えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、映画、海外ドラマ、ゲームなどの、エンタメ作品総合レビューブログ

エヴァーグレイス2 〈レビュー・感想〉

OPムービー

 

評価:55/100

 
作品情報
ジャンル
アクション
発売日(日本国内)
2001年6月21日
開発(デベロッパー)
フロム・ソフトウェア
開発国
日本

短評

 
 一作目の前日譚としての魅力は皆無で、ストーリーや設定が退屈この上なくキャラ同士の会話が始まると苦痛。これほどまでにキャラやシナリオを軽視して舐め腐っているゲームは逆に貴重にすら思えるほど。
 
 システム面ではスタミナという概念がなくなったため、凡庸アクションに毛が生えたようなゲームになってしまったものの、前作に比べて装備交換に意味が生まれるなど、改善された点もある。
 

スタミナが……

 
 自分がフロムのアクションゲームで好きなのはスタミナ制を重視している点です(無い作品もある)。
 
 スタミナゲージと睨めっこしながら、敵の動きを観察し、空振りしないように慎重に攻撃を加え、スタミナが切れたら敵と距離を取り、にらみ合いながらスタミナの回復をじっと待つ。この緊張感が魅力なのにも関わらず今作ではスタミナが廃止され、空振りもなんのその、連続攻撃し放題の爽快感寄りにシフトしたためアクションゲームとしての魅力が消滅しました。
 
 しかも前作には無かったガードが追加され、ガードしないとザコ敵の攻撃ですら一撃死が多発します。
 
 そのため、どうしても前作の癖が残り、ガードよりも回避しようとしてしてしまう序盤はゲームオーバー地獄でした(難易度が徐々に上がるため、結局ガードに慣れた中盤も終盤もゲームオーバー地獄が続いた)。
 
 スタミナが無くなった分ガードし放題で、ガードしすぎると崩されるなどの駆け引きもありません(さすがに強力な攻撃によるガードブレイク状態くらいはある)。
 
 さすがにガードに何らかの制約を設けないと回避安、ガード高過ぎるきらいがあります(それでも死にまくるのが本作の怖いところ)。
 

雑になったパルミラアクション

 
 スタミナがなくなった代わりに、前作から引き続き登場する、PA(パルミラアクション)というバトルにおける必殺技と、ダンジョンでの謎解きを兼ねるシステムが拡張され、三人のキャラでパルミラアクションを連携する要素が新たに加わりました。
 
 ただ、作りが非常に雑で、操作キャラ(三人の中から一人を選択)がパルミラアクションを敵にヒットさせないと味方がその敵をロックオンすらしてくれないという残念な仕様です。
 
 ボタンをタイミング良く押して攻撃を連携させるといえば『ヴァルキリープロファイル』が真っ先に思い浮かぶものの、ヴァルキリープロファイルほどの連携の爽快さはありません。
 
 仲間に単独でパルミラアクションを使用させても明後日の方向に攻撃を繰り出したり、射程が足りなくて敵に攻撃が届きすらしなかったりと、ストレスしか溜まりません。
 
 これは緩めのロックオン機能を持たせるか、事前に行動をAIに指示し、ある程度こちらの意に沿った攻撃対象選びをしてもらうなど、工夫が欲しかったです。
 
 PAは攻撃モーションがやたら速いため、自分の反射神経ではもはやデタラメにボタンを押して無理矢理連携っぽく繋いでいる状態がやっとです。そのため「なんかよく分からないけど凄いダメージを与えているっぽい」という漠然とした感覚しか得られませんでした。
 
 ただ、それでもエフェクトが派手だったり、ダメージが強力だったりで一定の爽快感はあります(それはフロムのゲームに求めている要素ではない)。
 
 逆に前作よりも素直に改善されたと思うのは装備交換の重要性です。
 

弱点属性はほぼ一撃死のシビアさ

 
 前作も敵の属性に合わせて装備を交換していく面白味はあったものの、今作はその点がより強化され、前作では何となく程度だった装備交換が大きなウェイトを占めるようになりました。
 
 弱点属性を突けばほぼ敵を楽勝で蹂躙でき、逆に敵の攻撃属性に対して弱点となる属性で固めていようものなら瞬殺されるバランスです。
 
 このおかげで少しでも油断して装備交換を怠るとあっさりゲームオーバーになるため、ザコ敵戦でもスリルがあります(軽く前作の10倍近いゲームオーバー量を経験した)。
 
 ただ、装備交換の重要性が増したのはプラスですが、新たな問題も発生しています。それは装備交換をするのにいちいちメニュー画面を開かなくてはならないことです。
 
 前作ではパルミラアクション変更はボタン一つでメニュー画面をショートカット起動でき、武器だけはR3(右スティック押し込み)でサブ武器に一瞬で交換できるなど、満足とは言い難いものの、それでも装備交換をメインとしたゲームらしく一応のワンタッチ変更機能はありました。
 
 しかし、今作ではそれが全て廃止され、あらゆる装備交換はメニュー画面を開かなくてはならない仕様になりました。
 
 その代わりに三人のキャラをワンタッチで交換出来る機能を入れ、それぞれに違う装備をさせることで擬似的に装備交換を行えるようにしているものの、いかんせんパルミラアクションなどは戦闘やイベントで頻繁に交換するためキャラ交換だけでは追いつかず、どうしてもいちいち何かある度にメニュー画面を開かなくてはならず、これが非常に苦痛でした。
 
 武器・頭・胴体・足・パルミラという5つの部位を頻繁に装備交換させられ、面倒なことこの上ないです。
 

不満あれこれ

 
 前日譚ということもあり、てっきり2の物語のラストが1の冒頭に繋がるのかと思ったら繋がらず、そのまま流れて終わるため、クリア後はぽかんとさせられました。
 
 そもそも、あんな退屈な話の前日譚を一体どこの誰が求めているのか皆目見当もつきません。
 
 フロムはたまにストーリーをいかにつまらなくできるか実験しているのかと勘ぐりたくなるほど退屈なゲームを作るものの、本作はそれの極致に近いです。
 
 まだ1は同じ場所を舞台に二人の主人公の時間軸が微妙にずれており、この後どうこの二人の話がリンクするのか多少の興味を惹かれたものの、2に至っては物語にサスペンス性が皆無で、何一つ話に興味が湧きません。
 
 その癖ムービーがやたら挿入されるので余計ストレスが溜まります。どうせキャラの魅力もドラマの面白さも信じていないならせめてつまらないムービー部分を削って展開をスピーディにして欲しかったです。
 
 それに、一部ボスの難易度が嫌がらせにしか思えず、特にラスボスは腹が立つを通り越して清々しいほどユーザーを苛つかせることにのみ終始したような難易度で苦痛なだけでした。
 
 確かに弱点さえ分かれば簡単に倒せてしまえるバランスではあるものの、自分はあまりにも死にすぎて心が折れ、倒し方を調べてしまいました。
 
 多分なんだかんだでこのゲームは一度クリアするまでに50~60回はコンティニューをしたものの、それほどのゲームオーバー量に見合うほどの面白さも達成感も皆無でした。
 
 難易度を上げるのであればまず操作やカメラの快適性を確保してからにして欲しかったです。操作性が悪いのに難易度だけ上げたら苦痛が倍増するだけだとなぜ分からないのか……。
 

最後に

 
 クリアまで約7時間ほど。
 
 長所もあるはあるものの、結局全てを操作性の悪さが殺しています。
 
 1も2も操作していて楽しくない、これがアクションゲームとしてのこのシリーズの最大の問題点だと思います。
 
 カメラ操作も前作が下の下の酷さだったのに対して今作が下の上くらいになった程度で、やはりストレスフルなことに変わりはありません。
 
 正直パルミラアクションの派手さを売りにする今作よりも、微妙に特性が異なる主人公を切り替えながら進める前作の地味なスタイルのほうが好みでした。
 
 前作のスタイルをブラッシュアップして装備交換の重要性だけをより強化した続編がやりたかったです。
  

エヴァーグレイスシリーズ

 

EVERGRACE2 (エヴァーグレイス2)

EVERGRACE2 (エヴァーグレイス2)