのしょぼさだけでなく、ゲーム性としてもスーファミで出来る程度の範囲のことしか出来ないため、システム的には一つも満足できませんでした。
 
 そもそも、タイトルからもっとキャラクターをスイッチさせながら謎を解いていくという本格的な謎解きアドベンチャーを予想していたものの、中身を開けてみると、先に進むキッカケはほとんどがプレイヤーの推理ではなく、意味がよく分からないご都合主義展開(なぜか先程調べて何もなかったところにアイテムが不自然に落ちている、勝手に扉がイベント的に開く、など)で、ガッカリさせられました。
 
 謎解きをあまりさせて貰えず、ひたすらご都合主義的にイベントが展開するので、あまりゲームをプレイしているという充実感が味わえず、ホラーゲームとしての手応えは希薄です。
 

不満あれこれ


 全編通して気になるのは、キャラクターがプレイヤーを押しのけて勝手にべらべら喋り続けるのが不快なこと。
 
 キャラがプレイヤーの存在をほぼ無視し、勝手に怖がり、勝手に喧嘩し、勝手に話が進むため、プレイヤーがこの世界に入り込む隙間がほぼ皆無です。
 
 その結果、自分が天神小学校を生き延びたというよりも、ただ生き延びた人々を遠目で観察した程度の余韻しか残りませんでした。
 

最後に

 
 ホラーセンスは十分あるものの、システムがそれに追いついておらず、トータルとしてみるとやりたいことがてんでバラバラで、ストーリーとシステムにまとまりを感じません。
 
 そのため、ストーリーは突き抜けず、システム的にも魅力が皆無と、ゲームとしての満足度は非常に低めです。