発光本棚

書評ブログ

発光本棚

FIRE

【FIRE・アート】最強のマネー攻略本!! |『改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』| ロバート・キヨサキ | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 ロバート・キヨサキ 出版日 オリジナル版(日本):2001年改訂版:2013年 難易度 普通 オススメ度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 本の概要 キャッシュフローを制する者が全てを制する 最後に 金持ち父さんシリーズ 本の概要 この本は、アメリカ(ハワイ州)の日系4…

【FIRE】金持ち父さんに学ぶ真のお金持ち思考法 |『改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん』| ロバート・キヨサキ | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 ロバート・キヨサキ 出版日 オリジナル版(日本):2000年改訂版:2013年 難易度 普通 オススメ度 ☆☆ 本の概要 お金持ち思考法の古典 正解ではなくヒント、成功の秘訣より持続の大切さを説く 最後に 金持ち父さんシリーズ 本の概要 この本は、ア…

【#23】お金に始まりお金に終わる・・・ | 今月読んだ本紹介 2022年7月号

はじめに 小説 1冊(マンガ 1冊) 書籍 10冊 最後に はじめに 今回は2022年7月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月は投資の勉強に明け暮れながら、投資関連の本やお金を哲学するような本を読み漁りました。 6月から高配…

【FIRE】伝説の本多式4分の1天引き貯金術 |『私の財産告白』| 本多静六 | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 本多静六 出版日 オリジナル版:1950年復刊版2005年7月10日 難易度 普通 オススメ度 ☆☆☆ 本の概要 倹約と幸福との関係 赤裸々な資産家の苦しみ 最後に 本の概要 この本は、幕末生まれの林学者であり投資家の本多(ほんだ) 静六(せいろく)が…

【FIRE】堅実なFIREの教科書 |『普通の会社員でもできる 日本版FIRE超入門』| 山崎俊輔 | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 山崎俊輔 出版日 2021年7月16日 難易度 普通 オススメ度 ☆ 本の概要 地味ながら役立つ人生設計のコツ あくまで一歩引いたFPのアドバイス 最後に 本の概要 この本は、FP(ファイナンシャル・プランナー)がFIRE(経済的自立と早期リタイア)を…

【FIRE】FIRE、それは消費中毒の解毒剤 |『FIRE(ファイア)を目指せ』| スコット・リーケンズ | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 スコット・リーケンズ 出版日 2021年12月16日 難易度 易しい オススメ度 ☆ 本の概要 FIRE自体は未達成 なぜ人は喜んで消費生活を捨て倹約生活を選ぶのか 最後に 本の概要 この本は、アメリカのドキュメンタリー作家がFIRE(ファイア)(Financ…

【ビジネス書】デジタル的とは何かを問う |『DXの思考法 -日本経済復活への最強戦略-』| 西山圭太 | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 西山圭太 出版日 2021年4月13日 難易度 難しい オススメ度 ☆☆☆ 本の概要 日本のデジタル敗戦の原因 最後に 本の概要 この本では、企業のIT化(業務のデジタル化)など様々な意味を持つDX(デジタル・トランスフォーメーション)という概念につ…

【#22】目指せFIRE!! 投資家デビューを果たした6月 | 月刊ミニ・ブックレビュー 2022年6月号

はじめに 小説 1冊 書籍 7冊 最後に 他のミニブックレビュー はじめに 今回のミニ・ブックレビューは2022年6月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月は資産運用の一環として投資を始めようと思い立ち、楽天証券に口座を開…

【FIRE・ビジネス書】リベ大ファンブック |『本当の自由を手に入れる お金の大学』| 両@リベ大学長 | 感想 レビュー 書評

リベ大 動画 本の情報 著者 両@リベ大学長 出版日 2020年6月19日 難易度 易しい オススメ度 ☆ 本の概要 お金の教養、基礎編といった書籍版 最後に 本の概要 この本は、会社経営者でありながらYouTubeチャンネル“リベラルアーツ大学(リベ大)”でYouTuberと…

【サイエンス】ビットコインのカラクリが分かる! |『ブロックチェーン -相互不信が実現する新しいセキュリティ-』| 岡嶋裕史 | ブルーバックス | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 岡嶋裕史 出版日 2019年1月17日 難易度 普通 オススメ度 ☆☆ 本の概要 ブルーバックスなのにつまずかない、徹底した読者目線 ブロックチェーンのメリット・デメリット 最後に 本の概要 この本は、情報セキュリティの専門家が、暗号通貨ビットコ…

【サイエンス】ブラックボックス化する社会への対処法 |『プログラミング教育はいらない -GAFAで求められる力とは?-』| 岡嶋裕史 | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 岡嶋裕史 出版日 2019年2月14日 難易度 普通 オススメ度 ☆ 本の概要 異文化コミュニケーションとしてのプログラミング 目に見えないデジタルの壁が立ちはだかる現代 最後に 本の概要 この本は、情報セキュリティの専門家であり、実際に大学で…

【#21】読書のコツを掴んだ5月 | 月刊ミニ・ブックレビュー 2022年5月号

はじめに 小説 3冊 書籍 10冊 最後に 他のミニブックレビュー はじめに 今回のミニ・ブックレビューは2022年5月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月は体感としては毎日1冊本を読んでいた気がするほど読書に明け暮れた月…

【ビジネス書】高いモチベーションを維持する秘訣!? |『「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!』| 苫米地英人 | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 苫米地英人 出版日 2012年6月22日 難易度 普通 オススメ度 ☆ 本の概要 目先の悩みよりゴール(目的)が大切!! 最後に 本の概要 この本は、認知科学によって日々の生活習慣を改善し、モチベーションやパフォーマンスを向上させるという主旨のビ…

【ビジネス書】1億総戦国大名の時代 |『評価経済社会 電子版プラス』| 岡田斗司夫 | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 岡田斗司夫 出版日 2013年7月11日 難易度 難しい オススメ度 ☆☆ 本の概要 情報化社会=戦国時代 最後に 本の概要 この本は、人々が貨幣の代わりに評価と影響力を奪い合う“評価経済”という概念について解説がされます。 影響力とはツイッターの…

【ビジネス書】未来は予測できる!! |『未来に先回りする思考法』| 佐藤航陽 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 佐藤航陽 出版日 2015年8月27日 難易度 普通 オススメ度 ☆☆☆ 本の概要 テクノロジーとビジネスのパターンを覚える テクノロジーの性格を学ぶことで未来を読む 再編集ではなくただの総集編 最後に 本の概要 この本は、IT企業の創業者として数多…

【ビジネス書】新しいビジネスの常識、プロトタイピング |『プロトタイプシティ -深センと世界的イノベーション-』| 高須正和 高口康太 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 高須正和・高口康太 出版日 2020年7月31日 難易度 普通 オススメ度 ☆☆ 本の概要 連続型のビジネスから非連続型のビジネスへの変化 全てがプロトタイピングで繋がる快感 最後に 本の概要 この本は、プロトタイピングというビジネス手法と中国の…

【アート】アートと会計、プラットフォームを巡る対談 |『教養としてのお金とアート 誰でもわかる「新たな価値のつくり方」』| 田中靖浩 山本豊津 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 田中靖浩 山本豊津 出版日 2020年9月2日 難易度 普通 オススメ度 ☆☆ 本の概要 アートと会計の類似性 文化と文明の違い アーティストが国を解釈する時代 最後に 本の概要 この本は、画商である山本豊津さんと、公認会計士である田中靖浩さんの…

【ビジネス書】デザイン、それは発見力 |『ビジネスの武器としての「デザイン」』| 奥山清行 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 奥山清行 出版日 2019年11月1日 難易度 普通 オススメ度 ☆ 本の概要 デザイン、それは掃除をエンタメ化する発想 フラッグシップ(旗艦)ブランドの重要性 最後に 本の概要 この本は、アメリカのGM(ゼネラルモーターズ)やドイツのポルシェ、…

【アート】コレクションは資本主義を駆動させるエンジン |『コレクションと資本主義 -「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる-』| 水野和夫 山本豊津 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 水野和夫山本豊津 出版日 2017年9月8日 難易度 普通 オススメ度 ☆☆ 本の概要 資本主義という暴れ馬 アートは時代を映す鏡 最後に 本の概要 " data-en-clipboard="true"> この本は、経済学者である水野和夫さんと、画商である山本豊津さんのア…

【アート】外交兵器としてのアート |『アートは資本主義の行方を予言する -画商が語る戦後七十年の美術潮流-』| 山本豊津 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 山本豊津 出版日 2015年9月16日 難易度 普通 オススメ度 ☆☆ 本の概要 アートを制する者が国際競争を制する この仕組みを1995年に完璧に見抜いていたオタキング 最後に 本の概要 この本では、資本主義が持つ本来なら有用性がないものが高値で取…

【ビジネス書】工業デザイナーのものづくり論と日本への警鐘 |『フェラーリと鉄瓶 一本の線から生まれる「価値あるものづくり」』| 奥山清行 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 奥山清行 出版日 2007年3月1日 難易度 易しい オススメ度 ☆ 本の概要 珍トラブルが連続するイタリア滞在記 フェラーリのブランド戦略 壊滅的な日本の美的センス 最後に 本の概要 " data-en-clipboard="true">この本は、工業デザイナーの著者が…

【ビジネス書】ビジネス読書と教養読書の使い分け術 |『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』| 山口周 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 山口周 出版日 2015年10月20日 難易度 普通 オススメ度 ☆ 本の概要 決して目先の金儲けに走らず、知のネットワークを築く 最後に 本の概要 この本は、ビジネスパーソンの読む本には、古典のビジネス書のように即仕事に役立つ本と、直接仕事に…

【アート】均質化という病に抗う人たち |『スローシティ -世界の均質化と闘うイタリアの小さな町-』| 島村菜津 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 島村菜津 発売日 2013年3月15日 難易度 普通 オススメ度 ☆ 本の概要 均質化という静かに忍び寄る病魔を白日の下に晒す イタリア人の田舎復興奮闘記 体に染みつく都会信仰を洗い流す 最後に " id="本の概要">本の概要 この本は、均質化の波と闘…

【ビジネス書】現代を生き抜くためのヒントが詰まった一冊 |『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』| 西野亮廣 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 西野亮廣 発売日 2017年10月4日 難易度 易しい オススメ度 ☆ 本の概要 冴え渡る自己分析芸 デザイナー時代の到来 最後に 本の概要 この本は、お笑い芸人であり絵本作家でもあるキングコングの西野亮廣さんのエッセイ形式で書かれたビジネス書…

【ビジネス書】人の感情を可視化する経済 |『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』| 佐藤航陽 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 佐藤航陽 出版日 2017年11月30日 難易度 普通 オススメ度 ☆ 本の概要 資本主義から価値主義へ 中央集権から分散化へ 最後に 本の概要 この本は、資本主義というお金を基準に物の価値を計る時代はもう過ぎ去り、これからはお金を貯めるよりも自…

【ビジネス書】美意識ルネサンスの時代 |『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? -経営における「アート」と「サイエンス」-』| 山口周 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 山口周 発売日 2017年7月19日 難易度 普通 オススメ度 ☆☆☆ 本の概要 センスの良い人、センスの良い企業が、なぜそう感じさせるのか理由が分かる一冊 安土桃山時代のイノベーター 美意識の危うさ 最後に 本の概要 この本は、論理や理性に走るば…

TOP