発光本棚

書評ブログ

えんみゅ~

アート

工業デザイナーのものづくり論と日本への警鐘 『フェラーリと鉄瓶 一本の線から生まれる「価値あるものづくり」』 著者:奥山清行 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 奥山清行 出版日 2007年3月1日 本の概要 珍トラブルが連続するイタリア滞在記 フェラーリのブランド戦略 壊滅的な日本の美的センス 最後に 本の概要 この本は、アメリカのGM(ゼネラルモーターズ)やドイツのポルシェ、イタリアのフェラーリ(…

均質化という病に抗う人たち 『スローシティ -世界の均質化と闘うイタリアの小さな町-』 著者:島村菜津 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 島村菜津 発売日 2013年3月15日 本の概要 均質化という静かに忍び寄る病魔を白日の下に晒す イタリア人の田舎復興奮闘記 体に染みつく都会信仰を洗い流す 最後に " id="本の概要">本の概要 この本は、均質化の波と闘うイタリア人の苦労を知る…

絵画のファッションが教えてくれる常識を疑う姿勢 『名画に見る男のファッション』 著者:中野京子 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 中野京子 発売日 2016年4月27日 ファッションの当たり前をひっくり返される衝撃 この本の内容は、古くはルネサンスから最新だと20世紀初頭頃までの絵画に描かれる男がどのような服装をしているかに注目し、そこからその時代の上流階級の間で流…

美意識の復興 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? -経営における「アート」と「サイエンス」-』 著者:山口周 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 山口周 発売日 2017年7月19日 " data-en-clipboard="true"> 本の概要 センスの良い人、センスの良い企業が、なぜそう感じさせるのか理由が分かる一冊 安土桃山時代のイノベーター 美意識の危うさ 最後に " id="本の概要">本の概要 この本は、…