発光本棚

書評ブログ

発光本棚

歴史

紙の大量破壊兵器 『世界を変えた10冊の本』 著者:池上彰 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 池上彰 出版日 2011年8月9日 本の概要 本の凄さ、怖さが同時に分かる一冊 最後に 本の概要 この本は、ジャーナリストであり、無類の読書マニアでもある池上彰さんが、宗教・政治・経済・環境・科学といった多岐に渡るジャンルの中から、世界中…

コレクションは資本主義を駆動させるエンジン 『コレクションと資本主義 -「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる-』 著者:水野和夫 山本豊津 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 水野和夫山本豊津 出版日 2017年9月8日 本の概要 資本主義という暴れ馬 アートは時代を映す鏡 最後に 本の概要 この本は、経済学者である水野和夫さんと、画商である山本豊津さんのアートと資本主義についての対談をまとめた本です。対談の書…

日本史をストーリー化してしまった脅威の歴史教科書 『一度読んだら絶対に忘れない 日本史の教科書』 著者:山崎圭一(ムンディ先生) 〈書評・レビュー・感想〉

プロモーション 本の情報 著者 山崎圭一(ムンディ先生) 出版日 2019年9月17日 短評 日本史を暗記科目ではなく壮大なストーリーとして学習する斬新な歴史教科書 流れで捉えるから明確に見える失敗のメカニズム 人物や用語で索引が出来ない重大な欠陥 最後に…

経済格差・教育格差に殺される人類 『知らないと恥をかく世界の大問題 #11 -グローバリズムのその先-』 著者:池上彰 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 池上彰 発売日 2020年6月10日 短評 混迷する国際情勢を読み解くシリーズ11作目 池上彰の過去から教訓を学ばない現代人への嘆き 最後に 短評 11巻は、これまでのシリーズで語ってきた国際情勢のおさらい色が濃く、新しい情報はやや不足気味です…

海底から覗く世界史 『沈没船が教える世界史』 著者:ランドール・ササキ 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 ランドール・ササキ 発売日 2010年12月21日 沈没船という補助線が浮上させる歴史のドラマ性 沈没船・世界史という、この上なく親和性が高そうな二つの単語が並ぶタイトルだけである程度面白さは予想できるものの、実際読むと想像を超えて知的…

TOP