発光本棚

書評ブログ

発光本棚

その他本

【エッセイ】大河ドラマと似ても似つかない原作 |『義経』| 宮尾登美子 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 宮尾登美子 出版日 2004年11月1日 難易度 普通 オススメ度 ー ページ数 約279ページ 本の概要 なぜこうなるのか? まったく別作品である原作と大河ドラマ版 想像力を働かせ歴史の行間を読む大切さ 最後に 宮尾登美子作品 // リンク { "@contex…

【エッセイ】貴志祐介が凝縮されたエッセイ集 |『極悪鳥になる夢を見る』| 貴志祐介 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 貴志祐介 出版日 2013年9月20日 難易度 普通 オススメ度 ☆ ページ数 約261ページ 本の概要 貴志祐介の作家としての流儀が学べる、楽しい上に読み応えもある傑作エッセイ集 貴志祐介作品の元ネタ大放出 最後に 貴志祐介作品 // リンク 本の概要…

【その他】現実と異界、人と神が隣接する狭間の郷、遠野 |『遠野物語remix(リミックス)』| 京極夏彦×柳田國男 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 京極夏彦 柳田國男 出版日 2013年4月18日 オススメ度 ☆☆☆ ページ数 約263ページ 本の概要 民俗学の原点、妖怪小説家京極夏彦の手により再編集 この世とあの世の狭間の地、遠野の魅力 最後に 京極夏彦作品 // リンク 本の概要 やなぎた くにお…

【アート】均質化という病に抗う人たち |『スローシティ -世界の均質化と闘うイタリアの小さな町-』| 島村菜津 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 島村菜津 出版日 2013年3月15日 難易度 普通 オススメ度 ☆ ページ数 約285ページ 本の概要 均質化という静かに忍び寄る病魔を白日の下に晒す イタリア人の田舎復興奮闘記 体に染みつく都会信仰を洗い流す 最後に // リンク 本の概要 この本は…

【エッセイ】MGSⅤやデス・ストランディングの最良の副読本! |『創作する遺伝子 僕が愛したMEME(ミーム)たち』| 小島秀夫 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 小島秀夫 発売日 2013年2月28日(単行本)2019年10月27日(文庫版) 難易度 易しい オススメ度 ☆☆ 本の概要 『デス・ストランディング』がより豊かに楽しめ、エッセイとしても読み応え抜群の一挙両得な一冊 最後に // リンク 本の概要 " data-…

【ビジネス書】リーダビリティ(読みやすさ)というプロ意識 |『エンタテインメントの作り方 売れる小説はこう書く』| 貴志祐介 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 貴志祐介 発売日 2015年8月26日 難易度 普通 オススメ度 ☆ ページ数 約240ページ 本の概要 貴志祐介作品の面白さの秘密が分かる一冊 最後に 貴志祐介作品 // リンク 本の概要 この本は『黒い家』や『天使の囀り』、『青の炎』や『防犯探偵榎本…

TOP