発光本棚

書評ブログ

発光本棚

防犯探偵・榎本

【ミステリー小説】密室トリックが複雑化しすぎ |『ミステリークロック 防犯探偵・榎本シリーズ #4』| 貴志祐介 | 書評 レビュー 感想

評価:75/100 作品情報 著者 貴志祐介 発売日 2017年10月20日 小説の概要 もはや難解すぎてなんのこっちゃな密室トリック 気圧差を利用した不可能犯罪という斬新なアイデア 最後に 防犯探偵・榎本シリーズ 貴志祐介作品 小説の概要 " data-en-clipboard="true…

【ミステリー小説】相変わらず密室の中は空っぽな短編集 |『鍵のかかった部屋 防犯探偵・榎本シリーズ #3』| 貴志祐介 | 書評 レビュー 感想

評価:75/100 作品情報 著者 貴志祐介 発売日 2011年7月26日 小説の概要 監視カメラも最新のセキュリティも登場しない、ただドアが開かないというだけの密室 もううんざりな劇団「土性骨」 最後に 防犯探偵・榎本シリーズ 貴志祐介作品 小説の概要 " data-en-…

【短篇ミステリー小説】防犯のプロ設定を活かせない今一つな短編集 |『狐火の家 防犯探偵・榎本シリーズ #2』| 貴志祐介 | 書評 レビュー 感想

評価:75/100 作品情報 著者 貴志祐介 発売日 2008年3月1日 短評 このペラペラのミステリーが『硝子のハンマー』の続編? 貴志祐介作品の中でも最低クラスの笑い 最後に 防犯探偵・榎本シリーズ 貴志祐介作品 短評 " data-en-clipboard="true"> " data-en-cli…

【ミステリー小説】防犯コンサルタントが探偵というアイデアの勝利 |『硝子のハンマー 防犯探偵・榎本シリーズ #1』| 貴志祐介 | 書評 レビュー 感想

評価:85/100 作品情報 著者 貴志祐介 発売日 2004年4月20日 小説の概要 密室の謎と同時にドラマの面白さの謎も判明 防犯のプロが専門知識を駆使し密室に挑む本格ミステリー 金持ちへの怒り、社会への怒りを体現する硝子のハンマー 最後に 防犯探偵・榎本シリ…

TOP