発光本棚

書評ブログ

発光本棚

ブロンズ

【ホラー小説】そのマンションがお買い得なワケ・・・ |『墓地を見おろす家』| 小池真理子 | 感想 評価 レビュー 書評

作品情報 著者 小池真理子 出版日 1988年7月 評価 75/100 オススメ度 - ページ数 約286ページ 小説の概要 呪いのマンションで孤立する恐怖 恐怖を墓地に頼りすぎ問題 最後に (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){a…

【ホラー小説】『山の霊異記 幻惑の尾根』| 安曇潤平 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 安曇潤平 出版日 2013年5月 評価 70/100 オススメ度 ー ページ数 約255ページ 小説の概要 アイデアを未加工で見せてしまう脇が甘い短篇 最後に 山の霊異記シリーズ 安曇潤平作品 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b…

【ホラー小説】作者の露出が増した山岳怪談集 |『山の霊異記 黒い遭難碑』| 安曇潤平 | 書評 レビュー 感想 |

作品情報 著者 安曇潤平 出版日 2010年6月 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約288ページ 小説の概要 誰かの話から自分の話へ 最後に 山の霊異記シリーズ 安曇潤平作品 小説の概要 この小説は、登山にまつわる怪談短篇集『山の霊異記(りょういき)』シリ…

【歴史小説】大河ドラマで大化けした凡作 |『風林火山』| 井上靖 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 井上靖 出版日 1955年 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約352ページ 小説の概要 投げやりな文章 大河ドラマ版との比較 最後に 大河ドラマ版 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.curre…

【伝奇小説】我が子のため鬼となる母、鬼となり我が子を捨てる母 |『陰陽師 鬼一法眼 -鬼女之巻- #5』| 藤木稟 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 藤木稟 出版日 2003年7月25日 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約228ページ 小説の概要 薄い・浅い・軽い政治劇 最後に 陰陽師 鬼一法眼シリーズ 藤木稟作品 // リンク 小説の概要 " data-en-clipboard="true">この小説は、鎌倉時代の初期…

【伝奇小説】頼朝、雑に死す |『陰陽師 鬼一法眼 -切千役之巻- #4』| 藤木稟 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 藤木稟 出版日 2002年3月30日 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約238ページ 小説の概要 相互に関係していないエピソードの羅列 最後に 陰陽師 鬼一法眼シリーズ 藤木稟作品 // リンク 小説の概要 この小説は、鎌倉時代の初期、はぐれ者の…

【伝奇小説】伝奇小説から喜劇への変貌 |『陰陽師 鬼一法眼 -朝幕攻防篇- #2』| 藤木稟 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 藤木稟 出版日 2000年12月1日 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約286ページ 小説の概要 説明、説明、説明……いつまでも終わらない説明 最後に 陰陽師 鬼一法眼シリーズ 藤木稟作品 小説の概要 この作品は鎌倉時代の初期、陰陽師である四代…

【ライトノベル】オブジェクトが登場しない番外編 |『ヘヴィーオブジェクト 死の祭典 #5』| 鎌池和馬 | 電撃文庫 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 鎌池和馬 出版日 2011年11月10日 評価 70/100 オススメ度 ー ページ数 約278ページ 小説の概要 技術や武器の見本市と化したオリンピック 新キャラであるマリーディ=ホワイトウィッチのお披露目会 長編にしてしまったせいで逆に欠陥が露呈する…

【ライトノベル】資源問題の話に焦点を絞り切れなかった惜しい巻 | 『ヘヴィーオブジェクト 電子数学の財宝 #4』| 鎌池和馬 | 電撃文庫 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 鎌池和馬 出版日 2011年9月10日 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約289ページ 小説の概要 オセアニアの埋蔵資源を巡る政治的陰謀の面白さを台無しにするハーレム水着回 存在感のある資本企業の第二世代オブジェクト、ディープオプティカル…

【ライトノベル】またもやアニメ版の凄さを思い知らされるアクション多めの巻 |『ヘヴィーオブジェクト 巨人達の影 #3』| 鎌池和馬 | 電撃文庫 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 鎌池和馬 出版日 2010年11月10日 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約421ページ 小説の概要 またもやアニメ版の完成度を思い知らされる巻 敵勢力がコロコロ変わる慌ただしい巻 最後に ヘヴィーオブジェクトシリーズ アニメ版 // リンク 小…

【ライトノベル】1巻まるごとマスドライバー財閥! |『ヘヴィーオブジェクト 採用戦争 #2』| 鎌池和馬 | 電撃文庫 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 鎌池和馬 出版日 2010年6月10日 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約376ページ 小説の概要 最大射程3000kmの化け物オブジェクトとの死闘 いくらなんでもひねりが足りないアイデア群 最後に ヘヴィーオブジェクトシリーズ アニメ版 // リン…

【ライトノベル】アニメ版が巨大なせいで陰ってしまった原作小説 |『ヘヴィーオブジェクト #1』| 鎌池和馬 | 電撃文庫 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 鎌池和馬 出版日 2009年10月10日 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約372ページ 小説の概要 あまりに原作に忠実すぎなTVアニメ版 アニメ版よりも控え目で好ましいラブコメ描写 最後に ヘヴィーオブジェクトシリーズ アニメ版 // リンク 小…

【ミステリー小説】密室トリックが複雑化しすぎ |『ミステリークロック 防犯探偵・榎本シリーズ #4』| 貴志祐介 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 貴志祐介 出版日 2017年10月20日 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約608ページ 小説の概要 もはや難解すぎてなんのこっちゃな密室トリック 気圧差を利用した不可能犯罪という斬新なアイデア 最後に 防犯探偵・榎本シリーズ 貴志祐介作品 …

【ミステリー小説】相変わらず密室の中は空っぽな短編集 |『鍵のかかった部屋 防犯探偵・榎本シリーズ #3』| 貴志祐介 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 貴志祐介 出版日 2011年7月26日 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約368ページ 小説の概要 監視カメラも最新のセキュリティも登場しない、ただドアが開かないというだけの密室 もううんざりな劇団「土性骨」 最後に 防犯探偵・榎本シリーズ…

【短篇ミステリー小説】防犯のプロ設定を活かせない今一つな短編集 |『狐火の家 防犯探偵・榎本シリーズ #2』| 貴志祐介 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 貴志祐介 出版日 2008年3月1日 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約368ページ 短評 このペラペラのミステリーが『硝子のハンマー』の続編? 貴志祐介作品の中でも最低クラスの笑い 最後に 防犯探偵・榎本シリーズ 貴志祐介作品 短評 " data…

【サスペンス小説】控えな邪教信仰の孤島 |『黒祠(こくし)の島』| 小野不由美 | 書評 レビュー 感想 評価

作品情報 著者 小野不由美 出版日 2001年2月 評価 75/100 オススメ度 ー ページ数 約479ページ 小説の概要 モブキャラがモブキャラの人生を語り続ける地味なミステリー 最後に 小野不由美作品 // リンク 小説の概要 この小説は、作家やライターの調査・取材…

【ホラー・ミステリー小説】説明過多の度が過ぎる伝奇ホラーミステリー |『厭魅(まじもの)の如き憑くもの』刀城言耶シリーズ #1 | 三津田信三 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 三津田信三 出版日 2006年2月28日 評価 75/100 オススメ度 - ページ数 約624ページ 小説の概要 説明で始まり説明で終わる、主役は説明文な小説 説明に埋もれてあやふやなままな事件の全容 最後に 刀城言耶シリーズ 三津田信三作品 // リンク …

【サスペンス小説】珍作パニックホラーコメディ |『雀蜂(スズメバチ)』| 貴志祐介 | 書評 レビュー 感想

作品情報 著者 貴志祐介 出版日 2013年12月 評価 70/100 オススメ度 ー ページ数 約236ページ 小説の概要 短編だったら許されるも中編だと辛いバカバカしいオチ 最後に 貴志祐介作品 小説の概要 " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">こ…

TOP