発光本棚

書評ブログ

発光本棚

三津田信三

【ホラー・ミステリー小説】幽霊が出る家ではなく、家そのものが幽霊 |『そこに無い家に呼ばれる -幽霊屋敷シリーズ#3-』| 三津田信三

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2020年7月20日 評価 75/100 オススメ度 - ページ数 約291ページ 小説の概要 アイデアも怖さも謎解きも何もかもパワー不足のシリーズ3作目 おわりに 幽霊屋敷シリーズ (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a…

【ホラー小説】怪異と同居が確定な物件 |『わざと忌み家を建てて棲む -幽霊屋敷シリーズ#2-』| 三津田信三

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2017年7月19日 評価 75/100 オススメ度 - ページ数 約371ページ 小説の概要 家そのものが人工怪異というぶっ飛んだアイデア アイデア ◎ 怖さ △ 謎解き × おわりに 幽霊屋敷シリーズ (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAff…

【ホラー・ミステリー小説】繋がる、5つの怪異譚 |『どこの家にも怖いものはいる -幽霊屋敷シリーズ#1-』| 三津田信三 | 感想 レビュー 書評

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2014年8月10日 評価 80/100 オススメ度 ☆ ページ数 約349ページ 小説の概要 メタ視点が中途半端 ホラーやミステリーも中途半端 おわりに 幽霊屋敷シリーズ (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]…

【ミステリー小説】六人のはずなのに一人増えている・・・ |『七人の鬼ごっこ』| 三津田信三 | 感想 評価 レビュー 書評

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2011年3月 評価 70/100 オススメ度 - ページ数 約502ページ 小説の概要 最後まで興味が持てない連続殺人事件 ミステリーとして雑 最後に (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arg…

【ホラー・ミステリー小説】あれが覗きにくる・・・ |『のぞきめ』| 三津田信三 | 感想 評価 レビュー 書評

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2012年11月30日 評価 85/100 オススメ度 ☆☆ ページ数 約412ページ 小説の概要 刀城言耶シリーズの姉妹作のようなホラーミステリー 編集者の視点を取り入れる斬新なアイデア ホラー小説としては可もなく不可もない出来 最後…

【ホラー小説】衝撃のトンデモ展開!? |『禍家』| 三津田信三 | 感想 評価 レビュー 書評

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2007年7月 評価 70/100 オススメ度 - ページ数 約271ページ 小説の概要 恐怖が二度襲ってくる幽霊屋敷の怪 逆の意味で衝撃のラスト おわりに (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function()…

【ホラー・ミステリー小説】戦前・戦中・戦後と繰り返される身投げ事件の怪 |『幽女の如き怨むもの』刀城言耶シリーズ #6 | 三津田信三 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2012年4月23日 評価 85/100 オススメ度 ☆ ページ数 約736ページ 小説の概要 刀城言耶は脇役で主役は遊女という、花魁残酷物語 遊女という題材から導き出される答えはミステリーではなくホラー ミステリーはオマケのようなあ…

【ホラー・ミステリー小説】雨乞いの儀式に潜む怪異 |『水魑(みづち)の如き沈むもの』刀城言耶シリーズ #5 | 三津田信三 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2009年12月10日 評価 80/100 オススメ度 ☆ ページ数 約768ページ 小説の概要 神々櫛(かがぐし)村の恐ろしさ再び 雨乞いの儀式に否応なく期待が高まる序盤~中盤 致命的なほど盛り上がらない雨乞いの儀式と怪事件 最後に …

【ホラー・ミステリー小説】恐怖!? 忌み山の密室トリック |『山魔(やまんま)の如き嗤うもの』刀城言耶シリーズ #4 | 三津田信三 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2008年4月28日 評価 80/100 オススメ度 ☆ ページ数 約576ページ 小説の概要 安定性抜群の刀城言耶シリーズ4作目 説得力が乏しい集落と、真新しさのない密室 最後に 刀城言耶シリーズ 三津田信三作品 // リンク 小説の概要 …

【ホラー・ミステリー小説】読者を欺く恍惚の罠 |『首無の如き祟るもの』刀城言耶シリーズ #3 | 三津田信三 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2007年5月7日 評価 85/100 オススメ度 ☆☆ ページ数 約640ページ 小説の概要 前作からガラッとスタイルを変えた、入り組んでいるのに読みやすい語り口 興奮しすぎて読書を中断することすら困難な謎解きパートの快感 最後に …

【ホラー・ミステリー小説】シリーズ慣れすることで真価を発揮する二作目 |『凶鳥(まがとり)の如き忌むもの』 刀城言耶シリーズ #2 | 三津田信三 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2006年9月4日 評価 80/100 オススメ度 ☆ ページ数 約576ページ 小説の概要 前作のホラー5 : ミステリー5の配分から、ホラー 2:ミステリー 8となり密室ミステリーへと変貌を遂げる 豪快な密室トリックに押され、やや控えめと…

【ホラー・ミステリー小説】説明過多の度が過ぎる伝奇ホラーミステリー |『厭魅(まじもの)の如き憑くもの』刀城言耶シリーズ #1 | 三津田信三 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2006年2月28日 評価 75/100 オススメ度 - ページ数 約624ページ 小説の概要 説明で始まり説明で終わる、主役は説明文な小説 説明に埋もれてあやふやなままな事件の全容 最後に 刀城言耶シリーズ 三津田信三作品 // リンク …

TOP